ウソ殺人動画で書類送検の町田市会社員の動機!罰金刑1万円未満か!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月、「東京都内で人が刺され犯人が逃げている」とネットに動画と拡散希望を書き込んだ町田市の20代会社員男4人が軽犯罪法違反で書類送検された事件。

警察への通報が相次いだ結果、デマだということが判明したわけですが、ネット炎上を遊びにするデマの刑罰は軽犯罪法違反以外に業務妨害罪や公務執行妨害罪の可能性もあるのか?

「人が刺された」ウソ動画拡散動画の名前や顔画像は?

ウソの動画を投稿した4人が書類送検されるというニュースをNHKが報じています。

犯罪の事実がないのにも関わらず、人が暗がりで倒れこむ動画を撮影し、「町田市で人が刺されたみたいです。犯人は捕まっていたません」としたうえで、拡散をあおった町田市の4人。

この4人の会社員については、名前や顔画像はまだ公表されていません。軽犯罪法違反で書類送検ということですから、名前は報道されない可能性が高そうです。

////////////////////////// // // //////////////////////////

犯行動機「有名になりたかった」はユーチューバー憧れか!

バカッター騒動に便乗したかのような動機ですが、不思議なのは20代の成人して働いている会社員が4人もいて逮捕される可能性があるとは思わなかったこと。

実際に警察官が現場にかけつける騒ぎになる結果も予測できたはずですよね。

犯行動機について、「自分たちの名前を有名にしたかった」と供述する20代の若者には罪の意識は全くないことが分かります。

たいした犯罪にはならないとタカをくくり、ユーチューバーのモノマネ気分で計画し実行したのでしょうか。

////////////////////////// // // //////////////////////////

軽犯罪法違反なら罰金1万円未満

20代の会社員4人は「軽犯罪法違反」で書類送検されるという報道です。

軽犯罪法違反:前科か前歴がつき、拘留又は科料になります。科料は一万円未満の罰金刑

町田市の4人が前科や前歴がつくことについてどういう認識なのかは分かりませんが、罪としては科料となれば1万円未満で済んでしまうのか。

////////////////////////// // // //////////////////////////

業務妨害罪や公務執行妨害にはならない?

ネットでも、業務妨害罪や公務執行妨害にならないのかという指摘がありました。

「人が刺されて、犯人が逃げている!」動画を投稿した町田市の4人の刑罰が軽犯罪法違反だけで済んでしまう。

今後、似たような迷惑行為でツイッター拡散して遊ぶ若者がまだまだ出てきそうですよね。

軽犯罪法違反は昭和23年に作られた法律ですが、デマの刑罰について当たらなルールが必要です。