Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

橋本貴彦と余根田渉顔画像!生活保護受給者と向日市職員が交際し彼女殺害の悲劇

yoneda 衝撃の事件

京都府向日市で女性の遺体を遺棄した容疑で逮捕された、向日市地域福祉課主査の余根田渉(よねだわたる)容疑者とアパート住民の橋本貴彦(はしもとたかひこ)容疑者。

 

阪急向駅近くの住宅地で起きたケースワーカーと生活保護受給者の父子年齢差の交際愛。ゲイだった2人が彼女を殺害し死体を遺棄した衝撃の事件に、現場の住民や向日市職員の間でもショックが広がっています。

女性の遺体を遺棄した橋本貴彦と余根田渉

事件の要点を確認します。

場所:京都府向日市上植野町にある「寿荘」駐車場

日時:6月11日午前11時ごろ

事件発覚の経緯:アパート2階から異臭がするとアパートの住民が警察に通報し発覚。

 

警察が調べると、駐車場の片隅階段の脇に、全身を白の粘着テープでぐるぐるに巻かれた女性の遺体があった。

 

当初、警察がアパートの2階の部屋の前に集まっている写真から、寿荘2階のアパートの部屋から遺体が発見されたと思われていましたが、遺体の発見は駐車場でした。

itaigenba

橋本貴彦容疑者は1階に住んでいました。警察官が1人玄関ドアに立っているのが見えます。

 

生活保護を受けていた橋本貴彦容疑者の代わりに、余根田渉容疑者の名義で2階の部屋を借り、大きな冷蔵庫を運び込んで入れていました。

 

大きな冷蔵庫の中に遺体を隠していたと考えられますが、なぜ、駐車場の誰でもすぐわかるところに移動したのか等なぞが多い事件です。

余根田渉容疑者の経歴・顔画像Facebook

名前:余根田渉(よねだわたる)

年齢:29歳

職業:京都府向日市地域福祉課の主査、ケースワーカー

※ケースワーカーは自治体に勤務する公務員の仕事

社会生活を送るうえで困っている人たちのところに訪問し、話を聞いたり、援助する仕事で、激務だと言われています。

顔画像

yonedawataru 1 300x189 - 橋本貴彦と余根田渉顔画像!生活保護受給者と向日市職員が交際し彼女殺害の悲劇

Facebook:調査中

橋本貴彦容疑者の経歴・顔画像Facebook

名前:橋本貴彦(はしもとたかひこ)

年齢:55歳

職業:無職、生活保護受給者

住所:京都府向日市上植野町薮ノ下の「寿荘」アパート1階

顔画像:追記

Facebook:調査中

顔画像やFacebook、ツイッターを特定中です。追記します。

京都府向日市上植野町寿荘駐車場の現場画像

京都府向日市上植野町の地図

genbatizu

 

女性の死体が発見された現場駐車場

京都府向日市上植野町薮ノ下は、アパートや一戸建てが立ち並ぶ閑静な住宅街。ストリートビューを見ても、新しめの住宅が並んでいます。

 

最寄の駅は、阪急京都線の阪急向日駅で現場は駅から南に600メートルほどの距離にあります。

 

近くには向陽高校もありますし、交通量もそれなりに多い道路に面したアパート寿荘で起きた、まさかの死体遺棄事件。

 

地元の住民にとっても、多くのパトカーがサイレンをならし集結する異常事態に、「何があったんだ?」と不安が広がっていました。

 

死体発見からすぐの容疑者確保に、とりあえず胸をなでおろしていることと思います。

橋本貴彦と余根田渉はゲイだった

見つかった女性の遺体は腐敗が進んでいる状態で、身元の特定がまだできていません。

 

死後かなりの時間が経過していると思われる死体遺棄事件で逮捕されたのは、同じアパートに住む55歳の生活保護受給者である橋本貴彦容疑者と29歳向日市職員の余根田渉容疑者。

 

ゲイで交際相手だったという噂があります。

 

それにしても誰もが驚いたのは、余根田渉容疑者が向日市職員だったこと。

 

まさかの京都府向日市職員、しかも生活保護受給者担当のケースワーカーの逮捕は、地元の住民はもちろん、彼が働いていた向日市役所の同僚職員にとっても衝撃です。

 

死体を遺棄した疑いで逮捕された2人、殺人の可能性も高そうですが、2人が共謀し殺害したのか。

 

それとも、寿荘の住民だった橋本容疑者が殺害し、ケースワーカーで橋本容疑者の担当だった余根田渉容疑者が死体を遺棄するのを手伝ったのか。

自治体の地方公務員が最も嫌う仕事「ケースワーカー」

ケースワーカーの平均年収は300万円から400万円の間。けっして高収入ではありません。

 

29歳の向日市職員の余根田渉容疑者が余裕のある裕福な暮らしをしていたとは思えませんし、借金などを抱えて苦しんでいた可能性も考えられます。

 

また、自治体で働く地方公務員が嫌う仕事の第1位がケースワーカーだといわれています。

 

公務員試験に合格し、自分がしたい仕事ができるイメージを持って市役所で働き始めたものの、ケースワーカーに配属されて理想と現実のギャップに悩み鬱のような状態になってしまう職員も多いという話も聞きます。

 

向日市のホームページを調べてみたところ、約5年前の平成26年に、個人情報保護に関する会議に、「余根田主査」として出席していました。

 

余根田容疑者が24歳前後の時には違う部署にいたと推測できます。

 

余根田渉容疑者がは地域福祉課に配属され、ケースワーカーの仕事をすることについてどう考えていたのか。モチベーションなども犯行の動機に関係している可能性もあるのか。

橋本貴彦容疑者と遺体女性の関係

橋本貴彦容疑者は寿荘アパートの1階に住み、生活保護を受給する生活をしていました。

 

駐車場で白の粘着テープでぐるぐる巻きにされて見つかった女性は、橋本容疑者と同棲していた大阪出身の40代女性。

 

橋本容疑者と余根田渉容疑者が交際していたという見方も出てきました。

 

いずれにしても、警察が慎重に事件の経緯や動機を解明するはず。事件の経緯については明らかになったことを追記していきます。(続きます・・)

橋本貴彦と余根田渉の逮捕に・・

まさかのケースワーカー逮捕に、ネットでもツイッターや掲示板などで驚きの声が上がっています。

「臭いという噂が広がっていた現場。観念した2人が駐車場に遺体を移したか?」

「なんで向日市職員が生活保護受給者と共謀することになった?」

「ありえない展開。生活保護受給者1人でというなら分かるが・・」

「余根田渉29歳が橋本貴彦に脅されたのか?」

「いや、脅されたとしても、市役所職員がそんなことをするはずがない。なんのメリットもないじゃん」

「動機の解明はまだ?」

「橋本貴彦はなんで55歳で無職生活保護?犯罪歴でもあるのか?」

「2人は付き合っていたんだろう。橋本容疑者が邪魔になった彼女を殺害してしまったか」

橋本貴彦と余根田渉の顔写真Facebook!

2人の容疑者の顔画像を特定中です。

 

「橋本貴彦」名のFacebookアカウントはありますが、全くの別人のようです。

 

また余根田渉名でのFacebookはありません。

 

本名以外でSNSのアカウントを持っていた可能性もあります。また、ツイッターや向日市のホームページなどの情報もふくめて、2人がどんな人物だったのかやその関係について、確認し掲載していきます。

男同士の交際が橋本容疑者の彼女にバレて殺害か

橋本容疑者は乱暴な性格だったことが分かりました。近所でトラブルを繰り返し起こしていたようです。

 

対して、「余根田渉容疑者は親切なケースワーカーだった」と他の生活保護受給者が話していますし、向日市の記者会見でも「まじめで熱心だった」と驚きを隠せない様子でした。

 

1年半前から橋本容疑者の担当になり、親密な関係になっていった余根田渉向日市職員。

 

橋本容疑者が交際し同棲していた大阪の40代彼女の所在が分からなくなっていて、この女性が亡くなった可能性も高いということは、やはり橋本容疑者が邪魔になった彼女を殺害してしまったのか。

 

橋本貴彦容疑者の交際相手だった余根田渉容疑者が死体遺棄に協力し、2階の部屋を借りた上に冷蔵庫を買い、その中に2人で遺体を隠していたとすれば、本当に衝撃の事件です。

 

55歳無職の男と29歳それを支える男。

 

本当に父子ほど離れた歳の差男性カップルだったのか。追記していきます。

橋本貴彦容疑者は以前にも女性を殺害していた!

橋本貴彦容疑者にはやはり前科がありました。

 

2006年、宮崎で38歳の女性を殺害した当時42歳の橋本貴彦は暴力団関係者。しかも、女性の死体遺棄の隠ぺいを手伝わせていました。

 

「殴ったら死んでしまった」

やはり、橋本貴彦は死体遺棄だけではなさそうです。

 

橋本貴彦という男の狂気。この男と交際する女性にも驚きますが、従属関係にあった余根田渉容疑者との関係は、ゲイカップルなのか、それとも支配下に置いて恐怖で支配していたのか。

余根田渉の顔画像!「橋本貴彦に手伝わされた」

余根田渉容疑者が送検される映像。顔画像が確認できます。

yoneda

yonedawataru

橋本貴彦容疑者に死体遺棄を手伝わされたと供述している、余根田渉容疑者。

 

市役所の職員がケースワーカーをしていた男性のために、部屋を借り、冷蔵庫を買って、死体遺棄を手伝わなければならなかった理由や動機について、追記します。

衝撃の事件
シェアする
パラレルニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    どの様な人間関係で在られたとして、向日市役所職員さまが単独で死体遺棄罪行動をされた事実は個人的に赦せません(何でこんなに必死って?)実家の近くで起こりました事件と言うことで案じて病みません。本来、向日市役所さまからの指示を仰いでの行動だと感じられます。然もTOP福祉指導員立ち位置!される行為とは思えません。

  2. 匿名 より:

    どこの福祉課であられたとしてもチームワークとか連係とられての判断と認識しておりますのでケースワーカーさんが孤立していたとするならば?そこは福祉課全体の問題であると個人的には感じられます「普段は真面目で大人しくて職員を信じている」との会見を拝見して感じられるには、容赦無くお一人の方が命を落とされている現実!」謝罪コメントとしては個人的に理解できません。この様な事件が二度と起こりません様に通りいっぺんの謝罪ではなく事件の経過についてもう一度詳しく御説明して頂きたいと願う次第です。