Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

園児を公園砂場で泉水卓高齢者プリウスから守った30代女性保育士

hoikusi 交通事故・ひき逃げ

5月15日午前10時半ごろ、千葉県市原市の公園に泉水卓(せんすいたかし)容疑者の運転するプリウスで突っこみました。

 

梨ノ木公園では砂場で園児5人が遊んでいましたが、とっさにかばったのが30代女性保育士。足を骨折する大ケガを負いながら、命がけで園児を守った保育士の勇気ある行為に称賛の声が上がっています。

 

65歳の高齢者、泉水卓(せんすいたかし)容疑者はアクセル踏み間違いを認めていませんが、この男は顔画像やどういう人物だったのか。

 

そして、園児を守った保育士女性はだれだったのか。

高齢者プリウスがまた事故!危うく大惨事

 

日本テレビ系列など、各報道機関が一斉に報じています。

15日午前10時半ごろ、千葉県市原市の公園に65歳の男が運転する車が突っ込む事故があった。公園では、保育園児らが遊んでおり、保育士1人がけがをしたという。

警察によると、15日午前10時半ごろ、市原市五井にある梨ノ木公園に車が突っ込んだという。事故当時、公園では砂場で保育士2人が園児5人を遊ばせており、園児らをかばった30代くらいの女性保育士が右足首を骨折したという。園児にケガはなかった。

この事故で、警察は車を運転していた自称無職の泉水卓容疑者(65)を過失運転致傷の疑いで逮捕した。

車を発進しようとしてあやまって公園に突入したとみられているが、泉水容疑者は警察の調べに、「アクセルを踏んだ覚えはない。突然、車が急発進した」と話しているという。警察は事故の詳しい状況を調べている。

出典:日テレニュース「園児らが遊ぶ公園に車突っ込む 保育士けが」

泉水卓容疑者の人物像とプリウス

「プリウスで高齢者」といえば、池袋事故の飯塚幸三元院長を連想する人も多いのはないでしょうか。

 

飯塚幸三元院長が逮捕されない理由や上級国民などという言葉が4月下旬には連日報道されていました。

飯塚幸三はひき逃げだった!逮捕なしは息子友人が警察庁幹部だから?

 

また、大津市で園児2人が死亡する惨劇につながった、右折車と直進者が衝突する事故があったばかり。

新立文子(しんたてふみこ)顔写真特定!18歳娘を持つ美人母だった

 

その他にも、警察から逃げる途中で死亡事故を起こす容疑者やひき逃げ事件など、連日報道される、交通事故のニュース。

 

免許を返却する高齢者も増えてきているという報道もある中、65歳の泉水卓容疑者が、保育園児が遊ぶ公園に「新型プリウス」で突っ込みました。(飯塚幸三氏はかなり古いプリウス)

 

あわや大惨事の公園砂場突っ込み事故を起こした泉水卓容疑者は「アクセルは踏んだ記憶はない。突然、車が急発進した」と驚きの供述。

 

いかにも事故を起こす考え方の高齢者らしい人物を連想させる供述に、「残念な老人だ」とか「こんな人が事故をおこすんだよね~」という見方もあります。

泉水卓のプロフィールや顔画像

名前:泉水卓(せんすいたかし)

年齢:65歳

職業:無職

車:プリウスのセダン車

顔画像:追記

泉水卓容疑者の顔画像が分かる写真や送検映像は追記します。

30代保育士の勇気に泉水卓容疑者は・・

30代保育士は近くの保育園から園児を連れて公園に遊びにきていました。

 

砂場で遊ばせていた時に、突然車が公園に突っ込んできました。

 

プリウスですから、静かなエンジン音の始動だったはず。保育士さんは突然加速し園児の方向に走ってくる暴走車のプリウスから園児を守ろうと体を張りました。

 

右足を骨折するケガを負いながらも、子供たちを守った30代保育士の女性の勇気は称賛に値します。

 

泉水卓容疑者は、「勝手に車が発信した」すなという供述をする前に、この保育士に感謝してほしい・・

 

ただ、泉水卓容疑者がどんな人物だったのかより、今回の千葉県市原市五井にある梨ノ木公園の事故で園児を守った30代女性保育士です。

 

危うく高齢者事故の被害者になってしまう危険な状況から、とっさの判断で園児の命を救った保育士の女性にスポットライトが当たるべきです。

園児を救った30代女性保育士

hoikusi

目撃者によると、「子供たちは泣くこともできないほどぼうぜんとした状態だった」という事故現場。

 

公園内の砂場で遊んでいる子供たちめがけて、フェンスをなぎ倒しながら突進してくるプリウス。

 

女性保育士は、自分が盾になり、2歳の女の子を突き飛ばして守りました。

 

自分の命を惜しまない保育士のとっさの判断。プリウスに衝突し右足を骨折する大怪我を負いながらの女児救出は本当に素晴らしい。

 

もし、万が一、保育士が救えなかったら、砂場で遊んでいた園児はどうなっていたのか。2歳の女の子です。大津市の事故が否が応でも脳裏をよぎります。

 

園児を救った女性保育士は、歩けない状態にも関わらず、携帯電話で保育施設に連絡を取っていたといいます。

 

事故当時、公園にいたのは園児が5名、引率保育士が2人。子供の数がいつもより少なかったことも幸いだったという報道もあります。

 

事故後、かけつけた園長先生らが園児を保育園に連れて帰り、連絡を受けた保護者が保育園に迎えにかけつけました。

 

保護者にとっても、保育士の女性は我が子の命の恩人。これから素晴らしい関係が続いていくのではないでしょうか。

 

園児を救った保育士はどこの保育園に勤務しているのか。また名前や顔画像の情報がないか。

 

現場近くの保育園から明らかになりしだい追記していきます。

千葉市原の泉水卓容疑者の事故でプリウスが危険と判明!30歳女性保育士はぶれあ保育園勤務か

交通事故・ひき逃げ
パラレルニュースをフォローする
パラレルニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました