Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

内田慎也母親や大学生い立ちは?群馬新島学園中評判と先生が女子生徒監禁逮捕はわいせつ目的だった

utidasinya先生・教師のNEWS

群馬県高崎市の山林で10代の女子生徒を自分の車で監禁しケガをさせた内田慎也(うちだしんや)容疑者27歳。

 

群馬県安中市の私立新島学園中学校の教員である内田慎也容疑者の経歴や親、人物像と新島学園中の評判について、追っていきます。

内田慎也容疑者のプロフィール

検察に送検される内田慎也容疑者

utidasinya

名前:内田慎也(うちだしんや)

年齢:27歳

住所:群馬県高崎市寺尾町

職業:新島学園(にいじまがくえん)中学校教員

2016年に新島学園中に数学の教師として採用され、昨年から担任を任されています。今年度は2年生の担任で去年の中1担任から連続して同クラスの担任だった

内田慎也容疑者の犯行詳細

日時:6月25日午後

場所:群馬県高崎市の山林

被害者:10代の女子生徒

犯行発覚までの経緯

25日午後1時すぎ:群馬県内に住む10代の女子生徒の母親が、「家で留守番をしているはずの娘がいない。家の中が荒らされ、ものが散乱している」と110番し警察に通報。

 

25日午後4時半ごろ:捜索していた警察官が、高崎市の山林の路上に止まっていた乗用車の後部座席に、内田慎也容疑者と女子生徒を発見。

警察官が車の窓ガラスを割って女子生徒を保護し、内田慎也容疑者をを監禁の疑いで現行犯逮捕。

女子生徒はけがをしていて病院に搬送。命に別状はない。

内田慎也容疑者は、持っていた包丁でみずからの腹を突いたが、警察が取り押さえ軽いケガで済んた。

 

自害しようとしたのかもしれません。

内田慎也容疑者の勤務先新島学園中学校

新島学園中学校は、群馬県安中市にある中高一貫の私立学校です。

明治維新の時代、海外で10年を過ごした新島襄が、故郷の地安中でキリスト教を講義したことに由来する新島学園。

 

大河ドラマ「八重の桜」で主演の八重(綾瀬はるか)の再婚相手である新島襄(オダギリジョー)を思い出します。

 

 

 

ちなみに、新島襄は同志社大学を設立しています。

 

新島学園の口コミサイトを見ると、偏差値は45で難易度は低いものの口コミの評価は4.24とかなり高評価です。

 

スマホの持ち込みもOKで、校則が厳しくなく、自由を重んじる校風が人気の中高一貫の私立学校。高校卒業後は同志社大学への推薦枠が多いというクチコミがありました。

新島学園中の先生のクチコミ

また、先生については、ユニークでおもしろい先生や熱心な先生が多い、成績によって担当する教師が変わるという口コミがありました。

 

授業の説明がわかりやすいという評判もあり、口コミサイトにある生徒の生の声としては、かなりいいイメージを持ちます。

 

ただ、逆にクチコミサイトにしては評判が良すぎる気がします。新島学園中の本当の評判など、追記していきたいと思います。

Googleマイビジネスのクチコミ

新島中のグーグルマイビジネス(グーグル検索のページ)のクチコミです。

 

サッカー部に関する口コミ

「中学のサッカーチームの質が非常に悪い。
相手チームへの侮辱発言、リスペクト精神など微塵もない挑発的な行為多々あり。
プレーしている選手よりも外野でラインズマンをしている子や出ていない子が特に酷い。
そりゃスタメンで出れる訳ないわ。
たった数人の子供が起こす問題行動がこのチームの質を問われる事になる自覚がまるで無い。
サッカーをやる以前の問題。相当酷い。
指導者の質も問われる案件。」

 

生徒の生活指導に関する口コミ

「新島学園周辺にある2つのローソン内で騒ぎすぎ。
特にイートインスペースとかで。さらに背負ってるリュックサックを当てても謝りもしない。
出来損ない生徒が多い学園。」

 

口コミサイトとグーグルマイビジネスのクチコミがかなり違うイメージなのが分かります。

新島学園出身者から内田慎也先生についてコメント

新島学園の卒業生だと言う方から情報をもらいました。

『新島学園卒業のものです。また、内田容疑者とも面識があります。内田容疑者は新島学園に来た当初からなにかと悪い噂ばかりたつ先生でした。

女子テニス部の部室に、部員たちが着替えていても勝手に入っていくなど、来た当初から生徒達からの印象は良くなかったと記憶しております。

この時間に関して、先生はもちろん悪いですが、そのような噂がたつ先生にも関わらず、新島学園側が何も対応していなかったというのも事実だと思います。

また新島を卒業した身から新島についてコメントすると、「新島の常識は世間の非常識」と先生がおっしゃるほど非常識な人が多いです。もちろん常識人の方もたくさんいますが、非常識な方がとても目立つ印象でした。』

 

いただいたコメントによると、内田慎也容疑者はもともと変態教師として生徒に認識されていたようです。

内田慎也先生の女子生徒監禁逮捕の衝撃

[女子生徒を監禁とか、内田慎也ってどんな人間なの?先生になる資格はなかった。今まで学校では何もなかったんだろうか・・?

 

いつまで経ってもペーパーテストだけで先生を選んでいるから、盗撮だとかわいせつだとか監禁だとか、先生としてあり得ない容疑で逮捕されるような男が教師になってしまう。]

 

[自殺しようとしたのか。女子生徒もケガしてるって、ひどすぎるな。]

 

[中毒みたいなもんだろうね。一度覚えたらやめられなくなったんだろう。常識では考えられないし、他の女子生徒や保護者からすれば気持ちわるすぎる犯罪行為だけど、こういう奴が世の中にはけっこういるんだよね、残念ながら・・。]

 

[私立学校だとダメージが心配だな。教育現場で性犯罪を犯す先生のリスクも考えないといけないのか。]

 

[懲戒解雇処分になる案件なのは当然だが、よくあるのが離れた土地で塾講師とか先生を続ける男。この逮捕以降も先生を続けられるようなことがあってはならないよ。]

 

[女子生徒は子供。これは100%先生が悪い。27歳、何やってるんだよ。]

わいせつ目的だった内田慎也容疑者

内田慎也容疑者の顔画像が公開され、報道されています。

 

内田慎也容疑者は、数学担当として2016年から新島学園中学校に勤務。去年から担任を任されるようになっていました。

 

近所の評判はいいようです。「慎ちゃん」の愛称で、「さすが先生」と話す人もいるなど、しっかりした性格で礼儀正しい人物として、近所の高齢者には認識されていたようです。

 

教頭先生は、「誠実でまじめだが、悪く言うと気難しい人物」と内田慎也容疑者について取材に答えていました。

 

また、ネット掲示板で「優しくて人気がある先生だった」という口コミもでてきています。

内田慎也容疑者の動機「わいせつ目的 」とストレートに供述

内田慎也容疑者は動機について、「わいせつ目的だった」とストレートに答えています。

 

女子生徒が期末テストでいつもより早く帰宅し、かつ自宅で1人で留守番をすることを知っていたのでしょう。計画的な犯行だったことが分かります。

 

内田慎也容疑者は犯行前日から2日連続で学校を休み準備。帰宅した女子生徒の家に侵入し拉致し監禁しました。

 

スタンガンも持っていた内田慎也容疑者の襲われた女子生徒は、両目が真っ赤に内出血し、顔に殴られたあとと考えられるあざがあり、首にも傷がありました。首の傷はスタンガンを使用した際の傷だったと考えられます。

 

意識を失わせて、担任する女子生徒を拉致した内田慎也容疑者。

 

鬼畜すぎます。女子生徒の命があったことだけが救いの許せない事件。

内田慎也容疑者の大学や生い立ちと母親の噂も

内田慎也容疑者の母親は昨年逮捕されたというネットの情報もありますが、真偽は分かりません。

内田慎也容疑者の大学が判明しました。群馬大学教育学部を卒業しています。中学時代から学校の先生になるために勉強をがんばっていた内田慎也容疑者。彼を知る人も「誠実でまじめな人間」「こんなことをする男ではない」と、悪い評判はなく、「信じられない」という声が相次いでいます。

 

また、母親もコメントを発表「被害者に申し訳ない。」とショックを抑えながらも女子生徒に謝罪。ただ、「教員生活でストレスがあった」という趣旨のコメントもしていて、信じられない息子の鬼畜行為の理由を探りたい気持ちが伝わってきます。

コメント

  1. のーうぇい より:

    新島学園卒業のものです。また、内田容疑者とも面識があります。内田容疑者は新島学園に来た当初からなにかと悪い噂ばかりたつ先生でした。
    女子テニス部の部室に、部員たちが着替えていても勝手に入っていくなど、来た当初から生徒達からの印象は良くなかったと記憶しております。
    この時間に関して、先生はもちろん悪いですが、そのような噂がたつ先生にも関わらず、新島学園側が何も対応していなかったというのも事実だと思います。
    また新島を卒業した身から新島についてコメントすると、「新島の常識は世間の非常識」と先生がおっしゃるほど非常識な人が多いです。もちろん常識人の方もたくさんいますが、非常識な方がとても目立つ印象でした。