Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高岡由佳容疑者(新宿ホスト殺人事件)のかわい顔画像と動機か

衝撃の事件

5月23日、東京新宿6丁目の自宅マンション(プレール・ドゥーク東新宿Ⅲ)で、ホストとみられる男を刺して逮捕された高岡ゆか容疑者(たかおかゆか)

 

大きなメガネをかけた21歳の高岡由佳容疑者が交際相手に裏切られて逆上した可能性が指摘される中、笑顔で連行される顔が「こわい」や「かわいい」と話題になっています。

高岡由佳容疑者のプロフィール

名前:高岡由佳(たかおかゆか)

年齢:21歳

職業:追記します

住所:東京都新宿区新宿6丁目20-7 プレール・ドゥーク東新宿Ⅲ5階

出身地はどこだったのでしょうか。

 

高岡容疑者の出身地や生い立ちなど、追記します。

高岡由佳容疑者の供述が切ない

犯行日時:5月23日午後4時前

場所:高岡容疑者の住む自宅マンション5階

被害者:20代から30代くらいの男性

犯行:殺意を持って、男性の腹部を数回刺した。男は集中治療室に入る重体。

 

高岡容疑者は自宅マンション内で男性の腹部を数回刺しました。刺された男性は不意をつかれる形で刺されたのかもしれません。

 

高岡容疑者の部屋はマンションの5階。男性はそこから自力でエレベーターを降り、エントランスまで逃げたところで力尽きて倒れこみました。

 

高岡容疑者は自ら通報し警察を呼び、倒れている男のそばに座って待っていたようです。

「好きで好きで仕方なかった」

「相手を刺して自分も死のうと思った」

切なくなるような供述をしている高岡容疑者。

 

抵抗することもなく、警察車両に乗せられ連行されました。

笑みを浮かべる高岡由佳容疑者

高岡由佳容疑者は、警察がかけつけた時に犯行現場に座っていて、顔を隠すことなく談笑しながら警察に連行される様子をマスコミが撮影していました。

 

東京新宿で起きた事件だったため、報道機関もすぐにかけつけることができたことが大きい。

 

殺人未遂事件にしてはめずらしく、犯行現場から連行される容疑者の顔画像が、犯行当日から公開されています。

 

この動画を見ると、笑って車内の警察官と話をしているようです。

 

高岡由佳容疑者の容姿については、さっそく掲示板などで意見が交わされていました。

  • 「メガネ美人だ」
  • 「普通にかわいい」
  • 「笑ってるのが怖い」
  • 「人を刺して笑えるんだからサイコパスとしか・・」

地方から出てきてホストにだまされたか?

 

現場のマンション「プレール・ドゥーク」は1LDKの1人暮らし用のワンルームマンションです。新宿に住み、15万円前後の家賃を払っていた21歳の高岡由佳容疑者。

 

場所は、新宿の繁華街から少し離れた、都営大江戸線の東新宿駅と若松河田駅の中間にあります。歌舞伎町まで歩いて10分から15分ぐらいの距離です。

 

まだ高岡由佳容疑者の職業は明らかにされていませんが、新宿繁華街に近い好立地のこのマンションに住んでいた女性の職業は限られそうです。

 

歌舞伎町などの繁華街で働いていたのではないでしょうか。

 

地方から上京し、家族が仕送りをしている可能性もなくはありませんが、大学や専門学校生という報道は今のところありません。

 

もし大学生であれば、近くにある東京女子医科大学の学生ということも考えられますが、その可能性は低そう。

 

やはり、歌舞伎町で働く男女間のトラブル、別れ話のもつれなどの可能性が高いのではないでしょうか。

 

殺人未遂事件を起こし、倒れている男のそばに座っていたという高岡由佳容疑者。

 

一緒に死のうと考えたが死にきれなかったのは、目の前で倒れている男を見ていて、「この男のために死ぬのが惜しくなった」ということなのでしょうか。

 

高岡由佳のアイドル級のかわいさにネット悲鳴!

21歳の高岡由佳(たかおかゆか)容疑者は、東京都新宿区新宿6丁目20-7 プレール・ドゥーク東新宿Ⅲ5階に住む、ガールズバー(ときめきBin Bin)の店長でした。

 

「楓ゆの(かえでゆの)」という名前で仕事をしていた、高岡由佳容疑者の顔画像が次々に流出しています。

D7Xm bcUEAA0UfW - 高岡由佳容疑者(新宿ホスト殺人事件)のかわい顔画像と動機か
⚡️ReNa⚡️ on Twitter
“高岡由佳容疑者のtwitterとInstagram特定”

ツイキャス画像

逮捕された当初からかわいいとされていた高岡由佳のメイク顔。

 

ツイッター・インスタアカウントが次々に特定され、ネットでは大きな話題に。

 

血まみれ画像とのコントラストがあまりに衝撃で、気分が悪くなる人も続出していました。

ガールズバー「ときめきBin Bin」まで歩いて通っていた高岡由佳容疑者

「BInBIn」の店長を務めていた、高岡由佳容疑者。

オープン時から店の経営に携わっていたことがうかがえるインスタグラムの写真。

 

化粧して、ガールズバーで働いているときの高岡由佳と逮捕された時のメガネ画像とは似ても似つかないという投稿も・・

https%3A%2F%2Ftwitter - 高岡由佳容疑者(新宿ホスト殺人事件)のかわい顔画像と動機か

 

高岡容疑者の自宅マンション(プレール・ドゥーク東新宿Ⅲ新宿6丁目)から勤務先「ときめきBinBim びんびん カラオケバー」までは、1キロメートル、徒歩で13分の距離です。

 

 

ガールズバー「ときめきBinBim びんびん カラオケバー」は、新宿歌舞伎町の中でも東端にあり、高岡容疑者が住んでいた東新宿6丁目のマンションからもほど近いことがわかります。

高岡由佳インスタグラム・ツイッター顔画像・動画集!

また、彼女のインスタグラムを見ると、自ら 【メンヘラ】であることを自覚していたかのように、メンヘラタグをつけていました。

逮捕時のメガネっ子とは顔が全く違います。逮捕時の人を刺して顔面蒼白で笑う顔でもかわいいと言われる素材の高岡由佳。

 

化粧すると世間的に誰が見てもかわいいというレベル。

 

インスタ誤爆や脅迫事件で最近話題のアイドル「NGT48グループ」にいるような中途半端な女の子なんかより、よっぽどレベルが上かもしれません。

 

ツイッターアカウントはすでに削除しています。

 

ただ、画像はいくつか流出していますので、気になる方はTwitterで検索してみてください。

 

TikTokもかわいいですが、化粧しすぎの嫌いがあります。

https%3A%2F%2Ftwitter - 高岡由佳容疑者(新宿ホスト殺人事件)のかわい顔画像と動機か

 

そして、これだけの美人に「好きで好きで仕方なかった。一緒に死のうと・・」と言わせた歌舞伎町ホストは、『るな(頑張れる子)』という名前で、歌舞伎町人気ホストでした。

被害者男性、歌舞伎町人気ホストの『るな』はナルシストか?

 

FUSION -By Youth-(フュージョン バイユース)が被害者ホストの働いていたお店。

 

こちらの顔画像が、高岡由佳容疑者の被害者男性「るな(頑張れる子)」です。

 

ナルシスト風の見た目ですが、純粋に仕事を頑張り(女に金を貢がせる)、アフターで高岡由佳容疑者の家を訪れていたまじめな青年。

 

https%3A%2F%2Ftwitter - 高岡由佳容疑者(新宿ホスト殺人事件)のかわい顔画像と動機か

 

高岡由佳容疑者が店長として仕事をしていた勤務先ガールズバー「ときめきBinBim びんびん カラオケバー」からFUSION -By Youth-(フュージョン バイユース)までは徒歩4分の距離。

 

高岡由佳容疑者は自分の仕事終わりに、足しげく通っていたことがうかがい知れます

 


るな(頑張れる子)の名前でホストをしていた被害者男性は人気もあったようです。

 

始めて売上がお店で№3になったと、喜びをツイッターに投稿していたのが4月25日でした。

 

つまり、事件の1カ月前。

 

自分をナンバー3にするためにお金を使って貢献してくれた、高岡由佳に刺されるとは夢にも思わなかったでしょう。

ホストはホス狂いのメンヘラに気をつけろと言ったのに・・

 

ホスト狂いの女性を恐れるのは、歌舞伎町ホストの宿命か。

 

ホストのために金を使うことが生きがいになっている女性。

 

金を貢がせることが仕事のホスト。はまってしまった女性はメンヘラである可能性が高いわけですが、借金してまで人生をかけてホストに尽くす女性が裏切られたと感じた時ときの恐怖をまざまざと実感させる高岡由佳の事件。

 

フォロー3人と出ています。その中の1人が「ゆの」こと、高岡由佳。

 

高岡由佳のことを本気で愛した時期がるなにもあったのでしょうか。

高岡由佳の心を踏みにじる言葉をかけてしまったか

ガールズバーの店長として働く高岡由佳が癒しを求めた相手は、歌舞伎町のホスト「るな(頑張れる子)」でした。

 

るなは(頑張れる子)と名前に着けている通り、仕事と割り切ってホストを頑張っていたのでしょう。ホストですからね。

 

女性はお客さんであり、大金を自分に運んでくれる相手としか見ていませんし当然です。それは、男女が入れ替わったキャバクラだって同じ。

 

高岡由佳容疑者は自他共に認めるようなメンヘラ女の子でした。インスタに「#メンヘラ」をつけるような女性。

 

おそらく、るなも高岡由佳に対して恐怖を感じ始めていたでしょうし、周りのホスト先輩からも「この子は危険だ」という予感・アドバイスもあったのではないでしょうか。

 

るなのツイッターに出てくる女性が高岡由佳かは分かりませんが、20万円を超えるような大金を一晩で使い、ライバル女性と共に、大好きなホストをお店のナンバー3にした女性の1人であることは間違いありません。

 

「好きで好きで仕方なかった」

「殺して一緒に死のうと・・」

 

るなは『頑張れる子』でした。

 

店の売上のために、自分の金のために、高岡由佳と交際し、東新宿にある高岡由佳のマンションにも来ていた。

 

高岡由佳はそれを知ってはいたが、るなを自分の彼氏にしたかった。しかし、どれだけ大金をつぎ込んでも、ホストである彼の心を獲得できなかった結果。

 

歌舞伎町に限りませんが、 女性の扱い方がまだよくわかっていない若いホストは、「自分は大丈夫」と楽観しない方が良さそう。

高岡由佳『新宿ホスト殺人未遂事件』関連記事

高岡由佳容疑者がガールズバー勤務だったことが判明し、お店の情報や歌舞伎町イケメンホストの画像も特定されています。

高岡由佳のガールズバー画像がかわいい!被害者ホストイケメン写真も

 

また、警察に通報したのは高岡由佳容疑者ではなく、「うみうみ」と名乗る女性だったことが判明。現場の凄惨な状況や目に焼き付いて眠ることができない高岡由佳容疑者の恐ろしすぎる「目」について告発しています。

通報した「うみうみ」と名乗る美人女性がブチ切れ!「私は犯人ではない、命の恩人だ」

 

 

高岡由佳容疑者と思われる女性が、「金を使ってホストナンバー3にしても自分の愛は伝わらない」ことを匂わせる発言をしていたことが分かりました。

 

被害者男性「るな」が刺された理由。

ホストとして経験が足りず、女性客の扱い方を知らなかった結果だったのではないかという見方もあります。

高岡由佳に刺された被害者るなはホスト狂いの恐怖をツイッターで告白していた

 

高岡由佳をキレさせた、るなの浮気相手。

行為中に裸のまま逃げる、ホストるなを追いかけて刺し続けていたようです。

全ては、「お前のせい」と血まみれのまま警察を前に電話する画像が物語っています。

高岡由佳は女の復讐!ホストるなを刺し血まみれ電話「お前のせい」

高岡由佳容疑者の地元や生い立ち情報

高岡由佳容疑者の地元はどこだったのか。ホストにはまってしまった理由やガールズバー以外の仕事の噂の真相など、追記します。

衝撃の事件高岡由佳のホスト殺人未遂事件
シェアする
パラレルNEWS

コメント