阿部譲逮捕が地元でも報道されなかった理由は山形市長の支援者だから?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部譲(あべゆずる)被告がシングルマザーの母子家庭の女児への乱暴や強制性交の罪で11年の懲役を受け、阿部被告のFacebookや広告代理店 J Masterが話題になっています。

阿部ゆずる容疑者の逮捕・起訴について、ほとんど報道がなかった理由は、阿部譲被告が山形市長の支援者だったからとするツイートがありますが、本当なのでしょうか。

阿部譲(あべゆづる)プロフィール

名前:阿部譲(あべゆずる)

年齢:35歳

職業: 広告代理店J Masterの代表取締役社長

住所:山形県山形市清住町

////////////////////////// // // //////////////////////////

阿部譲(あべゆづる)犯行詳細

日時:2014年6月~2018年3月

場所:安部譲被告の会社事務所や交際女性の自宅など

被害者:安部譲被告と交際していた、母子家庭の女性の娘。

強制性交などの罪で懲役11年の実刑判決を受けた阿部被告ですが、控訴するようです。

////////////////////////// // // //////////////////////////

阿部譲被告のツイッター・Facebook

安部譲被告のツイッターは2016年の更新で止まっています。

安部譲被告のFacebookには自撮画像の写真や遊んでいるような写真が並びます。

阿部譲被告の会社、広告代理店「株式会社J Master」のホームページはなくなっていました。ホームページ・サイトを制作とSEO対策を企業に提案する会社だったようです。

また、株式会社J MasterのFacebookページも投稿内容がすべて削除されていました。社長が逮捕されたわけですし、すでに営業していないのかもしれません。

////////////////////////// // // //////////////////////////

安部譲容疑者逮捕の報道を覚えていますか?

ツイッターに安部譲容疑者が逮捕されたときにほとんど報道されなかった理由について、「山形市長の支援者だったからではないか」というツイートがありました。

https://twitter.com/ocha_sokuhime_y/status/1055568930050199552

山形市長の支援者であるためか現地の新聞にも小さい記事しか載らず闇を感じます。

このツイートは去年の10月26日です。

安部譲被告の犯罪内容はかなりひどいですよね。

広告代理店社長という肩書で、母子家庭で1人で子供を育てているシングルマザーに甘い言葉をかけて近づく。

そして、「1人ででかけていいよ、子供の面倒を見てるから。」と言って会社の事務所などで幼い女児たちを預かり、女児虐待を繰り返していました。

裁判では、女児への性的虐待・わいせつ行為を14回もしていたと指摘されています。

信じられない鬼畜です。あまりにひどい、女児へのわいせつ・性的虐待のニュース。

それが、逮捕されたときの報道がほとんどなかったわけです。

今回、裁判で実刑判決が出たことで、全国的にも報道され大きな話題になったわけですが、本来なら逮捕された時点でワイドショーなども含めて大きな話題になるべき事件のはず。

幼女や女児への虐待ニュースがほとんど報道されてこなかった理由として、山形市長の支援者だったからというのは本当なのでしょうか。

地方ではマスコミの「報道しない権利」が露骨?

安部譲容疑者の事件について、「山形市長の支援者だったから、報道があまりなかった」というネット上の指摘がありますが、本当なのでしょうか。

地方では、権力を持った企業の不祥事について、「新聞に少し掲載されるだけでほとんど報道されない」という噂があります。

数年前、地方のある塾に勤めていた男が、塾に通っていた女の子たちをターゲットにし、おぞましいような性的虐待を加えたひどい事件がありました。

安部譲被告より重い13年(15年だったかも)の実刑判決がでたものの、報道は新聞の片隅に判決内容だけ。ネットニュースにも全く出てきません。

塾講師の生徒への性的暴行事件で懲役13年の事件の報道が全くなかったわけです。

地方では、権力者にとって都合が悪いような事件が起きた時、報道規制がかかるということはよくあることなのでしょうか。

11年は短い!