増田ルミ子容疑者夫は毎日新聞常務の増田耕一氏で読売新聞との関係は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

覚醒剤取締法違反で逮捕された東京都中央区の広告会社社員増田ルミ子容疑者が、毎日新聞社常務の増田耕一氏の妻だと言われています。

兵庫県警に逮捕された増田ルミ子容疑者は、東京都新宿区の自宅マンションに覚せい剤を隠しもっていたわけですが、読売新聞本社の机を借りていた経緯や、今後新たな逮捕者がでる可能性があるのか。

////////////////////////// // // //////////////////////////

増田ルミ子容疑者プロフィール

名前:増田ルミ子(ますだるみこ)

年齢:46歳

職業:広告制作会社社員

逮捕容疑:覚醒剤取締法違反(所持)の疑い

毎日新聞社の常務取締役は、「東京本社代表本店管理担当、増田耕一」です。他に「増田」という名前の常務はいませんし、この増田耕一氏が逮捕された増田ルミ子容疑者の夫で間違いないようです。

毎日新聞社の常務取締役を夫に持つ増田ルミ子容疑者は、広告制作会社に勤めている会社員でした。

自分の妻が覚せい剤密売グループの客の1人だったという事実を、毎日新聞の常務取締役の夫はどう受け止めているのか。常務だけでなく、毎日新聞関係者にとって衝撃の逮捕。

////////////////////////// // // //////////////////////////

なぜ毎日新聞常務の妻が読売新聞の本社に?

2月7日、兵庫県警は増田ルミ子容疑者が職場として使っていた東京都内の読売新聞本社を家宅捜索しています。

なぜ、読売新聞本社を家宅捜査されたのか。

増田容疑者が勤めていた広告制作会社が読売新聞東京本社の関連会社の取引先で、増田ルミ子容疑者は読売新聞本社の机を借りて使用していました。

その机の引き出しから、証拠品としてメモが6枚見つかり警察が押収しているという報道です。

読売新聞は「取引先に貸した作業用の机の引き出しが警察の捜査を受け、大変迷惑をしている」とコメントを発表。

「毎日新聞社の常務取締役の妻がなぜ読売新聞の本社で?」とも思う報道でしたが、ただの偶然だったようです。

それにしても、毎日新聞の取締役の妻が読売新聞の会社内で働いていたことには驚きますよね。読売新聞側は知っていたのか。

お互いに周知の事実だったのならいいですが、その可能性は低いのでしょうか。

////////////////////////// // // //////////////////////////

増田ルミ子容疑者の顔画像

コメント

  1. 波平健 より:

    覚醒剤の生産地は北朝鮮です。日本国内での販売元締めは、朝鮮総連に関係者で、神戸山口組系のマル暴です。