Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

本郷功太郎母は離婚を繰り返し自己破産 南陵中同級生刺殺事件は家庭環境の悲劇か

hongou衝撃の事件

埼玉県所沢市久米で、南陵中2年の本郷功太郎くんが同級生の少年に殺害された事件。

 

同級生でクラスメイト・卓球部の「親友」が逮捕されましたが、トラブルを学校に相談していたことがわかりました。先生が仲裁に入っていたこともあった少年間のトラブル。

 

本郷功太郎君はどんな少年だったのか。生い立ちや家族について、週刊文春など週刊誌も報じ始めています。

 

親友と思われていた被害者の本郷功太郎くんを刺し殺した加害者少年は、支配的な関係で南陵中近くの自分の家を遊び場に使われてキレた結果だったのか。

本郷功太郎くんも加害少年も自己破産家族だった

週刊文春によると、刺されて亡くなった本郷功太郎くんの家も加害者少年も自己破産している家だったようです。

 

本郷功太郎くんは加害者少年だけでなく、他の生徒ともトラブルを抱えていました。学校の先生もトラブルを把握し、先生の前で生徒同士で話し合いをさせるなどしていたことも報道されています。

 

加害者少年の家は南陵中から歩いて5分と近いため、本郷功太郎くんらの少年グループがたまりやすかったとも考えられます。

 

実際、加害者少年の父親は理容店を池袋で営んでいましたし、母親も仕事で家に日中はおらず、加害者少年は年の離れた末っ子。昼間は祖母しか自宅にいませんでした。

 

本郷功太郎くんの生い立ちと酒好き離婚歴が数回ある母親

本郷功太郎くんの母親は結婚歴・離婚歴が複数回あるようです。

 

自己破産するような母子家庭で育った功太郎くん。どのような14歳、中学2年の少年になっていたのか。

 

 

中学生の男子間で、主従関係・支配関係がいったんついてしまうと、そこから関係をくつがえすのは簡単ではありません。

 

本郷功太郎くんを殺害した加害者少年は、友人関係に悩み、学校の先生にも相談するなどしていました。ただ学校はあくまで学校です。

 

頼ることができないと判断し、支配関係をなんとか自分で変えたいと考えていたのかもしれません。

 

ただ、取った手段が人殺しという最悪の結末。

 

14歳で人の命を奪うという選択で友人関係を清算しようとしてしまいました。逮捕・留置され、世間と隔離された環境に身をおいている今、何を考えているのか。

コメント