Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アポ電地域を警視庁ツイッターが公開!渋谷区で役所職員手口が多い実態!

東京都江東区の高齢者80歳の加藤邦子さんが狙われた「アポ電」強盗事件。犯人は渋谷区初台と笹塚で起きた事件と同じ手口で、オレオレ詐欺グループによる犯行だったと言われていますが、アポ電がかかっている都内の地域を警視庁がツイッターで公開しています。

 

東京都内では特殊詐欺(オレオレ詐欺)の受け子逮捕が相次ぐ中、アポ電強盗の疑いがある不審な電話が首都圏で激増しています。

加藤邦子さんにも犯行前にアポ電があった

被害者:加藤邦子さん

年齢:80歳

住所:東京都江東区東陽5のマンション3階

容疑者:男3人。所沢ナンバーの軽自動車で逃走。

渋谷でもアポ電が2件発生

アポ電強盗事件がオレオレ詐欺に続く高齢者を狙った凶悪な犯罪なのか。

 

アポ電強盗事件の共通点です。

  • アポ電と呼ばれる、現金が自宅にあることを確認する電話をしていた
  • お金を持っていると身なりからも推測できる高齢者をターゲットにしている
  • いずれも3人組でフードやマスクで防犯カメラを意識して顔を隠している
  • 目撃された車が所沢ナンバーの軽自動車
  • 被害者の手足をしばっていることから、強盗に入ったときに同じ手口で高齢者をしばり、金のありかを聞き出していたのではないかと考えられる

オレオレ詐欺が稼げなくなった結果か!

オレオレ詐欺の逮捕者が相次いだ2018年。特に東京都内の詐欺グループを逮捕する報道が相次いでいました。

 

現金を受け取る役の受け子を張り込み逮捕し、そこから詐欺グループのアジトを突き止めて一網打尽にする警視庁の作戦により、特殊詐欺の被害額が減少に転じた2018年。

 

「受け子が現金を受け取る」ときに検挙されるなら、現金を受け取らずに、奪いに行けばいいと考えたのでしょうか。アポ電で現金を用意させたうえで、強盗に入る手口が東京都内で急激に増えています。

警視庁がツイッターでアポ電公開!

警視庁がアポ電があった地域をツイッターで更新し、高齢者にアポ電に気を付けるように呼び掛ける取り組みが始まりました。

 

3月5日の警視庁犯罪抑止対策本部のツイッターです。

渋谷区で7件と最多で、手口では役所の職員を装った電話が多いようです。

 

高齢者はツイッターをやっていない可能性が高いですし、家族が教えてあげてツイッターで上記のアカウントをフォローし毎日でも確認するよう話をしてあげるといいですね。

衝撃の事件
パラレルニュースをフォローする
パラレルニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました