Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高田純次がポルシェで当て逃げ!無責任男の事故文春内容は?

takadajyunji 週刊文春、週刊誌

高田純次が首都高速道路で当て逃げをしていたと週刊文春が報じています。

 

20万円でその場での示談交渉を持ちかけたという高田純次。

 

話し合いに応じないため、弁護士をたてて告訴する準備中だという被害者の証言が衝撃的な内容です。

 

首都高を降りた後に一般道で話し合いし、警察なしで示談交渉しようとしたのは、「当て逃げを隠す目的」だったということなのでしょうか?

 

また、示談を拒否されてしまった高田純次が、その後の示談交渉で不義理をしているということなのか。

文春が高田純次のポルシェ当て逃げ報道

週刊文春の先出し記事内容です。

事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせている。この時には、「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしていた。また、昨年3月にも、信号待ちの車に追突事故を起こしている。

自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞くと、「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答した。

Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

5月16日(木)発売の「週刊文春」では、事故の内容や“示談交渉”の中身、高田との一問一答などを報じる。また「週刊文春デジタル」では、高田の「ナッシング」音声などを公開する。

出典:週刊文春デジタル

ポルシェ当て逃げの真相は?

適当さや無責任さをウリにしている男、高田純次。

 

以前にも交通事故トラブルを起こしていた高田純次はこの10年間に3回目の事故というから驚きます。確かに、安全運転をするようなイメージもないですが・・。

 

今回週刊文春が報じている、高田純次のポルシェ当て逃げ記事に、「20万ナッシング」というタイトルがついていますが、このサブタイトルの通りのイメージな男だけに、高田純次が事故のトラブルを誠実に対応しないという報道もうなずけてしまいます。

 

20万円でその場での示談交渉を拒否された高田純次が「100万円で!」と5倍の金額で事故がなかったことにしようとしたことには、さすが芸能人とも思いますよね。

 

やはり、高田純次は当て逃げ疑惑が表に出ないように、「金の力で済まそうとしていた」ということなのでしょうか?

 

高田純次が事故を起こした相手は、若い男性で22歳のフリーター男性ということですし、高田純次が乗る「ポルシェ・カイエン」が当たってそのまま走り去ろうとしたのを逃がすはずがないという見方もあります。

 

そして、若者だけあって、スマホで動画撮影され当て逃げしようとした証拠を握られてしまいました。

 

週刊文春の動画で、高田純次の言っている内容

  • 「事故でできた車のキズはすべて賠償する」
  • 「今、20万持っている」
  • 「それでナッシングって言い方もおかしいですが・・」

 

この発言を録音されてしまった高田純次。かなりヤバいことになりそうです。

高田純次は高齢者事故というより無責任運転の結果か

仕事への影響を避けようとした高田純次が100万円で済まそうとしたという週刊文春の動画は衝撃です。

 

被害者の男性に、全治2週間のケガを負わせてしまった高田純次。

 

高齢者で運転操作にミスをした結果の事故というより、性格ではないのか。

 

普段からウリにしている「適当・無責任さ」が運転に出てしまった結果、高速道路でぶつけたうえに逃げようとした。

 

そして、逃げられないとなれば、持っているお金でなかったことにしようとした・・ということなのか。

 

波紋や影響が広がりそうな、高田純次の当て逃げ疑惑。

高田純次のポルシェ当て逃げ事故報道に・・

ツイッターなどネットでも、高田純次の事故に驚きと厳しい声が相次いでいます。

https%3A%2F%2Ftwitter - 高田純次がポルシェで当て逃げ!無責任男の事故文春内容は?

 

当て逃げといえば、ノンスタイルの井上ですが、活動休止に追い込まれました。一定期間の芸能活動自粛・謹慎期間も考えられます。

 

また、高田純次は高齢者です。

金持ちの高齢者がポルシェで当て逃げしようとし、20万円や100万円で「ナッシングにしよう」とした報道は印象が悪すぎます。また、高齢者事故の報道が目立つ中で起きた最悪のタイミング。

 

さすがに、いつものように「無責任・てきとー男」で逃れることはできないか。

週刊文春、週刊誌
パラレルニュースをフォローする
パラレルニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました