田畑毅衆院議員の文春砲第2弾内容の未成年被害女性証言がヤバい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性問題で自民党を離党した田畑毅議員が議員辞職願を提出しました。会見も開かず雲隠れしたままの田畑議員に疑問の声が上がっていましたが、その理由が週刊文春第2弾の報道で分かりました。

準強制性交罪で刑事告訴されている田畑議員の未成年女子高生との関係は、強制性交等罪のより重い罪の可能性もあるという文春の報道内容とは?

女子高生とミクシィで出会った田畑毅議員

週刊文春の報道によると、

日時:2010年

場所:錦糸町にある田畑毅議員(当時は行政書士事務所)の自宅兼事務所

被害者:当時16歳の高校2年生の少女

出会った経緯:ミクシィを通じて田畑議員がメッセージを送り出会った

女子高生が田畑議員に会った理由は「大学受験を控えていて悩みを聞いてくれるかもしれないという気持ち」からだったということですが、要は援助交際ということでしょうか?

////////////////////////// // // //////////////////////////

強制性交等罪はヤバすぎる!

2017年7月の法改正で、「強姦罪」の名称が変わったものが、「強制性交等罪」です。「性交等」という名前の通り、性犯罪をより厳罰化するために改正された法律。

逮捕・起訴されれば、ほぼ間違いなく有罪になる強制性交等罪。罰金刑はなく、5年以上の懲役の罰則になります。時効は10年です。

週刊文春が報じている内容が事実であれば、2010年から10年の時効は過ぎていませんので、逮捕・起訴される可能性もある田畑毅衆院議員。

自民党離党で雲隠れ中の現在、野党は「議員辞職を!」と言っていますが、相次ぐ女性へのわいせつ行為で議員辞職どころではなくなるのではないかという声も出てきています。

////////////////////////// // // //////////////////////////

田畑議員が議員辞職願を提出

週刊文春の報道がでたのが2月27日夕方。その後2時間足らずで田畑議員は議員辞職願を出しました。

クリスマスイブに会っていた名古屋女性に加え9年前の女子高生を出してきた週刊文春の報道。

一連の報道の流れは、週刊文春の計画性が感じ取れますが、どこからが「計画」した報道なのでしょうか。本当に恐ろしすぎる週刊誌。

////////////////////////// // // //////////////////////////

文春報道第2弾の詳細