長谷川滋利の不倫相手女性ワンギャルA子の名前と顔画像を特定か!文春にネタ売り妻に復讐?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元シアトルマリナーズのピッチャーとして活躍し、イチロー選手とも親交が深い、長谷川しげとし元投手の不倫相手は誰なのか。

TBSワンダフルに出演していた「ワンギャルA子さん」と不倫した上、一方的に別れを告げてA子さんの芸能活動を台無しにしてしまったと週刊文春が報じています。

TBS深夜番組ワンダフルでアシスタントのワンギャルとしてバラエティータレントとして活躍していた文春報道のA子さんの名前や顔画像を71名の中から特定できるか。

また、長谷川滋利氏の妻、エリーハセガワと娘の情報や10年前の不倫が今頃になって報道される理由は、A子さんが金目あてにネタを週刊誌に売ったというより、女の復讐なのか。

長谷川滋利(しげとし)のゲス不倫がヤバい!

週刊文春の報道です。

一方のA子さんは、かつてTBSの人気深夜番組『ワンダフル』にアシスタント役の“ワンギャル”として出演するなど、バラエティタレントとして活躍。2007年秋に長谷川氏から告白され、一度は断るも、「うち(夫婦)は終わっている。真面目に付き合いを考えてほしい」と言われ、交際が始まった。

長谷川氏は「僕がA子のことをサポートする」と、A子さんのために芸能事務所を立ち上げるなど、仕事にも関与するようになった。

2008年1月に長谷川氏はカルティエのラブリングとラブブレスをA子さんに贈り、「3年後には一緒になろうね」と約束。しかし2週間ほど経った後、電話一本でA子さんに別れを告げたという。不倫交際が終わると事務所は機能しなくなり、A子さんは芸能界引退に追い込まれた。

「長谷川さんの奥さんから、電話で別れるよう求められたこともありました。男女のことだけだったら仕方がないと諦めがつきます。でも、交際が終わって、私の芸能界の仕事もダメになってしまった。彼の無責任さに傷つけられた痛みは今も残っています」(A子さん)

小誌が事実確認のため、長谷川氏の携帯電話に連絡すると、A子さんの名前を出した途端に電話は切れ、その後は何度電話しても通じなくなった。所属事務所にも質問書を送ったが、締め切りまでに回答はなかった。

出典:週刊文春「元メジャー投手・長谷川滋利氏が元ワンギャルと不倫トラブル」

週刊文春報道の要点をまとめます。

2005年に現役を引退した長谷川滋利氏。帰国後にA子さんを口説いたのは2007年。

一度はフラれるものの、「妻との関係が終わっている」と不倫男の常套手段でワンギャルA子さんを口説き落とした長谷川滋利氏。

A子さんのために、芸能事務所を立ち上げ、カルティエのラブリングやラブブレスを贈るなどの盛り上がった不倫交際。

「3年後には一緒になろう」と結婚を約束していました。

しかし、交際はたったの数か月で終わりを迎えます。

2008年1月に、突然長谷川滋利氏はA子さんに別れを告げました。元ワンギャルのA子さんは芸能活動を続けることができなくなり芸能界引退。

////////////////////////// // // //////////////////////////

長谷川滋利氏の不倫相手ワンギャルA子を特定へ!

TBS番組「ワンダフル」は1997年~2001年の4年間放送されていました。当時、深夜時間帯に人気だった番組です。

ワンギャル(ワンダフルガールズ)はそのワンダフルに出演していたアシスタント女性のことで、グラビアアイドルなど、芸能界で生きていこうと頑張っていたタレント・アイドルの卵の女性たちがたくさんテレビに出るチャンスを得ていました。

つんくプロデュースで、CDも出しています。

釈由美子、国分佐智子、小池祥絵、磯部さちよ、相沢まき、井川絵美など、その後売れる女性タレントも出てきていました。

////////////////////////// // // //////////////////////////

ワンギャルで活躍した71名の全名簿

ウィキペディアにあるワンダフルガールズの女性の名前です。5期までありました。

第1期生(1997年9月から1998年10月)

