Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

加藤紘貴ひろきにママ活情報!矢口智恵美さん接点の発表がない理由

katoukoki 最新ニュース

山形大学東根市マンションで、医師で眼科医の矢口智恵美(やぐちちえみ)さんを殺害した容疑で逮捕された、山形大学人文社会学部4年の加藤紘貴(かとうひろき)容疑者。

 

23歳の大学生男が50歳の独身女性眼科医を殺害した動機は金銭目的か怨恨か。

 

加藤ひろきと矢口ちえみさんに接点はないと警察が発表する中、「ママ活だったのでは?」という見方もあります。

加藤紘貴容疑者は山形大学人文社会学部4年の眼鏡インテリ学生

名前:加藤紘貴(かとうひろき)

年齢:23歳

住所:山形市東原町1丁目

職業:山形大学人文社会学部4年

顔画像

katoukoki

眼鏡をかけている加藤こうき容疑者の顔写真が公開されていますが、知的な雰囲気の加藤容疑者はまじめで勉強熱心な学生というイメージ。

 

身長180センチ、やせ型の加藤容疑者はシュッとしていて高身長のイケメン。

 

まさか、女性宅に侵入し、ゴルフクラブを手に強い殺意を持って頭を何度もなぐるような男にはみえません。

矢口智恵美さんは評判の眼科医だった

yagutisan

亡くなった矢口智恵美さんの眼科「矢口眼科クリニック」は、地元でも評判の眼科でした。

 

口コミを見ると、矢口先生の人がらや性格が分かります。

  • 「女医の先生でとても親切だった」
  • 「とてもフレンドりーで話しやすく、こんなことになるなんて信じられないし犯人に強い憤りをを感じる」
  • 「人気すぎていつも長時間待たされる。3時間以上待つようなことも日常茶飯事だった」
  • 「待つことを覚悟して行かないといけない人気の眼科」
  • 「女の先生がいいという子供のために通っていた」

 

独身で子供もおらず、1人暮らしをしていた矢口智恵美さん。

 

評判の良さからも、人に恨みを買うような可能性は全くなさそうですし、地元でもショックを受けている人が多いようです。

 

そんな地元で愛される眼科医だった矢口智恵美さんを襲った悲劇。加藤紘貴容疑者はなぜ矢口智恵美さんを襲ったのか。

加藤紘貴の自宅から20キロ離れていた矢口智恵美さんのマンション

被害者の矢口智恵美さんの自宅がある東根市サクランボ駅前3丁目のマンションと加藤容疑者の自宅がある東原町1丁目は20キロ以上の距離があります。

 

矢口智恵美さんが住むマンションは、さくらんぼ東根駅からすぐの場所にある富裕層が住む地域にありました。

 

車でも30分以上40分近くかかる距離です。

電車で移動し、バスも利用していました。

身長180センチ程度で痩せ型、黒っぽい服を着た男の姿が、さくらんぼ東根駅などあちこちの防犯カメラに映っていました。

 

20キロ以上離れた、面識のない眼科医の女性宅を訪れた理由は何だったのか。

 

当初、加藤容疑者には共犯者がいて、矢口智恵美さんの住所など個人情報を聞いたのではないかという見方もありました。

 

山形大学の近くに住んでいた加藤容疑者と自宅から20キロ以上も離れた矢口智恵美さんとの間には接点がなかったという警察の発表。

 

それなら、矢口智恵美さんが独身1人暮らしでなおかつセキュリティーの甘いマンションに住んでいることを教えた人物がいるのではないかと考えるのは当然です。

 

しかし、警察が即座に否定するようなコメントをだし、加藤紘貴容疑者の単独犯行だったとしました。

面識のない矢口智恵美さんの家を探す加藤容疑者が映っていた

眼科医で1人暮らしの女性。

 

矢口智恵美さんのマンション画像が何度も報道されてテレビでも写っていますが、外の道路からも玄関ドアがまる見えで、オートロックはなし。

セキュリティー対策に力を入れている自宅には見えません。

yagutitiemisan

 

というより、セキュリティー対策の必要性もほとんどない地域だったことが伝わってきます。矢口智恵美さんは鍵もかけていませんでした。

 

加藤容疑者は3階まで登ったあと、すべての玄関を確かめています。おそらく表札をみたのでしょう。矢口智恵美さんの名前はそこになかった。

 

その後、2階に降りて部屋をのぞくなどする様子が防犯カメラにありました。

 

普通に考えれば、「矢口智恵美さんとは接点がなかったものの、矢口智恵美さんの家に来た。」

 

加藤容疑者は、「面識がない矢口智恵美さんの部屋」を探していたか「カギをしていない家を探していたか」のどちらかと考えられそうです。

 

矢口智恵美さんがママ活で若い男性を呼んだ可能性は?

ネットでも、加藤容疑者の動機や矢口智恵美さんとの接点なしだった理由や背景が話題になっています。

 

そんな中、「ママ活だったのではないか?」という声も出てきています。

加藤紘貴こわ、、、 山大生とは、よく結構一緒に飲んだりしたけどみんな動揺してたよー。 かわいそうに(´;ω;`) とにかく捕まってよかった! ママ活がらみかなんかね。

ママ活やろうな やってたって聞いた

ママ活とはパパ活と男女が入れ替わり、主に中年女性がお金を払い、若い男性と会うこと。

 

男性と会い何をするかは2人の話しあいしだい。

 

食事だけの関係からデートや男女関係まで、その当事者同士で決めることではありますが、買春などの犯罪につながることが問題になっています。

 

TwitterなどSNSを使いママ活をする若い男性。

 

お金が欲しいのは男女問わず同じなわけですが、犯罪に会ってしまうなどの被害も出ていて、警察がネット上でパトロールしてなりすまして補導された男子高校生もいます。

 

山形県警は加藤容疑者がなぜ矢口智恵美さんのマンションに来ていたかについて、その移動手段も理由も一切明かしていません。

 

「亡くなった矢口智恵美さんの尊厳を守るために、ママ活だったことを隠しているのではないか?」

 

矢口智恵美さんと加藤容疑者の関係や動機について、ネット上で様々な憶測が出てくるのは、警察が詳細を発表するまでは仕方がありません。

最新ニュース
シェアする
パラレルニュース

コメント