斎藤市朗の顔画像!とび職はクズ男の仕事か!仲村司殺人事件動機と女性の関係は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県秦野市で、22歳の仲村司さんの腹部を小刀で刺し死亡させた斎藤いちろう容疑者の殺人事件。

とび職という仕事をしている男たちへの風評被害も心配されるわけですが、56歳の斎藤一朗(さいとういちろう)容疑者が、とび職の同僚で自分より34歳も若い仲村司さんを殺害した犯行動機は、通報女性と関係があるのか。

小刀を持ち、親子ほど年の離れた男同士が同じ部屋に住み酒を飲んで起きた殺人事件についてまとめていきます。

斎藤いちろう容疑者のプロフィール

名前:斎藤一朗(さいとういちろう)

年齢:56歳

住所:神奈川県秦野市にあるアパート

職業:とび職

顔画像:追記

////////////////////////// // // //////////////////////////

斎藤一朗容疑者の犯行詳細

日時:4月11日午後11時半ごろ

場所:神奈川県秦野市にある自宅アパート

容疑:殺人未遂の疑いで現行犯逮捕「殺人容疑に切り替わる」

認否:容疑を認めている

事件詳細:加害者の斎藤一朗容疑者、被害者の仲村司さん、女性の3人で酒を飲んでいたところ、斎藤容疑者と仲村司さんが口論に。

斎藤一朗容疑者は持っていた小刀で仲村さんの腹部を数回刺し、女性が警察に通報。病院に緊急搬送されたが、仲村さんは死亡。斎藤一朗容疑者はその場で現行犯逮捕された。

////////////////////////// // // //////////////////////////

衝撃すぎるとび職男たちの実態とは?

口論になって刺したと供述している、斎藤一朗容疑者。とび職の同僚で同居していた仲村司さんとは親子以上の年齢差がありました。

56歳の斎藤一朗容疑者が22歳の仲村司さんの命を奪ってしまった背景には何があったのか。

報道されているアパートは、画像からも広さがさほどない賃貸アパートのように見えます。

とび職に対して、ヤンキーあがりのような半グレがなる職業という偏見をもっている人たちが少なからずいるのは事実ですが、56歳と22歳の職場の同僚である男同士が同部屋に住んでいて、口論の末に若者が命を落とすという事件は、常識では考えられません。

とび職に対する世間のイメージをさらに悪化させた、秦野市とび職殺人事件。

酒に酔い感情に任せて人を殺すとび職の56歳男。小刀を持っているという事実も含めて、とび職に対する風評被害にもなり得る衝撃の事件です。

////////////////////////// // // //////////////////////////

犯行動機は仕事か女か金か?

酒に酔い30歳以上も年下の若者にキレた、斎藤一朗容疑者の犯行動機は何だったのか。

同僚だったということで、仕事上でのアドバイスまたはとび職先輩が22歳若者とび職の態度への説教などから口論になったか。

通報した女性の存在も気になります。この女性の素性についての報道はまだありません。何歳なのか2人との関係などについては不明。この女性をめぐる男たちの口論だった可能性もあるのかもしれません。

または、金の貸し借り。金銭トラブルがあったのか。

いずれにしても、酒に酔っていたとはいえ、小刀で複数回腹を刺して若い22歳の命を奪った57歳のとび職斎藤いちろう容疑者の犯行は言語道断の犯罪です。

斎藤一朗容疑者と仲村司さんの顔画像!

今後、明らかになる斎藤一朗容疑者や仲村司さんの顔画像、現場の情報や職場での関係と犯行動機。

そして、通報した女性との関係について追記していきます(続きます・・)