Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

首都高パトカーあおり運転動画!首都高速でバイクに「抜かせねぇかんな!」警視庁警官が暴行罪逮捕か

syutokouaoriuntenツイッターで話題

テレビ朝日「モーニングショー」で警察官の幅寄せ・急ブレーキ動画映像が放送されました。ネットでも物議をかもしている、首都高速でバイクをあおるパトカーの映像。

 

「てめえなめてんじゃねーぞ、コラッ!」「高速おりろ!」「アウトだぞ、それは!」とバイクを首都高速で恫喝する警視庁のパトカー。

 

「警視庁警察官があおり運転で暴行罪逮捕か?」とネットでも話題になっています。

 

パトカーあおり運転動画

首都高速を走るバイクのドライブレコーダーに、パトカーの危険走行動画が映っていました。

 

右車線からパトカーを抜こうとするバイク。突然、幅寄せをはじめるパトカー。バイクの運転手がどれだけ怖かったか。

 

幅寄せだけではありません。

 

まるでヤクザか反社会的勢力のような警察官のどう喝音声がスピーカーにこだまします。

  • 「てめぇ。なめてんじゃねぇぞ!コラッ!!」
  • 「おりろよもう高速!」
  • 「高速降りるまで、抜かせねぇからな!」
  • 「分かったか?分かったら手を挙げろ!!」
  • 「よし」

 

もはや警察官とは思えない口の悪さ。幅寄せしブレーキを小刻みにふんでいるのが動画映像からも確認できます。

 

バイクを高速道路から降ろしたパトカーは、取り調べるわけでもなく、高速を降りることもありませんでした。

 

何のために、バイクを高速道路から降ろしたのか。

 

完全に、ビビらせようとしてやっています。「相手を恐怖で支配し、自分の思うように動かそうとする姿」は、反社会的勢力の人間と変わりません。

 

それを夜の首都高速でスピードを出して走っている最中にパトカーにされたバイクの運転手は、さぞ恐ろしい思いをしたことでしょう。

 

もし、事故でも起きていたらと考えると、本当に恐ろしい警視庁警察官による「パトカーあおり運転」

首都高でパトカーあおり運転にネットも騒然

https%3A%2F%2Ftwitter - 首都高パトカーあおり運転動画!首都高速でバイクに「抜かせねぇかんな!」警視庁警官が暴行罪逮捕か

ネットでも話題になっている、首都高速でのパトカーあおり運転映像。

 

「パトカーの幅よせ運転。最悪。バイクにドライブレコーダーが付いているとはおもわなかったんだろうか。」

「これはアウト。暴行罪で逮捕だな」

「間違いなくあおり運転。しかも夜の首都高速で悪質。暴行罪で逮捕しないわけにはいかないだろう」

「あおり運転もひどいが、口が悪すぎる。恫喝して恐怖におびえることを楽しんでいる警察官。サイコパス警官は処分より逮捕で名前・顔画像を公表しないとな。」

「あおり運転されたと通報したら、この警官がくるわけだ。ヤバいな。」

警察官の危険なあおり運転。暴行罪で逮捕される可能性も指摘され始めている中、警視庁はどう対応するのか。

コメント

  1. やまだ より:

    警察官の態度が悪すぎ。警視庁監察室はこの警察官を
    呼び出して事の真相をはっきりするべき。 幅寄せされたバイクの運転手はこの映像を基に告訴するべき。 また、報道は警視庁からの報告をマスコミに流し、事の真相を明らかにする事。そうでなければ、バカ警官はこれからも権力を傘に好き放題やり続ける事になる。 また、一般市民はこういうことがあれば、警察だからといって泣き寝入りしないように納得がいかなければ法的手段で対抗するような知識が必要。