  1. 臼井静
  2. 岡野はつみ
  3. 小野砂織
  4. 片石貴子
  5. 北原まゆ(現・豊嶋千加子)
  6. 国分佐智子
  7. 坂本みき
  8. 沢木涼子
  9. 釈由美子
  10. 白石弓子
  11. 杉村陽子
  12. 田中沙斗子
  13. 七森美江
  14. 西野優輝
  15. 橋本麗香
  16. 細木美和
  17. 松井香
  18. 諸岡なみ子
  19. 吉永愛

第2期生(1998年10月から1999年9月)

  1. 伊藤すみれ
  2. 浮田久重
  3. 大塚良子
  4. 尾上康代
  5. 加藤由季
  6. 君嶋ゆかり
  7. 須之内美帆子
  8. 染谷ちひろ
  9. 田嶋洋子
  10. 谷口智
  11. 富田チサキ
  12. 益子梨恵
  13. 横山夏海

第3期生(1999年10月から2000年9月)

  1. 石川亜澄 現・石川あずみ
  2. 石橋奈美
  3. 遠藤明子
  4. 梶原芽衣
  5. 綺本りか
  6. 小宮理英
  7. 佐井仁美
  8. 斉藤繭子
  9. 中田リサ
  10. 林敬子
  11. 宮崎景子
  12. 宮本耀子
  13. 宗政美貴
  14. 森瑠花
  15. 山本恵美

第4期生(2000年10月から2001年9月)

  1. 相沢真紀
  2. アリーネ
  3. 井川絵美
  4. 石川瞳
  5. 北川えり
  6. 北沢まりあ
  7. 高井菜緒
  8. 竹下玲奈
  9. 中馬めぐみ
  10. 福岡サヤカ
  11. 松梨知果
  12. 宮本愛子

第5期生(2001年10月から2002年9月)

  1. 石井あみ
  2. 磯部さちよ
  3. 岩田ゆり
  4. 大森かほり
  5. 河村和奈
  6. 木舩香織
  7. 小池祥絵
  8. 重泉充香
  9. 鈴木朝美
  10. 西尾祐里
  11. 福世恵梨奈
  12. 諸岡ひとみ

すごい数・・・。数えたら71名ものワンギャルがいました。

元大リーガー長谷川滋利氏と不倫トラブルのワンギャルA子さんについての情報は、「40前半の年齢」という文春の報道です。

これは続報・本誌を読んでみないと誰だかは特定できないですね。4月11日(木)発売の週刊文春の内容を確認し、特定していきます。

////////////////////////// // // //////////////////////////

A子さんが週刊文春にネタを売るのは金より復讐か!

ワンダフルが放送されていたのは1997年から2002年まで。長谷川滋利氏がA子さんを口説いたのは、2007年秋ですから、ワンギャルとしての活動はずっと前に終わっていますよね。

そして交際が終わったのは2008年1月。交際期間はたったの3~4カ月です。

長谷川滋利氏が芸能事務所まで作りA子さんをサポートしようとしたということですが、このA子さんは当時テレビに出るなど、仕事があった売れっ子の元ワンギャルだったのでしょうか。

また、不倫が終わりを迎えてから11年も経った2019年に週刊文春に不倫ネタを売ったことについても疑問が残ります。

なぜ、今頃になって週刊誌経由で告発するのか。お金のためでしょうか。

ただ、ジャニーズやAKBグループのようなアイドルではない、元プロ野球選手のおじさんと元ワンダフル出演のワンギャルの不倫ネタに大きな金額がつくとは思えないです。

そうすると、お金のためではなく、10年以上も根にもっていた「女の復讐」の可能性もありそうです。

A子さんは40歳を超えているわけですが、今どういう仕事をしているのか気になりますね。

自分の不倫を告発するぐらいですから、結婚はしておらず、テレビなどメディアにはほとんど出てくることがない女性なのではないでしょうか。

長谷川滋利氏の妻エリーの顔画像は?

長谷川滋利氏の妻の名前は、エリーです。日本人ではないですね。アメリカで大リーガーとして活躍していたころに知り合い、結婚したのかもしれません。

長谷川滋利氏の妻や子供の情報は追記していきます。

週刊文春本誌の内容から予想できるワンギャルA子が判明か

週刊文春の内容を確認し、長谷川滋利氏と不倫関係にあったというワンギャル女性が誰なのかを追記します。(続きます・・)