Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リトルジェムス北九州校で園児暴行体罰!カナダ人英語講師名前はジェイソンか

パワハラ・暴力・暴言

福岡県北九州市小倉北区にある認可外保育施設で起きた、カナダ人英語講師が2歳園児に体罰・暴行していた問題。

 

Little Gems(リトルジェムス)北九州校で園児に暴力を振るったカナダ人40代の男性英語講師の顔画像がホームページに写っていると話題になっています。

 

40代カナダ人英語講師とは、どのような人物だったのか。

北九州市小倉北区の認可外保育施設で園児に体罰をする映像

北九州市にある保育施設で起きた園児暴行事件を、福岡の西日本新聞が報じています。

北九州市小倉北区の認可外保育施設に勤める40代のカナダ人の男性講師が、施設に通う当時2歳の男児への暴力行為に及んでいたことが14日、分かった。元職員が告発のため、暴行の様子を撮影した動画を会員制交流サイト(SNS)に投稿し発覚。市は同日、施設に対して国の通知に基づく特別立ち入り調査を実施し、口頭指導した。市によると、施設側は事実関係を認めているという。

 

施設は1歳半から6歳までの未就学児が通い、英語を母語とする講師による英会話の「英才教育」をうたう。投稿された動画は、講師が男児の背中を強くたたき、英語で怒鳴る様子が撮影されていた。

施設によると、この英会話講師は常勤で約5年前から勤務。施設は14日から出勤停止とした。

投稿した元職員は講師として勤めていた米国人男性。子どもの口に本を突っ込む様子を見て驚き、他にも複数の幼児への暴力行為が日常的にあったため2~3月ごろ、ひそかに撮影したと説明している。

 

西日本新聞は、3月18日の日付が入った投稿の元になった動画や、別の日に撮影された動画を入手。講師が幼児の手を乱暴につかみ上げたり、幼児の背後から洋服をつかんで強く引っ張ったりする様子が写っていた。泣きじゃくる幼児をなだめようと駆け寄る女性職員の姿もあった。

 

市によると、4月に市民から電話で通報があり調査したが、施設側は「不適切な対応はない」と否定していた。今月13日、再び市民から「動画が上げられている」と市に連絡があり、暴力行為が判明した。

問題発覚を受け、施設側は14日夜に保護者向けの説明会を開催。終了後、施設責任者は取材に「顧問弁護士とも相談してしかるべき対応を取りたい」と話した。市保育課は「施設が適切な対応をするよう指導したい」とコメントした。

 

報道されている認可外保育施設がリトルジェムスだとネットで特定されています。

Little Gems International School 北九州校か

 

Little Gems International School 北九州校

場所:小倉北区馬借1丁目1番17号小倉タワー1F

事業開始: 平成27年7月23日

定員:40人

報道されている保育施設内部にある遊具の画像とリトルジェムスホームページ画像が一致しているという指摘から、カナダ人男性講師が勤務していた保育施設として噂されていたのが、「Little Gems International School 北九州校」

 

グーグルのクチコミページにも、さっそく書き込まれています。

ニュースに出ている子供を激しくただくところです!

 

Facebookが見れなくなっていますし、遊具の画像や保護者会をしたという報道の外観映像などからも、間違いなさそう。

 

また、「Little Gems International School 北九州校」のホームページを見ると、カナダ人男性講師と思われる人物が、紹介用の動画に写っていました。

 

カナダ人男性講師の顔画像か

当ブログにいただいていたコメント。

 

Little Gems 北九州校のジェイムスという二児の父親でもある男性です。園のFacebookは削除されてます。暴行しているときと同じ色の制服でホームページ動画にしっかりとのっています。

「暴行しているときと同じ色の制服でホームページ動画にしっかりとのっています。」

 

この情報から、カナダ人男性講師の顔画像を特定できました。

 

リトルジェムス紹介動画に写る男性。

園児とハイタッチをしています。

 

暴行している40代カナダ人男性の画像。

 

暴行している40代カナダ人男性の動画。

着用している洋服もですが、髪の毛の薄さなども一致しているようです。

 

カナダ人の40代男性講師は、Jason(ジェイソン)という名前のこの男か。

カナダ人暴行講師の暴行動機は?

福岡県北九州市小倉北区の保育施設で起きた園児への体罰問題。

 

外国人英語講師が園児をたたき、口に本を突っ込んだり、背後から服を掴んでひっぱるなど衝撃的なニュース映像が報道されていますが、余罪はないのか?

 

約5年勤めていたカナダ人英語講師の体罰はいつからはじまったのか?

 

子どもに虐待できる人間は繰り返す常習性があると言われていますが、このカナダ人男性講師の英語指導を受けた子供たちが心の傷を負っていないか心配です。

 

体罰・暴行によって子どもに言うことを聞かせるのは、恐怖で支配しているにすぎず、教育とは絶対に呼べない指導方法。時代錯誤のカナダ人もですが、容認してきたリトルジェムスにも問題があるのではないか?

 

そもそもなぜ、カナダ人男性講師は暴力を2歳児にふるったのか。

 

犯行動機は何だったのかやいつからやっていたのか。

カナダ人男性講師ジェイソンのプロフィール

カナダ人の男性でネイティブ英語講師という自己紹介。

カナダオンタリオ出身で、2001年に来日。

幼稚園児から高校生まで、英語教育の現場でしごとをしてきたジェイソン氏。

 

私立高校や市立中学校のALTや幼稚園の先生として日本で仕事をしてきた、2児の父親でもあるジェイソン。

 

特に、この10年は小さな子供たちへの英語教育を専門に指導していると自己紹介で語っています。この男性がリトルジェムス保育園で園児に体罰・暴行した英語講師だという情報。

北九州で繰り返される園児暴行・傷害事件

北九州市小倉北区の2歳児に体罰をする英語講師のニュース映像。

https%3A%2F%2Ftwitter - リトルジェムス北九州校で園児暴行体罰!カナダ人英語講師名前はジェイソンか
まみゆ(@sakusakusak0712)さん | Twitter
まみゆ (@sakusakusak0712)さんの最新ツイート ダンス大好き❤ 日本

 

衝撃的なカナダ人男性講師や事件を隠そうとした疑惑があるリトルジェムス北九州校への批判が高まっていますが、2017年にも北九州では同様の事件がありました。

この時は2歳児のほおを殴るなどの暴行をした保育園の園長先生75歳が逮捕されたあと、病気を理由に釈放されています。

 

リトルジェムスのカナダ人英語講師は保育施設での仕事を続けることが難しくなるだけでなく、逮捕され、暴行や傷害罪で起訴される可能性もあるのか。

 

また、リトルジェムス北九州校の園長先生など責任者が「不適切な指導はしていない」といったんは否定しました。隠ぺい説もある中、管理能力を問われる事態になりそうです。

コメント