Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

木内真璃奈Facebook顔画像!美人東大生が放火した渋谷笹塚現場を特定

kiutimarina 300x300 1 - 木内真璃奈Facebook顔画像!美人東大生が放火した渋谷笹塚現場を特定 大学生の逮捕・事件・不祥事

現役東大生、20歳の木内真璃奈(きうちまりな)容疑者が渋谷笹塚の交際男性マンションに火をつけ、放火未遂の疑いで逮捕されました。

 

木内真璃奈(きうちまりな)容疑者のFacebookが特定されていますが、放火の動機は別れ話のもつれだったのか。かわいい顔写真からは想像もできない木内まりな容疑者の放火未遂事件の背景には何があるのか。

 

Facebookだけでなく、インスタグラムやツイッターからわかる人物像をお伝えしていきます。

木内真璃奈(きうちまりな)容疑者のプロフィール

名前:木内真璃奈(きうちまりな)

年齢:20歳

大学:東京大学工学部3年

住所:東京都品川区

中学:桜蔭中学校

高校:櫻蔭高校

東京都出身で桜蔭中から桜蔭高校の超エリート。

 

2019年度の桜蔭高校の実績を見ると、東大66名、医学部医学科96名。

 

早稲田や慶應の実績数は優秀な学生が重複して受験しているでしょうから参考にしませんが、東大と医学科だけで162名は凄まじい実績です。

 

「女子校御三家」の桜蔭・女子学院・雙葉の中でも最初に名前が挙がることが多い、東京の中高一貫女子高の名門は、四谷大塚の偏差値基準で72。中学入試都内トップクラスの難関中学受験で、狭き門なはず。

 

木内真璃奈容疑者は、小学校時代から塾に通うなどし、見事に桜蔭中学に合格し入学。

 

その後も大学入試まで勉強一筋だったはずです。

 

遊びたい気持ちを抑えることができる我慢強さを持った、真面目な性格だったのではないでしょうか。

 

ただ、その反動がでたのかも知れません。

木内真璃奈(きうちまりな)容疑者のFacebook

木内真璃奈(きうちまりな)容疑者のFacebook。名前や学歴から本人のものと考えて間違いないでしょう。

kiuchi 1 292x300 - 木内真璃奈Facebook顔画像!美人東大生が放火した渋谷笹塚現場を特定

kiuchimarina

marina

 

kiutimarina 300x300 1 - 木内真璃奈Facebook顔画像!美人東大生が放火した渋谷笹塚現場を特定

高校時代は応援団に所属していて、チアダンス部に入っていたようです。

Facebookの写真は高校時代のものばかり。東大に行くような女の子ですから、陰キャラを想像してしまいそうですが、違いました。

toudai

明るくてかわいい笑顔が並ぶFacebookの画像。友人もたくさんいる普通の高校生のように見えます。

Facebookからわかる木内真璃奈の動機が悲しい・・

桜蔭中から桜蔭高校という超一流の学歴。勉強ばかりの中高時代を乗り越え、東京大学工学部に合格した木内まりな容疑者。

 

「なぜ、放火なんかしたんだ・・」

 

彼女を知る中学高校の同級生や学校の先生たちも、衝撃を受けているに違いありません。

木内容疑者の父親や母親にとっても、東大まで行った自慢の娘。

 

交際相手男のマンションでの放火で逮捕されてしまったことがどれほどショックか。

 

「なぜこんなことを?」

 

一瞬にして、親不孝者として名前が全国報道されるような放火をしてしまった、木内容疑者の動機はなんだったのか。

 

木内容疑者のFacebookに気になる投稿がありました。

 

「好きになった男性にとことん尽くす女性」だったのではないかと思わせる、友人とやり取り。

 

2年前、友人の男性から「なんだかんだ言ってあげちゃう系女子」とコメントされて、木内容疑者が返したコメント。

 

「それな」

 

勉強の偏差値で最上位までのぼりつめた代償、恋愛を我慢し続けてきた結果が、交際相手マンションでの放火だったのでしょうか。

 

この日は東京ディズニーランドに行っていたというツイッターの情報もありますが、誰と行ったのかは分かりません。

 

ディズニーランドデートの終わりに別れ話があったとすれば、恋愛では「天国と地獄」が1日に来たようなもの。

 

他にも、束縛する女だったことを自認するような発言をしていたという木内容疑者。

 

そう考えると本当に悲しく切ない、20歳の女の子の事件です。

 

ただ、恋愛感情のもつれ以外の可能性がないわけでなありません。別れ話のもつれや浮気などの動機以外に、放火をした動機が考えられるのか?

