Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

山口真帆の暴行現場録音テープデータは村雲もふで裏切りG子とは?

週刊文春がNGT48の卒業を発表した山口真帆の暴行現場の録音テープのデータがあるという記事を出しました。

 

山口真帆を暴行しようとしていた半グレ実行犯の男たち。

 

山口真帆と言い争う暴行現場マンション近くの公園の情報や、現場にかけつけた唯一のメンバーの名前が明らかになりました。

 

そして、録音データをもっている人物たち。この内容が山口真帆がNGTを卒業後に発表されることになるのか?

週刊文春の先出し記事内容

週刊文春が週刊文春デジタルで公開した内容です。

 

暴行事件があった日、警察がマンションに来たとされていましたが、文春デジタルの内容によると、暴行実行犯と山口真帆は、寮のマンションから近くの公園に移動し口論していました。

 

つまり、警察を呼ぶ前に、犯行現場だった寮のマンションから場所を公園に移動し、話し合いの時間があったということなのでしょうか。

4月21日にグループからの卒業を発表したNGT48の山口真帆(23)。

 

「何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」などと運営への恨み節を5分以上にわたってぶちまけた。

 

事件現場から移動し、山口らは犯人らと近隣公園で言い合いになったが、その際に録音されたデータが存在する。この録音データは事件の調査にあたった第三者委員会にも提出されているが、これを実際に聴いた人物が今回、初めて証言した。

 

「よほど怖かったのでしょう。山口さんは恐怖の反動から『ぐちゃぐちゃにする』

 

『全員辞めさせてやる』といった内容の発言をしていて、犯人とつながりが疑われるメンバーの名前を次々に挙げて詰問しているのです。あれを聴けばいろいろと見えてくる。ここまで問題が大きくなった以上、公開すべきだと思います」

週刊文春デジタルより引用

暴行事件後、公園に移動するまでの経緯

半グレ男ともアイドルハンターとも呼ばれている、NGT48の寮に好き勝手に出入りしていた男たちの情報は多くのネット記事で拡散しています。また相関図も加筆され続けてきました。

 

ネットで主流になっている推測を基に、山口真帆暴行事件を整理します。

 

NGT48のアイドルとして、全うに当たり前の活動をしたかった山口真帆。

 

それに対して、アイドルと使ったビジネスを展開するAKS運営の意向を理解していたメンバー。

 

対立するのは当然でした。

 

アイドル産業を理解し、芸能界で生きることの意味が分かっていたとされるNGT48のメンバーのは多くの噂があります。

 

例えば、半グレ男たちとの交際や枕営業のうわさから、総選挙での票のやりとりなど、多くのネタなのか真実なのかも分からない憶測があります。

 

いずれにしろ、「山口真帆のバカまじめさ」を好ましく思っていなかったNGT48の他のメンバーが、自分たちとつながっている半グレ実行犯らに依頼して暴行事件が起きた。

 

山口真帆がどれだけ恐怖だったかは想像するだけでも、胸が痛くなります。

 

NGTのメンバーがつながりのあった半グレ実行犯に山口真帆を襲わせた目的については、山口真帆を脅して黙らせようとした、卒業させようとしたと考えられますが、暴行事件がどの程度のものだったのかは判然としません。

 

不起訴になった経緯を考えれば、発表されている通りで、大声を上げた山口真帆の口を押えようとしただけなのかもしれません。

 

ただ、大事になることを恐れ、山口真帆の暴行事件の内容そのものが闇に葬られてしまった可能性もあるのかもしれません。

 

そして、今回新たな文春デジタルの記事でわかったこと。

 

警察を呼んだのが山口真帆の仲間のメンバーで、マンション内に警察が入ってきて犯人を確保したと考えられてきましたが、違ったようです。

 

山口真帆と犯人はマンションでもめた後、近くの公園に移動し、話し合っていたという報道。

「ぐちゃぐちゃにしてやる」と山口真帆がキレたのはG子のせいか?

山口真帆はこれまでも嫌がらせを受けていました。それを耐え忍んでいた状況で起きた、暴行事件。

 

「NGTをぐちゃぐちゃにしてやる」

「男とつながりNGT48のルールを破っているメンバーを全員辞めさせてやる」山口真帆が吐き捨てた理由。

 

マンションで待ち伏せされていたこともですが、自分を売ったNGT48メンバーの中に、信じていた・仲間だと思っていたG子がいたからだったのかもしれません。

村雲颯香と山口真帆が卒業公演でNGT運営にとどめ?

「不起訴になったから事件じゃない」「会社を攻撃するなら加害者」

山口真帆が運営から言われたと口にしました。前代未聞のアイドルと事務所のトラブルに発展しています。

 

世論を見方につけた山口真帆はNGT48卒業と引き換えに、NGT48への復讐を心に固く誓っているように思えます。

 

荻野由佳をプロモーションに使っていたシザーは批判が殺到し、コンテンツを削除。今後、NGT48と契約する企業が現れるのか疑問です。

 

ただ、それでも山口真帆は満足しているとは思えません。週刊文春が報じている暴行現場の録音データが本当にあるなら、原本をもっているであろう山口真帆側がそれを公開する可能性があるのではないか。

 

音声には、山口真帆が犯行に関わったNGT48のメンバーの名前が入っている・・。山口真帆と長谷川玲奈、菅原りこ、そしてもふこと村雲颯香。5月18日の卒業公演はどうなるのか・・。

コメント