Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

与後茂樹(よごしげき)は女児誘拐事件でカーチェイス容疑者だった!

三重県鈴鹿市にある石垣池で見つかった牟田義一(むたよしかず)さんが石垣池に多数の切り傷のある状態で亡くなっていた事件で逮捕され、懲役13年の判決を受けた与後茂樹(よごしげき)容疑者。

 

3人の女児誘拐事件で警察とのカーチェイスを繰り広げていた人物でフジテレビの警察24時で放送されていた人物だったと思われます。

牟田義一さんとは金銭トラブルか!

  • 牟田さんの頭や顔などの傷は、「鈍器で殴られたような痕」だった。
  • 肋骨を骨折しヒビがはいっていた。
  • 全身に数十か所切り傷があった。
  • 肺に水が入っていた。

牟田さんは激しい暴行を受けていたと報道されています。執拗な暴力は、予後容疑者の残虐性を感じますが、相当な恨みがあったというより、残虐な性格だったのではないかという見方も指摘されています。

与後茂樹の残虐性

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”A さん”] 去年の遺体発見の時から、残虐な容疑者による犯行なのではないかと噂されていた。予後容疑者はかなり危ない部類の人間だったようだ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”B さん”] 牟田さんに金を借りていたのではないか。返すつもりもない予後容疑者が牟田さんの取り立てにキレたんだと思う。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”C さん”] 予後容疑者のような犯罪者が前科がないとは思えない。日本の刑罰が軽すぎる結果、起きる悲劇が繰り返されたのではないのか?[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”D さん”]三重県のこの男はかなりやばい奴。目をみるだけでゾッとする。ひどい犯罪者として警察もマークするような男だったのではないのか。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”E さん”]仕事もせずに短絡的な理由で知り合いに手をかけてしまった犯罪が後を絶たない。日本の法律が犯罪者に甘すぎる結果、予後容疑者のような救いようがない犯罪者の被害者になってしまう人がいる。性善説前提で更生の余地があるとする日本の法律はなんとかならないのか。明らかに間違っている。[/speech_bubble]

予後茂樹は女児誘拐で警察とカーチェイスをしていた?

2006年にフジテレビが放送した「逮捕の瞬間!警察24時」スペシャルで女児3人を連れ去った犯人を警察が追いかけるカーチェイス番組が放送されていました。

 

年末の放送で警察と犯罪者のカーチェイスが当時話題にもなりましたが、なんとこの時の女児連れ去り事件の容疑者の名前が予後茂樹。

 

この時の番組では、カーチェイス後に犯人に逃げられてしまう警察でしたが、予後容疑者をその後逮捕していたのではないか。

 

つまり・・「三重県少女誘拐事件」の捜査で逮捕された予後茂樹容疑者が刑務所生活を終えて出所していた。2006年の事件ですので、12年も前。誘拐事件の実刑判決は7年ぐらいまでの懲役になることを考えると十分考えられます。

 

犯罪者を一度逮捕しながら、法律によって釈放され、その後にまたとんでもない事件を犯す。牟田義一さん殺害事件は、。三重県警としても本当に悔しく仕方のない事件なのかもしれません。

コメント