Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

千葉侑ゆう(仙台事件)顔画像!父親と旦那の正体とかわいい顔でミルクよりタバコのシングルマザー

千葉ゆう被告の裁判員裁判が開かれ、被告人質問での「涙の謝罪」が話題になっています。

 

2019年1月、宮城県仙台市青葉区で生後2カ月の乳児楓翔(ふうと)ちゃんにミルクを与えずに死なせた母親である千葉侑(千葉ゆう)被告は、「5千円ありながらもミルクを買いにいけなかった」と泣きながら供述。批判の声が高まっています。

 

ここでは、千葉侑(ちばゆう)被告の写真や同居していた父親と旦那の情報と赤ちゃんのミルクよりタバコや酒を買っていたシングルマザーについて追っていきます。

千葉侑(ちばゆう)被告の経歴・プロフィール

名前:千葉侑(ちばゆう)

年齢:28歳

住所:宮城県仙台市青葉区桜ケ丘1丁目にある県営住宅

職業:無職

同居家族:千葉侑被告の58歳父親、亡くなった楓翔ちゃんの双子の弟の4人

別居家族:千葉侑被告の母親が近所に住み、千葉侑被告の長男と長女は児童相談所に預けられていた

千葉侑被告の顔画像

出典;週刊女性PRIME

かわいい顔の千葉ゆう被告。どういう人物だったのか。

千葉侑被告の旦那と別居していた母親

千葉侑被告は無職。実の父親が働いて家計を支えていました。仙台市の県営住宅に入るには条件があり、「働いている人が1人で月収16万円以下」が入居するための条件ということです。

 

子供が4人もいて、下の2人は双子で生まれたばかり。上の2人は児童相談所で保護されているとはいえ、生まれたばかりの双子の赤ちゃんを育てるシングルマザーの面倒を父親が見ていたというのは理解できます。

 

ただ、千葉侑被告は旦那については、かたくなに話そうとしていないと報道されていました。また、一緒に住まずに近くに住んでいた千葉侑被告の母親が第一発見者ですが、なぜ別居していたのでしょうか。

 

母親も仕事をしていたから別居していたのか。それなら、幼い赤ちゃんがいる家ですし、母親と同居するのが普通です。仮に母親と同居していれば、楓翔(ふうと)ちゃんも命を落とさずに済んだはず。

 

何か家庭の事情があり、父親と同居していたと考えらえますが、その事情とは何だったのか。

 

長男と長女は児童相談所が保護するぐらいですから、相当にひどい家庭環境だったことが推測できます。

 

そんな状態の千葉侑被告が子供を妊娠し、産んだ理由は何だったのか。

 

そして何より、誰の子供だったのか。

 

子供たちの父親について、かたくなに話そうとしない千葉侑被告は何を隠そうとしているのか。

ネットでは「偽装離婚では?」という声もありますが、「偽装離婚ならまだいいのではないか?」という声もあります。

ミルクより酒にたばこのシングルマザー

ツイッターやヤフコメなどのネット掲示板には、千葉侑被告に対して厳しい声が上がっていました。

 

その中で、千葉ゆう被告の地元に住んでいると思われる人物のコメントや千葉ゆう被告に関する他の記事を読んだと思われる人のコメントです。

 

  • 「あの辺(千葉ゆう被告の自宅がある県営住宅)はバス停が近くにある。初乗り運賃でミルクを売ってるスーパーにいける。」
  • 「バスに子供連れで乗るのが大変なら、タクシーでもワンメーターで行ける距離にスーパーがある」
  • 「5000円なら、ミルクを買いにいく交通費とミルク代に十分足りる」
  • 「児童扶養手当でタバコを買っていたというニュースを見た」
  • 「酒とたばこを買いゲーム課金していたのに、ミルクを買う金がないは言い訳」
  • 「ゲーム課金するぐらいだから、アマゾンでも使ってネットでミルクも買えたはず」

 

千葉侑被告は裁判員裁判で泣きながら子供に謝罪し、ミルクを買いに行かなった理由を述べていました。しかし、彼女の供述を信じ支持するようなネットの声は皆無に近いようです。

実父親と旦那の真相は?

一緒に住んでいた実の父親は、「仕事が忙しく夜遅かった」と供述、逮捕を免れています。

 

子供を死なせてしまった責任は千葉侑被告にあることは間違いありませんが、上の2人の子供も児童相談所に保護されるような家庭環境を考えれば、なぜ実の父親は子供を産むことに反対しなかったのか。

 

また、生後2カ月の赤ちゃんの旦那はどこにいるのか。この夫であるはずの男の存在が、裁判の中で明らかになることはあるのでしょうか。

コメント