挙母小学校の校長先生と担任の評判がこちら!学級崩壊に適当教師とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県豊田市マンションで女児飛び降り自殺は、豊田市立挙母小学校(とよたしりつ ころもしょうがっこう)とネットでは特定されています。

教育委員会が「~と聞いている」会見を開く中、挙母小学校のホームページにロックをかけて会見に姿を見せなかった校長や担任の先生の無責任さが話題になっていますが、ツイッターや掲示板の評判はどうなのか。

教育委員会に会見させた挙母小学校の責任者

豊田市教育委員会が会見。挙母小学校で自殺があったわけですが、まずは教育委員会が会見ということなのでしょうか。

しかし、この会見が完全な「ひとごと」でした。

「いじめはなかったと聞いている」

「早引きせずに帰ったと聞いている」

確かに知らないわけですから、「~と聞いている」と発言するしかありませんよね。

なぜ卒業式を間近に控えた女の子が2人飛び降り自殺し、いじめの内容をうかがわせるようなメモが残っていたのにも関わらず、挙母小学校は会見すらしないのか。

校長や担任など、小学校の責任者や生徒と接していたはずの担任の会見すら開かない状況を不思議に思って、挙母小学校のホームページを見てみたところ・・

koromoshogatuko

パスワードを要求されて、閲覧することができません。

問題が起きた後に、小学校のホームページが見れなくなったのは始めてです。

こんなことをすれば、「挙母小学校の校長は、責任を放り投げて逃げたのか?」と思われても仕方ありません。

////////////////////////// // // //////////////////////////

挙母小学校の校長と担任の評判

挙母小学校の校長や女児の担任がどういう人物なのか。

ツイッターに投稿されていた、挙母小学校の校長と担任の評判です。

「亡くなった子の担任の先生は、去年いじめが原因で学級崩壊させた先生」

「去年の校長先生はすごくしっかりしていい先生だったのに今の先生は適当過ぎる」

このツイッターアカウントの情報を見ると、おそらく挙母小学校の卒業生で現在中1か中2の中学生。

////////////////////////// // // //////////////////////////

いじめ被害から大切な子供を守る唯一の方法!

https://twitter.com/maamin_kuso/status/1105756578274144256

いじめ自殺や虐待など、悲惨なニュースが後を絶ちませんが、そこから得られる教訓は何か。それは、「教育関係者を信用しない」ことではないでしょうか。

学校の先生は公務員です。当たり外れがあることは誰もが知っていますよね。大切な子供の命をそんな運任せにはしていいのか。

いじめ被害から大切な自分の子供を守りたかったら、絶対に先生を「性善説」で見てはいけないということが、最近の報道からもハッキリしています。

頼れるのは、ボイスレコーダーです。

残念ながら、2500円の機械の方が先生より子供を守ってくれるという事実。

下記のボイスレコーダーは楽天で一番売れている商品。ポケットに入れておけばいつでも誰にも気づかれずに録音できます。

?me id=1338543&item id=10000008&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400 mall%2Ffrontfield%2Fcabinet%2F05566687%2F05599154%2F05599155%2Fic 003m 01.jpg%3F ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400 mall%2Ffrontfield%2Fcabinet%2F05566687%2F05599154%2F05599155%2Fic 003m 01 - 挙母小学校の校長先生と担任の評判がこちら!学級崩壊に適当教師とは?

私も自分はもちろん、子供たちにも持たせています。

いじめなど、他人の悪意に苦しむぐらいなら、絶対にボイスレコーダーぐらいは持っておくべきです。

////////////////////////// // // //////////////////////////

先生の優先順位を考える

先生が悪いとかいじめ被害から子供を守らかったと言って、「無責任さ」を叩く風潮がありますが、そんなことをしても子供の命は帰ってきません。

学校の先生たちは本当に恐ろしく忙しい職業だということを分かっているようで分かっていない人が多すぎます。

学力でクラスが分かれている塾とは違います。

家庭環境が全く違う子供たちやその親が同じ空間にいるんです。話を聞かず生意気なことを言ったり、問題ばかり起こす生徒。モンペと呼ばれる自己中心的で非常識な保護者。

プライベートを犠牲にして生きている職業が学校の先生です。

生徒がいじめ被害を訴えたとしても、証拠でもなければ相手にはしてくれないのは当然です。そんなのいちいち相手にしていられません。自分が先生だと想像したらわかるはず。

いじめ被害を訴えられても、優先順位が上位にくることはないのは当然ですよね。

「先生なら~すべき」と考え、怒る大人は想像力がないから。

先生の立場になれば、公務員に自分の大切な子供の命にかかわるようないじめ被害を任せていいわけがないと気づくはず。

先生はいじめ被害から子供を守ることや学力向上が仕事ではない。その事実を子供にも「上手に」伝えるのが親の役目です。

その当たり前の事実を知っておけば、いじめ被害に苦しむ子供を先生に相談するなんて愚かなことはしないし、「先生に裏切られた」とショックを受けて電車に飛び込むこともない。

小6女児2人の自殺は本当にかわいそうです。いじめ加害者の児童やその親、いじめ対応をしなかった挙母小学校の先生たちには怒りがわいてきますが、逮捕されて刑罰に処されることはないのが日本の法律。

いじめ被害から守るのは親の務めだと考え、当たり外れが大きい公務員なんかを頼ってはいけません。