Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

綾部翔lineキス画像不倫相手女性の顔画像が妻告発の文春から流出!

line週刊文春、週刊誌

女子高生だけでなく、18人もの女性と不倫関係にあったと週刊文春が報じている横浜DeNAベイスターズの綾部翔投手。

 

ふてくされた態度で文春記者の直撃取材に応じる綾部翔の映像が週刊文春デジタルで報じられ、生々しい浮気相手とのキス写真やライン口説き画像も大量に流出。

 

ひどすぎるプロ野球選手のゲス不倫が明るみに出た綾部翔の今後はどうなるのか。

綾部翔の妻が告発!不倫を報じた週刊文春

横浜ベイスターズに投手として所属する綾部翔は茨城県霞ヶ浦高校出身の22歳。

 

190センチ近い恵まれた高身長から投げ下ろすストレートを武器に甲子園に出場。2015年ドラフト5位で横浜DeNA入りした、将来を嘱望されているエース候補でした。

 

結婚は2018年2月。妻のA子さんは2018年7月に長女を産んでいるので、できちゃった婚だったわけですが、盛んな綾部翔はインスタグラムなどSNSで女性を手あたりしだいに物色していました。

 

Twitterでも綾部翔とのline画像を告発する女性が登場

https%3A%2F%2Ftwitter - 綾部翔lineキス画像不倫相手女性の顔画像が妻告発の文春から流出!

 

line

line2

line3

 

 

 

自分だけでなく、妹のインスタにまで連絡してきたと綾部翔への怒りをぶちまけるTwitterアカウント。

 

妻は夫の怪しい言動を見て、証拠を押さえる行動に出たところ、出るわ出るわザクザク状態の不倫三昧生活が発覚。

 

女子高生を含めた総勢18人もの不貞行為の名前が書いてある、綾部翔が書いた「誓約書」は圧巻です。

 

黒ぬりだらけですが、真ん中あたりにある黒塗りが全部で18個あります。この部分がすべて女性の名前だと思われますが、まさにオールスターのメンツでした。

女子高生から40代母親と同年代女性もストライクの綾部翔投手

美人タレントもいるという「綾部翔の不倫女18人衆」

 

あやしいDVDなどにでるような女優さんから、横浜DeNAベイスターズの球団職員、下は10代の未成年女子高生に、上は40代の主婦まで。

 

綾部翔は母子家庭の家庭環境で育ちました。母親にプロ野球初勝利のウィニングボールを手渡した親孝行の息子は表の顔。

 

「お母さんに恩返しをしたい」と野球で身を立てプロ野球選手になった男は、裏ではその母親と同年代の女性とも逢瀬を重ねていたようです。

 

場所も選ばず、妻が不在中に自宅不倫もしていたという綾部翔。

 

相手も場所も選ばずにホームランを打ちまくるそのスタイルは、投手より打者が合っているのかもしれません。

不倫バレした後も続けた綾部翔

妻に不倫がばれてしまった後、「もう1度やりなおしたい」と謝罪するも、不倫相手との関係を続けてしまった綾部翔。

 

3000万円もの契約金があったものの使ってしまったようです。レクチャーされていたはずですが、税金のことも「なんとかなるか」とあまり考えていなかったのかもしれません。

 

離婚を決意するも、慰謝料の支払いの件でモメてしまいます。3月から現在まで離婚協議しています。

 

7月になって報道されたのは、妻が週刊文春にネタを持ち込んだからに他なりませんが、慰謝料の話し合いにおいて誠意ある対応がなかったことが背景にあるのかもしれません。

綾部翔はプロ野球で活躍するより女遊びを選んだ結果

ありえない18股不倫生活を送っていた綾部翔。どうやって、いつ18人もの女性と会っていたんでしょうか。野球どころではなかったであろうことも推測できます。

 

綾部翔はけがもあって成績が残せていないということですが、ケガだけが原因ではなさそうです。プロ野球に入ってからの成績が全くダメなのも納得せざる得ない浮気三昧生活。

 

野球で結果を残すことよりSNSで女性物色とline交換要求を繰り返し、浮気を重ねていたと考えれば、綾部翔は「セックス依存症」だった可能性もあるのではないか。つまり、病気です。

 

茨城霞ヶ浦高校の田舎から出てきた綾部翔投手。プロ野球選手になるという小さい時からの夢をかなえました。その達成感から野球への情熱を失ってしまったといわれても仕方がない有様。

 

野球に燃え尽きた190センチ近い大男は、妊娠させてしまった女性と結婚。女遊びを繰り返している間に、妻に証拠をつかまれます。

 

「週刊文春」という日本最大のスキャンダル週刊誌にネタを売られ、球団からは無期の謹慎処分。

 

直撃取材された文春の記者には動揺を隠せずに子供みたいな言い訳とふてくされた態度で応対。

さらに印象最悪です。

綾部翔は今後どうなるのか。

 

妻と離婚でも妻とは会いたい

妻と離婚することは避けられない状況の綾部翔。自分と別れた後の妻と子供の生活費を稼がなければなりません。そのためには仕事をするしかありませんが、本業のプロ野球選手のピッチャーとしても、所属球団の横浜DeNAベイスターズから無期限謹慎処分を受けてしまいました。

 

今後、プロ野球に復帰することはできるのか。

 

綾部翔が30歳を越えているような年齢なら難しいのかもしれませんが、まだ22歳でこれから伸びるはずの投手です。

 

野球の才能に恵まれ、ちやほやされた中学・高校時代。18歳でプロ野球選手になり、思わぬ契約金を手に入れてしまった若者が未熟であるのは誰にでも容易に想像できます。

 

週刊文春デジタルの動画の中でも、 後悔し反省している様子の手紙もありました。娘には会いたいともつづっています。愛する娘のためにも、もう一度野球選手に戻れるよう、誠意ある態度で奥さんや迷惑をかけた球団にも謝罪してほしいとも思います。

週刊文春、週刊誌
シェアする
パラレルNEWS

コメント