勢多農林高校の伊藤有記さん命を奪った加害者や先生の名前や顔画像は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬県前橋市で電車に飛び込み自殺をした17歳の女子高生は、勢多農林高校(せたのうりんこうとうがっこう)の伊藤有紀さんだと地元の上毛新聞が報道しています。

本当にいじめが原因だったとすれば、ネットで悪口を書いていじめに加担した生徒や、伊藤有紀さんのSOSの言葉を相手にせずに無視した先生の名前は誰なのでしょうか。

いじめ訴えていた多くのメモ


2019年2月、学校で体調を崩し家族と病院に行った後、1人で電車の踏切に向かった伊藤有紀さん。

自宅に数十枚ものイジメ被害を訴えるメモが残っていました。

高校を卒業したら就職してパパとママの面倒を見ると言っていたという両親想いのやさしい有紀さん。夢は旅館の女将だったそうです。

明るく活発だった有紀さんですが、高校入学後すぐにいじめのターゲットにされてしまいました。

病院に通うようになったものの、体調が悪い日以外は学校を休みませんでした。

具体的ないじめ被害の内容を両親に話すことはほとんどなく、独りで抱え込み、メモに書き残していたようです。

両親が心配し声をかけても、はぐらかしていたという有記さん。

頭痛や腹痛などの体調不良に苦しみながらも、必死で耐えて高校に通い続けけ結果、今年に入り体調を悪化させてしまいました。

亡くなった2月1日は、学校から直接病院に家族と共に行き自宅に帰宅した後に、1人で電車が走る踏切に向かいました。

////////////////////////// // // //////////////////////////

勢多農林高校にはクラス替えがない!

勢多農林高校について、「高校クチコミサイト」の投稿の中で、いじめに関して気になる投稿がありました。

いじめとまではいかなくても、クラス内であの子を避けようと決めて、避けていた人は必ずクラスに一人はできていました。

やはり、3年間クラス替えがないのはかなり厳しいことです。

また、女子の場合だと特にグループ形成が熾烈で、どこかのグループに属さないと、確実にぼっちになります。

これは、部活動などをやっていたとしてもぼっちになります。やはり、部活よりクラスにいる時間のほうが長いですからね…

みんなの高校情報「勢多農林高校」より引用

「クラスがえが3年間ない」としたこの口コミは、2017年5月の投稿です。

学科ごとの募集定員を見ても、20名~40名の募集定員の学科が10コースもある勢多農林高校。

つまり、1学年に10クラスあり、全てのクラスの学習カリキュラムが異なる高校です。定員割れを防ぐことが、クラスを細かく分ける目的の1つにあるのかもしれません。

伊藤有紀さんは、高校入学当初からネットいじめに苦しんでいました。クラス替えもなかったとすれば、本当につらい日々だったと思います。

勢多農林高校は田舎にある偏差値が40ぐらいの学校です。

学力の低い学校ほど、他人の気持ちがわからずいじめをするような生徒が存在する可能性が高いことは誰もが知っています。

大学進学という目標があるわけでもない高校生たち。

集団で1人ターゲットを決めて、仲間外れにすることを楽しいと考えるようなレベルの生徒がいることが「珍しい、特殊だ」とは思う人はあまりいないでしょう。

伊藤有紀さんは2年生の2月までは頑張って高校に通っていました。ただ、このまま3年に上がったとしても、「クラス替えがない」うえに、「先生が信じてくれない」という環境。

本当にかわいそう・・

////////////////////////// // // //////////////////////////

先生を信用した結果

必死の思いで勢多農林高校先生にいじめ被害を訴えた伊藤有記さんにとって、先生が味方になってくれなかったショックは計り知れないものだったと思います。

メモには、「先生は私の言葉を信じてくれなかった。ネットで悪口を言われているのは本当なのに」と残していました。

両親には迷惑や心配をかけたくない、でも信用できる誰かに助けてほしい・・すがる思いで勢多農林高校の先生にいじめ被害を訴えた伊藤有紀さん。

有紀さんが信頼できる相手として選んだ勢多農林高校の先生は、残念ながら教師という職業で「あるべき人格者としての先生」の人ではなかった。

「そうか、すべて私が悪いのか。もういいや、私もう」と残した有記さんの絶望感・ショックは想像を絶します。

////////////////////////// // // //////////////////////////

ボイスレコーダーで大切な人を守る

いじめ被害で苦しむ人に、お勧めしたいのがボイスレコーダーを常に持っておくこと。

いじめ被害にあったことを信じてもらうためにも、損害賠償を請求するためにも、絶対にボイレコが必要な時代です。

例えば、下記の楽天で一番売れているボイスレコーダーは、ポケットに入れておけばいつでも誰にも気づかれずに録音できます。1つ2500円で買えます。

?me id=1338543&item id=10000008&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400 mall%2Ffrontfield%2Fcabinet%2F05566687%2F05599154%2F05599155%2Fic 003m 01.jpg%3F ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400 mall%2Ffrontfield%2Fcabinet%2F05566687%2F05599154%2F05599155%2Fic 003m 01 - 勢多農林高校の伊藤有記さん命を奪った加害者や先生の名前や顔画像は?

私は自分も含めて、子供たちにも1つずつ持たせています。

いじめや暴行など、他人の悪意に苦しむぐらいなら、絶対にボイスレコーダーは持っておくべきです。

先生の立場になれば分かる

学校の先生たちを「性善説」で考えることが間違っています。

「正義」や「事実」が優先される場所であることを前提に先生を見ていると、自分や大切な人が傷つく結果を招いてしまう危険性があります。

問題が起きれば、「もみ消し」「無視」するのが当たり前です。

先生が悪いと批判するつもりは全くありません。

税金で生活する人たちがやっている職業なんです。「ことなかれ主義」で仕事をする人たちが成るのが先生です。それを忘れてはいけないし、子どもにも伝えないといけない。

先生になろうと思った、若い日のきっかけや志の「理想」を追いかけられる人が、現実の先生の中にどのぐらいいるのか?

学校の先生たちは本当に恐ろしく忙しくストレスフルな毎日を過ごしています。話を聞かず問題ばかり起こす生徒もですが、モンペと呼ばれる自己中心的で非常識な保護者を相手にしながら、プライベートを犠牲にして生きる職業が学校の先生です。

生徒がいじめ被害を訴えてきても、証拠でもなければ相手にはしてくれないのは当然なんです。

いじめ被害を訴えられても、優先順位がいきなり上位にくることはありません。時間がないんです。

それを子供にも「上手に」伝えないといけません。

その当たり前の事実を知っておけば、「先生に裏切られた」なんて傷つくこともないのではないか。

ボイスレコーダー1つで自分の身や愛する子供を守る。

情報を拡散する手段はネットにいくらでもあるわけですから、特にいじめについては公務員生なんかを頼らず自衛すべきだと思います。

「〇ねと言われた」同一人物か!

電車にはねられる1週間前に、同級生からの暴言について母親に相談していた、伊藤有紀さん。

当ブログにも「同じ言葉」でのコメントがさっそくありました。脅しのような言葉もあります。

伊藤有紀さんはネットでの悪口に苦しんでいました。匿名をいいことに、ネットで暴言を吐き暴れる人たち。

こんな人たちのせいで、伊藤有紀さん17歳の命が奪われたかと思うと、本当にやりきれません。

勢多農林高校の加害者や先生を特定か!

先日、大津高校のいじめ自殺で加害者への賠償を命令する画期的な判決も出ました。いじめの加害者やそれを放置した先生が逮捕されることはまずないわけですから、社会的制裁・賠償責任は負わせるべき。

加害者の生徒や先生の情報を追記していきます(続きます・・)