 

報道によると、交際相手の男性が木内真璃奈容疑者が放火する前に警察に駆け込んでいます。よほどのことがあったと推測されます。

 

木内容疑者が交際相手男性が警察を呼びにいっている間に、ガスコンロに火をつけ洋服を燃やしたことを考えると、身を守る行動をとった交際相手の男性は正しかったと言えます。

 

放火は誰もが知る重大犯罪。

 

木内容疑者は、猛省し犯した罪を償わなければなりません。

渋谷区笹塚の放火現場

渋谷区笹塚は、渋谷の中でも西端に位置する場所にあります。

「ガラ・シティー笹塚」は学生用のワンルームマンション。笹塚駅から4分の好立地ですが、築年数が古く20年以上たっているため7万円少しで借りられる家賃はかなりお得なマンションです。

 

渋谷といえば、センター街や原宿などの繫華街・若者の街をイメージしますが、笹塚は住宅街です。

 

駅で言うと、京王線で新宿から4駅離れていて、もう少し行けば明大前駅を通る京王井の頭線があります。

こちらは、笹塚の中心から東大駒場までのルート

2.5キロの距離ですから、自転車で東大まで通うことも可能です。木内まりな容疑者の自宅は品川区ですから少し離れています。

sibuya

時には、彼氏の家から東大に通っていたのかもしれません。

ちなみに、ほとんどの東大生は2年までは駒場キャンパスに通い、3年からは本郷キャンパスに通います。

木内真璃奈容疑者の放火逮捕は、親のせい?ネットの反応

東大工学部現役生の木内真璃奈容疑者の放火未遂逮捕は、多くの人に衝撃を与えました。

ツイッターや掲示板などでも、主に放火するにいたった原因や動機について、多くの声があがっています。

 

「勉強の偏差値を獲得する代わりに、恋愛偏差値を犠牲にした結果か」

「勉強ばかりさせられて、親の期待に応えたまじめな女の子。責めるなら、恋愛も許されない環境を作った親じゃない?」

「想像力というか客観性が低すぎるんだろうね。自分の気持ちだけを相手の男に押し付けた結果、フラれたんだろうね。」

「私はこんなにあなたのために尽くしているのに!キッー!!」

「だから東大の女と付き合ってはいけないよって、あれほど。。」

「確かに東大生と付き合うのは危険だわ。東大の彼女はなんの自慢にもならない。東大卒なら魅力的だけどさ」

 

東大女子への風評被害も心配される、木内真璃奈の逮捕。

バイトの塾講師は鉄緑会?

木内真璃奈容疑者はアルバイトで塾講師をしていたという情報がありました。

 

東大生の塾講師アルバイトといえば、鉄緑会ではないのか?

 

鉄緑会とは、中高一貫の塾で東大生による東大受験のための塾。

 

首都圏の東大を目指す子供たちは、中学入試で難関中に入ったあと、こぞってこの鉄緑会に入ります。

 

例えば、筑駒などは東大進学率の圧倒的な高さが有名ですが、そのほとんどが鉄緑会生だと言われています。

 

中学受験を子供にさせる保護者の中には、鉄緑会に入るために、難関中学に合格しその権利を勝ち取るという考え方もあるほど。

 

木内真璃奈容疑者のアルバイト先の塾講師は特定はできていませんが、彼女自身が東大に合格するために鉄緑会に通い、東大入学後にその鉄緑会で塾講師としてアルバイトをしていたとしても不思議ではありません。

 

アルバイト先の塾がどこだったかについては、確認していきたいと思います。

木内真璃奈の(きうちまりな)容疑者のツイッター・インスタグラム

木内まりな容疑者のツイッター、インスタグラムなどのSNSアカウントを特定中です。また追記します。

コメント

  1. サクラ より:

    男に振り回されて追い詰められてしまったのかもしれません。
    精神疾患の可能性もありますので、これ以上はやめてください。

  2. 結果的には彼氏が悪い より:

    鉄緑会出身は、勉強以外は低レベルが露呈されました。

    彼女曰く、女性を怒らせたらこうなることは、普通の男性なら20前後になる迄に学習しているはず。男性に非がある。

    その為、同じ言動でも、男性が加害者の時と、女性が加害者の時では、全く正反対の判決が下されて当然です。男なら男らしく言動に注意して生きろ。

  3. 令和人 より:

    幼い頃よりエリートコースを歩むことだけを目標にされ、遊ぶこととか、人生で思い通りにならなかったときの対処法とか、勉強以外のことを学ぶ・・というか感じとることを犠牲にさせられてきた人生なのかなぁ。テストの点数は素晴らしいんだろうけど、収まりがつかなくなった感情を先のことを考えて制御することは0点だった。・・恐らく真璃菜さんがこういう状況に置かれるのは人生初だったのかもな?
    でも、痴話喧嘩の結果なら男が悪い。なぜここまで女を怒らす前に自分が頭を下げなかった!そういう点では男も勉強と自己主張ばかりで女の操り方をわかってないんだなぁ。
    男は女の尻に敷かれてナンボの商売よ。
    今は気持ちの制御がつかないでしょうけど、真璃菜さんが冷静になって、自分の人生を取り戻して、歩み直してくれること、切に願います。
    まだ若いんだから。