Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

加藤美南(かとみな)不適切投稿で研究生降格!運営対応がすごい理由

NGT48の運営AKSが、加藤美南(かとみな)をインスタ誤爆の不適切な投稿を理由に、NGT研究生に降格することが発表されました。

 

同時に、NGTメンバーへのSNS使用禁止令も即座に発表した運営の対応の速さがすばらしいと話題です。

加藤美奈のバカスタグラム騒動

加藤美南(かとみな)がやってしまった、スマホボタンの押し間違え。

 

ネイルをしていたことが理由だとは思いますが、痛恨すぎる操作ミス。

https%3A%2F%2Ftwitter - 加藤美南(かとみな)不適切投稿で研究生降格!運営対応がすごい理由

 

NGT48を卒業せざる得なかった山口真帆と彼女を支えたメンバー。

 

暴行事件の被害者がアイドルグループNGT48を卒業させられ、ファンとつながりがあった不純なメンバーが不問でアイドル活動を続ける理不尽さはネット民・ツイッター民の怒りエネルギーとして充満していました。

 

山口真帆への同情から、敵対するメンバーへの憎悪エネルギーが膨れ上がり続けてきましたが、山口真帆の卒業公演でそれがピークに達したような状態。

 

NGT48の運営や山口真帆暴行事件加害者への怒りのエネルギーを爆発させたのが加藤美南の「バカスタグラム騒動」と言えそうです。

 

つまり、危険物・爆発物がたまりにたまった火薬庫のような状態だった山口真帆暴行事件に、誤爆でマッチをすってしまった加藤美南(かとみな)のミス。

 

怒りエネルギーが一気に加藤美南の方向へ流れ出し、NGT48キャプテン加藤美南が山口真帆の敵対キャラとしてロックオンされてしまいました。

「親しい友達」のボタン間違いがアイドル生命終わりのポチだった

 

悔やんでも悔やみきれない致命的なミスを犯した加藤美南。残念ながら、このタイミングで山口真帆の敵になったらどう考えてもアウトです。逃げられない。

 

アイドルを辞めることにならざる得ないのかもしれません。

 

ネイル中だったということもあり、手の自由が制限されていたのかもしれませんし、体の態勢がいつもとは違っていたのかもしれませんが、そんな言い訳は後の祭り。

 

「山口真帆と敵対するNGT48のメンバー代表は加藤美南だ!」と世間にアピールしてしまった後悔はいかばかりか・・。

 

また、加藤美南がいたネイルサロンは東京新宿にあることも特定されています。

 

「新潟の山口真帆卒業公演にみんな出たがっていた」・・AKS運営社長がウソつきなことは誰もが知っていますが、それでも必死で崩壊寸前のNGT48を守ろうと奮闘しているアイドル商売をぶち壊した形にもなりました。

 

「社長のコメントは嘘だよ!」・・加藤美南は山口真帆とは違う形で、会社を脅かす加害者なのかもしれません。

かとみなのインスタ友達はだれ?

「黒確定」とされているのが、加藤美南・太野綾香・西潟茉莉奈・荻野由佳の4人。

 

それに、その下の「黒取り巻き」に名前があるのが、山田野絵と佐藤杏樹の2人

 

多くの相関図や動画、画像などで、多くの噂を目にしてきました。

 

運営が犯人を隠してきた結果が、あることないことデマも含めた、山口真帆暴行事件の犯人捜しをエスカレートさせてきたといえます。

 

他にも、週刊文春に「真っ黒」などと名指しで言われている中井りかもいます。

 

山口真帆の敵対メンバーを全員残したままのNGT48の再始動は、ただでさえ難しい船出だと言われてきた状況で起きた、「加藤美南バカスタグラム騒動。」

 

NGT48の加藤美南キャプテンが、土俵際でなんとか踏ん張っていたNGT48の崩壊につながるきっかけを与えてしまった、と後から振り返ることにならなければいいですが・・。

研究生降格処分の運営発表が絶妙すぎる!

加藤美南を研究生に降格させると運営が発表。

 

加藤美南も謝罪させられていますが、100点満点の謝罪文が絶妙です。

 

加藤美南は謝罪から始めます。

「この度は私の軽率な投稿で沢山の方の気分を害してしまったことを深くお詫び申し上げます」

 

と謝った上で、山口真帆を批判するつもりがなかったことについて、

 

「ネイルサロンでニュースを見て悲しい気持ちになってしまい、友達だけに公開しようと自分の心境をストーリーに述べた」としました。

 

「誤解ですよ。私は山口真帆が卒業することが悲しかったんです」と、控えめにアピールする加藤美南。

 

これがもし、「山口真帆を決して批判するつもりなんてないんです」と全面否定してしまえば、矛盾をつかれて更に炎上するのは必至だし、実際にそれを繰り返してきたのがNGT48の運営AKS。

 

これまでの「下手な否定⇒矛盾をつかれて炎上」の経緯から考えても、加藤美南のこの表現が模範解答といえそうです。

 

さらに、「親しい友達にしか見せないとはいえ、人の気持ちを考えていない投稿でした」と続けていますが、この文章がいい。

 

おかしな日本語になっていますが、加藤美南本人ぽさをかもしだす効果がある一文。だれか他の人が書いたと言わせない効果があります。

 

そして最後に、「もう一度自分を見つめ直ししっかりと反省して、これからは全てにおいて責任を持って行動していきたいと思います。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪を繰り返す。

 

『謝罪⇒釈明⇒再度謝罪』の型通りの文章。

 

絶妙な言い回しで山口真帆を批判する意図はなかったことを静かに主張した簡潔な謝罪文。

 

加藤美南を研究生に降格させたうえで全メンバーのSNS利用の禁止を発表した運営の対応は、これ以上の運営批判を避けるため、加藤美南の父親にまで迷惑がかかることを避けるために、本当に早かったし、これ以上はない素晴らしい対応だと言えそうです。

 

運営がこの対応をもう少し早いタイミングでできていれば、NGT山口真帆暴行事件がここまでひどい炎上にならずに済んだのかもしれません。

コメント