Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

所沢中2同級生刺殺事件で本郷功太郎君殺害犯人名前が報道されない理由

hongou衝撃の事件

埼玉県所沢市久米で南陵中2年の本郷功太郎くんと少年の間に何があったのか。同級生でクラスメイト・卓球部仲間の友達が逮捕され、日本中に衝撃が広がった所沢の事件。

 

被害者の本郷くんの顔写真が公開されるも、相変わらず報道されない未成年犯人の情報。

 

凶悪犯罪を犯した少年を守る法律が甘すぎるという指摘もある中、代わりに親がその責任をとるべきではないのかという声もあります。

本郷功太郎母は酒を飲み離婚を繰り返していた 自己破産家族同士の南陵中支配関係にキレた加害少年

犯人は誰なのか?報道がないもどかしさ

本郷功太郎くんのお母さんのコメントが公開されていますが、最愛の息子の命を突然奪われた悲しみや怒り。やり場のない・現実だとは信じられない親の気持ちを理解することはできません。

 

ただ湧いてくるのは、犯人の中学生への「なぜ?」

 

「教科書を隠されたと思い腹が立った」と動機を供述する14歳に何があったのか。

 

中2で14歳という理由で名前や顔画像、親の情報も一切報道されません。被害者の本郷くんはすぐに名前や顔写真が報道されています。

 

被害者の情報しか報道されない背景には少年を守る法律の存在があるからですが、凶悪な犯行の少年を許せない気持ちと報道のありかたへの疑問の声が広がっています。

 

本郷功太郎母は酒を飲み離婚を繰り返していた 自己破産家族同士の南陵中支配関係にキレた加害少年

仲がよかったはずの2人

本郷功太郎くんを刺した14歳の同級生犯人は部活が同じ卓球部のクラスメイト。3年前ぐらいの小学校時代から仲が良かった2人に何があったにせよ、最悪の解決法を選んだ少年。

 

少年犯罪を犯した少年を法律で守るならば、その親が責任を取らされるべきではないのかという声もあります。

本郷功太郎母は酒を飲み離婚を繰り返していた 自己破産家族同士の南陵中支配関係にキレた加害少年

コメント

  1. nackle より:

    犯人宅の家のすぐ外で起こっていて,その住所が特定されているのなら,その近所のゼンリン地図を見れば,その犯人宅の少なくとも姓は特定できます。ゼンリン地図はネットで一枚500円で購入できますし,大きな図書館なら,全国のゼンリン地図が置いてあり,閲覧できます。

  2. 佐野 より:

    少年法があってよかった

  3. calmdown より:

    犯人に対して負の感情を抱くのは共感できますが、日本は法治国家です。マスコミが被害者の顔写真を掲載していることに対して批判していらっしゃいますが、歪んだ正義感で同じような類いの蛮行をしていては元も子もありません。