Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小島吉正(よしまさ)福岡事故の高齢者は運転中くも膜下出血で急死か

kojimayosimasa 交通事故・ひき逃げ

6月4日に起きた、福岡市早良区の高齢者交通事故。

 

亡くなった運転者の小島よしまさ(こじまよしまさ)さん81歳は、700メートルにわたって100キロ近いスピードでタクシーなどに衝突しながら交差点に突っ込みました。

 

トヨタのエスティマのドラレコ動画映像は本当に衝撃です。

 

「事故前にすでに意識はない」という見方がネットでも多いですが、くも膜下出血などで急死していたのではないのか。

「動画」ドラレコ・防犯カメラの福岡事故映像

小島吉正さん家族「免許返納を」と証言

小島よしまささんをよく知る、家族や近所の人たちの証言です。

「危ない運転をするような人ではない」

「どちらかというと人よりもゆっくり運転する人」

「免許返納か車を手放すかという話をしていた」

「先週末に家族で免許返納について話していた」

「考えられない。そんな人ではない。」

「何かあったら、免許を返納するように自分に言ってくれと」

「意識を失っていたのではないか」

 

時速100キロ前後のスピードで700メートル以上に渡り逆走し、次々に車に衝突しながら交差点までブレーキなし。アクセルしか踏んでいない事故。

 

高齢者の事故なのは間違いないですが、運転操作を誤った事故ではないのは明らかです。アクセルとブレーキを踏み間違えたとかそんな次元ではありません。

 

足をアクセルに置いたまま意識を失い、体重をかけてしまったのではないのか?

 

妻の節子さんもどうしていいか分からず、悲鳴をあげながらエスティマは突っ込んでいったではないでしょうか。

早良区の事故現場

福岡市早良区百道2丁目8番の交差点で起きた事故。

福岡市の中でも、福岡ドームや海の道公園、福岡タワーなどがある地区で、閑静な住宅街としても知られるベッドタウンに近い街。

 

藤崎駅近くで室見川からほどちかい交差点です。

ストリートビュー画像手前の道路から家庭教師のトライの方向に向かって、時速100キロ近い速度で突っ込んだ福岡事故。

 

私も何度もこの交差点を車で運転して通ったことがありますが、交通量がとても多く、車が絶えることなく走るような、街中の交差点です。

 

運転していた小島さんと奥さんの節子さんは亡くなりましたが、それ以外の被害者7名全員が命に別条がないケガということが奇跡的といえる多重事故現場。

 

車が宙を飛んだ、現実とはおもえなかった・・事故現場を目撃した人たちの衝撃が伝わってくるコメントは、いかに小島吉正が起こした事故が非日常的だったかがわかります。

くも膜下出血で突然死か

事故原因について、警察も、「運転中に意識を失っていたのではないか」と、最初から疑っているような信じられないアクセル踏み込み事故。

 

池袋事故の飯塚幸三も、事故を何度も起こしながらスピードを緩めずにアクセルを踏み込み、多くの人をはねた信じられない事故を起こしていますが、福岡事故も飯塚幸三のようにアクセルを踏み込んだ可能性があるのか。

 

ちなみに、飯塚幸三は「アクセルが戻らなかった」といまだに供述していて、事故原因を認めようとしていないと言われています。

 

小島吉正さんも、飯塚幸三のようにアクセルを踏み続けた可能性もなくはありませんが、小島さんのことをよく知る人の証言からは、その可能性は考えにくい。

 

事故を起こす前に、700メートルにわたり逆走していた小島吉正さん。

 

すでに、意識を失っていたのではないでしょうか。

 

持病があった可能性もありますが、脳に重大な事故が起きたのではないか。例えば、く

も膜下出血などで突然死していた可能性が高いのではないか。

小島吉正と妻節子の顔画像

小島吉正さんと妻の小島節子さんの顔画像も報道されています。

kojimayosimasa

81歳と76歳の高齢者夫妻が、福岡早良区の人通りの多い交差点で多くの人を巻き込んで拡大自殺をしようとした・・この可能性はないのではないか。ちょっと考えられません。

 

小島吉正さんについて、地域の自治会長をするなど、仕事を辞めたあとも福岡早良区の地域に貢献するいいおじいさんだったという証言もあります。

 

ただ、惜しまれるのは、本人も周りの人も、運転に不安を抱え、免許返納を検討していたという事実。

 

なぜ、さっさと返納しなかったのか。なぜ、家族は車を運転することを辞めさせなかったのか。

交差点の600メートル前で最初の事故

朝日新聞の記事によると、交差点の約600メートル手前で最初の事故を起こしていたようです。

 

つまり、逆走を初めてすぐに事故を起こし、その後ブレーキを踏むことなく、交差点まで突っ込んでいたということになります。

 

事故動画から、「ハンドル操作をしたのではないか?」という見方もあるようですが、仮にハンドル操作をしていたとすれば、全くブレーキもふまずに交差点まで突っ込んだ運転は恐怖すぎます。

コメント

  1. 抽斗 天功 より:

    動画を見ると、多少なりともハンドル操作をしたと思える部分がある。