石原信明容疑者は暴力団からクスリを入手か!逮捕まで半年かかった理由とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都渋谷区で遺体で発見された五十嵐友理(いがらしゆり)さんに致死量の100倍もの覚せい剤を摂取させたとして逮捕された石原信明(いしはらのぶあき)容疑者。

渋谷区神泉町の一等地に自宅を持ち、監視カメラやシャッターでプライバシーを守っていた石原信明容疑者はどういう人物だったのか。

石原信明容疑者のプロフィール

名前:石原信明(いしはらのぶあき)

年齢:69歳

住所:東京都渋谷区神泉町

職業:不動産会社の社長、税理士

不動産会社の名前は「総合都市開発」で、石原信明容疑者は、「会長職」だったのではないかと言われています。

容疑:2018年7月22日、渋谷区神泉の石原容疑者の自宅で五十嵐ゆりさんに致死量の1000倍の覚せい剤を飲ませ殺害した。

認否:容疑を否認している

////////////////////////// // // //////////////////////////

暴力団から覚せい剤を手に入れた?

石原信明容疑者は、致死量100倍の量の覚せい剤を五十嵐友理さんに飲ませて容疑がかけられています。末端価格で200万円~400万円もするクスリの量です。

要塞のように監視カメラやシャッターなどで囲っていた渋谷区神泉の自宅。何から守っていたのでしょうか。脅されるようなことがあったのか。

仕事は不動産業社長ですが、普通に生活している人の自宅とは思えない厳重なセキュリティーは異様です。

暴力団と関わりがあったのかはこれからの捜査で警察が確認することですが、暴力団とのかかわりがなかったとしても、後ろめたいことなどがありそう。

////////////////////////// // // //////////////////////////

逮捕まで半年以上かかった理由

五十嵐ゆりさんがなくなったのは、去年2018年の7月22日です。それから7カ月以上たっての逮捕は時間がかかりすぎています。

五十嵐さんが亡くなったのは石原信明容疑者の自宅ですし、通報したのも石原信明容疑者です。旦那さんも最初から犯人を特定しているかのようなSNS告発をしていました。

覚せい剤と石原信明容疑者との関係を見つけられなかったという話もあります。

大量のクスリを日本酒など酒にまぜて摂取させてのであれば、自宅に痕跡が残りそうなものですが、手がかりが全く残っていなかったため、石原信明容疑者の自宅で亡くなったという特定ができなかったのかもしれません。

ラインなどで、友人に「薬を勧められている」「断ったが、日本酒に入れられて飲まされた」「警察にいく」などと送っていた五十嵐ゆりさん。

警察が逮捕まで半年以上かかったことに何か深い意味があるのかもしれません。

////////////////////////// // // //////////////////////////

五十嵐友理さんは派遣型風俗勤務か!

五十嵐友理さんは過去にテレビに出演したことも分かっていますが、ホストクラブで知り合った男性と結婚し、風俗店に勤務していたのではないかという話もでてきています(続きます・・)

五十嵐友理テレビ出演時の動画!職業はネイリスト後に派遣型風俗でホストと結婚?