Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

橋本佳歩容疑者インスタ美人と田中聡の関係!鶴見区担当の無責任さがヤバい!

横浜市鶴見区の橋本佳歩(はしもとかほ)容疑者と同居の田中聡(たなかさとし)容疑者が3歳の娘に熱湯をかける大やけどを負わせながら、ラップにくるんでパチンコに行き、5歳兄が助けを求めた事件。

 

もう少し発見が遅ければ命を落とす重傷だった3歳娘より、パチンコやインスタ自撮りを優先する橋本かほ容疑者とはどのような女性なのか?

 

また、鶴見区の担当者が行動を起こさなかった理由は?

橋本かほ容疑者と田中聡容疑者の関係

https%3A%2F%2Ftwitter - 橋本佳歩容疑者インスタ美人と田中聡の関係!鶴見区担当の無責任さがヤバい!

母親の橋本佳歩(はしもとかほ)は22歳で仕事なし。子供を保育園に通わせていたので、報道されにくい女性の仕事をしていた可能性もなくはありません。

 

いずれにしても、運転手の仕事をしていた21歳の田中聡容疑者の家に、女を使って転がりこんでいたようです。

2018年5月に草加から横浜へ

埼玉県草加市に、5歳の長男と3歳の長女と一緒に住んでいた橋本佳歩容疑者。17歳で子供を産んでいるわけですから、高校にもろくにいっていない可能性があります。

 

2人の子供の父親について誰なのかは報道されていません。大阪で夫からDVを受けて埼玉に引っ越していますので、大阪にいる男だと思われます。

 

いずれにしろ、「恋愛→結婚→出産」の常識的な過程を経ずに、子どもが2人いたシングルマザー。

 

どういう生い立ちで、小中学校時代はどんな女の子だったのか。家庭環境はどうだったのか。

 

これから明らかになっていく部分ではありますが、眉をひそめたくなるような10代を過ごしてきたのでしょう。愛された経験がないのかもしれません。

 

大阪のDV夫から逃れ、埼玉草加に移り住んでいる時から児童虐待の可能性を疑われていた橋本佳歩容疑者。

 

知り合った田中聡容疑者の自宅アパートがあった横浜市鶴見区に子供たちを連れて移住します。

 

田中聡容疑者は21歳で自称運転手という仕事をしていた若者です。子供が2人いる橋本佳歩容疑者をわざわざ草加から呼び寄せて、一緒に暮らした理由は何だったのか。

 

橋本佳歩の外見上の女性としての魅力以外にはちょっと思いつきません。

親族も体罰を心配するも、鶴見区が動かない

2018年11月に、「子育てに悩み、子供に怒鳴っている」と橋本佳歩容疑者のことを鶴見区に相談していた親族。

 

怒鳴るだけで相談するとは思えません。

 

草加にいたときから体罰・虐待していた「22歳の子供より自分大好き娘」がいつか大事件を起こすのではないかと心配していたのではないか。

 

つまり、予兆はあったわけです。3歳の女の子が大やけどをしてしまった背景には、法律の整備の遅れと周りの大人の責任感欠如がありました。

 

船戸ゆあちゃんや栗原みあちゃんと同じことが繰り返されます。

 

2019年1月末になり、横浜市鶴見区のこども家庭支援課の職員が、橋本佳歩容疑者の自宅を家庭訪問します。しかし、このとき対応したのは田中聡容疑者だけでした。

 

「特に変わった様子はなし」としてしまった鶴見区の担当者。タイミング的には、栗原勇一郎容疑者が逮捕され大騒動になったタイミングです。

 

そのタイミングで、虐待疑いのある橋本佳歩に会いもせずに「変わった様子なし」とした横浜市鶴見区の担当職員。

 

3月2日、保育園の説明会に橋本佳歩容疑者は出席しません。

 

保育園から橋本佳歩容疑者が説明会に来なかったことを聞いた鶴見区職員、「家庭訪問にもう一度行かないといけない」という話があがったと会見で言っていました。

 

「言ってはいた」が「行ってはいなかった」

 

鶴見区の児童保護担当者。

 

これだけ児童虐待が問題になっている中でも行動を起こさなかった、公務員の責任感の概念には本当に驚きます。

 

3月4日の夜、パジャマ1枚でびしょ濡れになりながら、妹の命の危険を感じた5歳の長男。近所の男の人の手を強くにぎり、自宅へ引き連れていきました。

 

肌がラップにくっつく状態だった全治3か月の重傷を負った3歳の幼児が救出されました。「お兄ちゃんと離れたくない。1人になりたくない」と救出されるときに泣いてお願いした3歳の妹。こちらも涙が出ます。

 

アパートの大家は、「あと少し発見が遅れていれば、取り返しのつかないことになっていたかもしれない」と話していました。

 

助けた男性は、「意識がないようだった。ぐったりしていた」と話していました。

 

万が一手遅れになるようなことがあったら、橋本佳歩容疑者や田中聡容疑者だけでなく、横浜市鶴見区の担当者も柏児童相談所と同じような状態になったことも考えられます。

 

柏児童相談所や野田市教育委員会の会見も本当にごく最近の話。

 

情報番組やワイドショーのコメンテーターからも袋叩きにあい、「柏児童相談所の所長の憔悴ぶりは命の危険もある!」とまで騒がれていたのを見ていたはずの鶴見区の職員。

 

それでも、「対応はしていた」と言い訳し、家庭訪問しても橋本佳歩と会いもせずに「問題なし」としていた鶴見区の担当者をどう思いますか?

 

児童虐待を禁止する法律整備が議論されていますが、罰則のない法律を作るだけでなく、事なかれ主義で他人事でしか考えられない公務員に、子供の安全を守る責任感が前提となる仕事を任していいのかを議論してほしい。

17歳で子供を産む家庭環境が原因か!

橋本佳歩の顔写真・動画!DV夫から逃れ、子供に虐待し男と遊ぶ母画像!

橋本佳歩容疑者のインスタグラムは、カメラ目線で水着などを着てポーズをとる写真や自分のドヤ顔画像をアップで撮影している写真があります。

 

「オムツ離れが兄より遅い」とオムツ代を惜しみ虐待する女、17歳で子供を産むような女がわが子よりも、男遊びやパチンコする背景には何があるのか。

 

虐待する親に育てられた子供は、自分が親になっても虐待するのが当たり前だと考えると言われています。

橋本佳歩の顔写真・動画!DV夫から逃れ、子供に虐待し男と遊ぶ母画像!

 

児童虐待報道は、わが子に虐待した保護者の親がどういう教育をして育てたのかや家庭環境について報じるなど、「虐待の負の連鎖」をクローズアップすることで、少しでも虐待抑止になるのではないか。

虐待
パラレルニュースをフォローする
パラレルニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました