ALC貝塚学院と若葉幼稚園は同じ経営者か!債券契約方法がヤバい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市の認可外幼稚園A.L.C貝塚学院の保護者説明会で怒号を飛ばす女性。

説明会に現れなかった鈴木美代子氏に対する不満や今後の経営に関する無責任さを指摘する保護者の声がありました。

また、若葉台学院もALCと同じ経営者だと判明。債券の有無を言わさない購入圧力や満期日が平成36年だという話も。

ALC貝塚学院と若葉台学院・若葉幼稚園

神奈川県川崎市にあるALC貝塚学院とプレスクール若葉幼稚園、若葉台学院が同じではないのかという噂がありました。

https://twitter.com/JPw1oss1NKJZ5Au/status/1111470921569624064

29日に行われたALC貝塚学院の説明会で、同じ経営者が運営していると認めたようです。

https://twitter.com/JPw1oss1NKJZ5Au/status/1111678177611440134

若葉台学院のグーグルストリートビュー

ALC貝塚学院の経営は、太陽エネルギー関連会社のサン株式会社に譲渡すると発表されたわけですが、若葉台学院の方はどうなるのでしょうか。

////////////////////////// // // //////////////////////////

債券の売り方がえげつない!

1口5万円で2口10万円以上から購入しないといけないと言われているALC貝塚学院の債券。

あり得ないような高金利をうたっていたことから、経営のリスクに気づけなかった保護者の自己責任論を問う声もありました。

しかし、債券の売り方・契約の仕方がかなりえげつない方法だったようです。

////////////////////////// // // //////////////////////////

卒園しても債券が現金化されていないケースも

神奈川県川崎市のALC貝塚学園は43年前の1976年に創設されていますが、40周年記念債券というのもあるようです。

つまり、3年前の2016年に40周年を記念した債券を保護者に購入させていて、平成36年(5年後、2024年)に満期を迎える。

説明会ではALC貝塚学院の債券について、次の経営者であるサン株式会社に引き継ぐ予定と言っていましたが・・。

サン株式会社が金利も含めて、全てのALC貝塚学院の債券を持っている人に弁済するということが可能なのか。

////////////////////////// // // //////////////////////////

ALC貝塚学院保護者説明会でキレる母親

テレビでも感情的になっている保護者の映像が報じれています。

突然の速達で破産を宣言し、その後メールで支援企業が見つかり、事業存続できるとしたALC貝塚学院。

https://twitter.com/Misako69misakO/status/1111169524844228608

https://twitter.com/tarutaru_pupu/status/1110960805757898752

https://twitter.com/Misako69misakO/status/1110912482216800259

鈴木美代子氏と坂本節子氏が保護者に謝罪するか!

当初、ALC貝塚学園は破産する理由について、無償化対策を批判するような文言を入れていました。

「無認可は無償化対象にならず、入学が減った」としていましたが、朝鮮人学校を思いださせるような発言に、韓国人疑惑もあったALC貝塚学院の経営者。

英語教育に力を入れ、スパルタ的な教育で画一的な指導をする教育方針の幼稚園だったALC貝塚学院の特長を考えても、在日韓国人ではないのかという見方もあります。

「美代子先生を読んで!」説明会不在で保護者の更なる不信や怒りを買った、ALC貝塚学院の代表は今後、保護者らの前に姿を見せることがあるのか。