Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

清水光紗さん夫や子供らから家族を奪った塩谷晃由の運転事故の刑罰は?

simizumisa 交通事故・ひき逃げ

愛知県西尾市の事故で、塩谷晃由(しおやあきよし)容疑者が運転する車にはねられて意識不明の重体だった、清水光紗(しみずみさ)さんが亡くなりました。

 

センターラインをこえて右折した、塩谷あきよし容疑者は「直前まできづかなかった」と供述。

 

29歳無職の危険運転が、幸せな家族から、妻であり母であるなんの罪もない女性の命を奪うという最悪な結果になってしまいまいした。

塩谷晃由(しおやあきよし)容疑者は無職でニートだったのか?

塩谷晃由(しおやあきよし)容疑者のプロフィールについて、無職・29歳ということだけが報道されています。

 

住所は愛知県西尾市寺津ですから、事故現場の「愛知県西尾市平坂吉山2丁目」からほど近い場所に、父親ら家族と一緒に住んでいたと考えられます。

 

事故が起きた当日、塩谷容疑者の父親にマスコミがインタビューをしていました。

父親は「普段は危険な運転をするような息子ではない」と息子をかばいながらも、「大津の事故を見て、気を付けなくてはいけないなという話を親子でしていた」とも話していました。

 

29歳の息子が無職という事実だけでも、苦悩を抱えていないはずがなかった父親。

「ニートのような生活をしていたのではないか?」

「無職の男に車を与え、運転させる親が悪い」

 

など、過失運転致死容疑という人を死なせる大事故を起こした、塩谷あきよし容疑者の危険運転の責任を親に求める声も出てきています

過失運転致死の刑罰は最大でも7年の懲役

2歳の幼い幼児を連れて、住宅街を散歩していた時に突然奪われた清水光紗さんの未来。

 

清水光紗さんだけでなく、旦那さんやご両親、子供たちの無念を思うと胸が張り裂けそうになります。

 

右折する際にスピードを出しすぎていたことが原因でセンターラインをはみ出し、しかも前方不注意により清水光紗さんの命を奪った塩屋容疑者には、重い刑罰を求める声が高まっています。

 

自動車の運転で、必要な注意をおこたった結果、人を死なせる事故に適用される「過失運転致死」を適用したと仮定すると、塩屋晃由容疑者は何年刑務所に入ることになるのか。

 

刑法第12条によると、過失運転致死傷罪は、「7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金」となっています。

 

「人を殺してたったの7年?」とも思いますが、最大で7年であって、それ以下の懲役になる可能性もありますし、執行猶予つきの判決がでる可能性もあります。

 

交通事故による悲惨な事故が毎日のように報道されていますが、事故が減らない原因の1つに、「軽すぎる刑罰」があるのかもしれません。

 

塩谷晃由容疑者の顔画像!無職実家暮らし息子の事故と父の苦悩

幼い命を守って逝った清水光紗さん

33歳のお母さん、清水光紗(みさ)さんはとっさに2歳の息子を守ったのではないでしょうか。

 

清水さんの2歳長男の息子は軽傷で済んだのは、母親が命を張って守ったからではないか?という見方も出てきています。

 

2歳の幼子の手をとり散歩していたときに、危険な車が右折し突っ込んできた。とっさに子供をつきとばし、自分だけがひかれてしまったのではないかという説です。

幸せそうな清水光紗さん

清水光紗さんのFacebookではないのかというネット上の噂がありました。見てみましたが、幸せそうな顔画像の写真などを見ると本当に辛い。夫らの遺族にとって辛すぎる現実は言葉もありません。

交通事故・ひき逃げ
パラレルニュースをフォローする
パラレルニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました