Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

長浜雄介(養鶏作業員)の顔画像・職場をFacebookから特定か!

鹿児島県出水市で、わいせつ目的で女子中学生を襲った長浜雄介(ながはまゆうすけ)容疑者が熊本県内の山の中で逮捕されました。

 

ゴールデンウイーク直前の朝、通学路を1人で登校していた女子中学生を狙った、長浜ゆうすけ容疑者の犯行は衝撃です。

 

頭から血を流すケガを負った女子中学生。わいせつ目的だった長浜雄介から受けた心の傷も心配です。

長浜雄介(ながはまゆうすけ)容疑者プロフィール

名前:長浜雄介(ながはまゆうすけ)

年齢:23歳

職業:養鶏作業員

住所:熊本県津奈木町

 

日時:4月26日午前7時30分ごろ

場所:鹿児島県出水市の公民館付近

容疑:中学校に登校する途中の女子中学生をわいせつ目的でおそい、頭にケガを負わせる傷害の疑い

 

通学路をパトロールしていた69歳の男性が間一髪のところで女子中学生を襲っていた長浜雄介容疑者の犯行に気付きました。

 

「何しよっとか、離れろ!」と叫んだ男性の声に、長浜雄介容疑者は軽自動車で逃げていったといいます。

 

通学路を毎日のようにパトロールしていた男性は自治会長でした。

 

地方には、ボランティア精神に溢れた、地域を守る高齢者がいることを実感します。

津奈木町からわいせつ目的で出水市に?

鹿児島県出水市は鹿児島市の中心部からは遠く離れた、熊本県との県境に近い場所で、冬には鶴が訪れる場所として観光地ではあるものの、「鹿児島の陸の孤島」などと呼ばれるような田舎町です。

 

出水市の中心は海に近い場所にあり、国道が走っていますが、事件があった高尾野町は山の中にあります。

 

犯罪とは無縁の過疎化が進む静かな街で起きた女子中学生傷害事件は、高齢者の多い地元の人たちにとっても衝撃だったに違いありません。

長浜雄介は証拠を残しすぎていた?

警察が犯人の20代男の動機について、「わいせつ目的で襲った」と逮捕し取り調べる前から推測しています。

 

女の子は頭に傷を負っていて出血はあるが命に別状はないということですが、心に深い傷を負うようなことがなかったかが気になります。

 

また、女子中学生は毎日1人で中学校に向かっていて、人気のないところで襲われていることから、計画的な犯行だったことが推測されます。

 

20代犯人の男は、女子中学生に目をつけていて、朝1人になるタイミングを見計らって襲ったのではないでしょうか。

 

いずれにしても、おそろしすぎる女子中学生襲撃事件。過疎化が進む田舎の出水市の子供たちや保護者にとっても、当たり前だった安全で安心な街が根底から覆される事件。

熊本県の山中に逃げた長浜雄介容疑者

当初から熊本県に犯人が逃げたと報道されていましたが、昼過ぎには熊本県の山中で容疑者を確保したというニュースが報道されています。

 

警察は犯人の男の情報を握っていました。防犯カメラがあったのかは分かりませんが、容疑者の車の情報なども分かっていた可能性が高そうです。

 

長浜雄介容疑者のFacebook顔画像・職場は?

長浜雄介容疑者のFacebookやツイッターなどのSNSアカウントの情報や、顔画像・職場について追記していきます。(続きます・・)

最新ニュース
シェアする
パラレルニュース

コメント