江河和彦署長が息子と祇園クラブとの金銭トラブルを苦に定年直前に自殺の真相は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月18日、週刊誌週刊新潮に息子の金銭トラブルを報じられた翌週に自殺した京都府木津警察署の江河和彦(えがわかずひこ)署長。

祇園クラブと金額トラブルがあった江河和彦署長の息子の名前や顔画像はあるのか。金銭トラブルの内容や定年直前に自殺した理由は何だったのか。

長男は転売で8000万円の被害を与えていた

毎日新聞の記事です

週刊新潮の2月21日号は「祇園ママが警察署長に“請求書”」の記事を掲載。

祇園のクラブの話として、従業員だった江河署長の息子が酒を勝手に転売するなど8000万円の被害を受けた

▽4500万円の返済を求め、江河署長は連帯保証人となったが、分割弁済の最初の100万円を振り込んだだけで訴訟トラブルになっていた――

などと報じていた。府警は「週刊誌が報じた内容については答えられない」としている。

毎日新聞より引用

祇園クラブに出入りしていた江河署長の息子が犯した罪は横領でした。

祇園クラブでアルバイトをしていた長男はお店にある高級なお酒を転売して荒稼ぎ。8000万円もの損害を与えてしまった息子の横領の事実をしった父親の江河和彦署長は4500万円の支払いを約束。

毎月支払うことや退職金で支払うことを約束し連帯保証人になったにも関わらず最初の100万円しか振り込まなかったそうです。

100万円をかえしてほしいと民事訴訟まで起こしていました。

////////////////////////// // // //////////////////////////

江河和彦署長が自殺した理由は屈辱か正義感か

なぜ定年直前に自殺しなければならなかったのか。お金の問題より、警察官として生きてきた人生において、息子が祇園クラブとの間に金銭トラブルを起こしてしまった事実や週刊誌に掲載されたことが許せなかったのか。

まさに、「不徳の致すところ」ということでの自殺だったのでしょうか?

京都府木津警察署の署長という立場。

定年退職まで2カ月足らず。40年近く京都府民のために尽くし、必死に働いてきた警察署長の自殺は衝撃すぎます。

息子が週刊誌に載ってしまったことに対する世間からの目に耐えられなかったのかもしれませせんが、それでも死んでしまうなんて・・・

////////////////////////// // // //////////////////////////

なぜ民事訴訟を起こしたのか?

4500万円のうち100万円しか支払わずに返済をやめ、祇園クラブに対してその100万円を返すように民事調停をしていた江河署長。

息子の刑事罰を避ける代わりに、自ら連帯保証人になって返済していくことを約束したはずだったのに、「100万円を返せ」と民事訴訟を起こしたのはなぜだったのか。

祇園クラブからすれば、横領された損失を取り戻すことが第一ですから、息子が払えないなら父親、父親が払はないなら「出るとこ出る」となるのは当然ですよね。

昨年11月、自宅が同僚である警察の家宅捜索を受け、息子は書類送検されました。

犯罪を取り締まり、犯人を逮捕することに命をかけてきた人生を生きた京都府警津警察署の署長。信じがたい現実をつきつけられ、気が狂うような屈辱感に打ちひしがれていたのかもしれません。

そして、連帯保証人の自分が死ぬことで「息子に自分自身で解決しろ」と「犯罪を犯した息子の責任をとる」という最後の「親」と「警察官」としてのメッセージを残したのか。

////////////////////////// // // //////////////////////////

江河和彦署長の息子の名前や顔画像

今のところ報道がありません。警察官の息子ですし顔画像まで報道される可能性は少ないかもしれません。