栗原なぎさが傷害なら教育委員会・児相・小学校は業務上過失致死か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県野田市で10歳の長女心愛さんを虐待死させた栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)容疑者にの妻で心愛(みあ)ちゃんの母親である、栗原なぎさ容疑者が傷害容疑で逮捕され衝撃が広がっています。

母親が傷害なら、小学校や児童相談所・教育委員会の担任や担当者・責任者の容疑はどうなるのか?懲戒免職処分などではなく、刑事罰が必要なのではないか。

栗原なぎさ母親を傷害容疑で逮捕!

2月4日午前、栗原勇一郎容疑者のDV被害者だと考えられていた母親が、娘を守らなかった「傷害容疑」で逮捕されました。

千葉県野田市で小学4年生の女子児童が死亡し、父親が逮捕された事件で、警察は31歳の母親を傷害の疑いで逮捕しました。

この事件は先月24日、野田市の小学4年生、栗原心愛さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかったものです。

父親の勇一郎容疑者は服の上からシャワーで冷たい水を浴びせたり、首のあたりをわしづかみにしたりするなどしてけがをさせた傷害の疑いで逮捕されました。

警察は、母親のなぎさ容疑者(31)についても勇一郎容疑者の暴行を知りながら止めなかったなどとして、傷害の疑いで逮捕しました。

心愛さんは勇一郎容疑者となぎさ容疑者、1歳の妹の4人暮らしで、事件当日は全員が自宅にいたということで、警察は詳しく調べる方針です。

TBSニュース「千葉・小4女児虐待 母親も逮捕」より引用

名前:栗原なぎさ

年齢:31歳

住所:千葉県野田市山崎

逮捕容疑:傷害容疑

栗原勇一郎容疑者の妻なぎさ容疑者については、一度栗原勇一郎容疑者と離婚しながら、再婚し次女を産んでいることからも、「偽装離婚では?」という見方も当初からネットではありました。

栗原勇一郎容疑者となぎさ容疑者は糸満市に住んでいた2011年10月に一度離婚。しかし6年後の2017年2月に同じ相手の勇一郎容疑者と再婚。

学校も児相も教育員会も見殺しにした心愛さん

栗原勇一郎容疑者から心愛さんを守らなかった、周りの大人たち。虐待で亡くなった心愛ちゃんは父親のいじめを必死に訴えていました。

10歳の女の子の悲痛な叫びを無視し続けた、小学校の先生、教育委員会の元先生、児童相談所の職員。栗原勇一郎という「異常者」を認識しながら、父親の暴力・虐待に苦しんでいる心愛ちゃんの辛い実態を目の当たりにしても救おうと動かなかった大人。

1.心愛ちゃんを一時保護しながら異常者の父親に返してしまい、家庭訪問さえしない児童相談所。

2.「お父さんがいじめる」心愛ちゃんの助けてほしい気持ちを書いたアンケートを「父親がこわかった」と勇一郎容疑者に渡してしまった教育委員会の担当者。アンケートも改ざんしていたのか。

3.心愛ちゃんの父親に脅され、念書を書いていた校長。

4.年始早々2週間も学校を休ませたみあちゃんの父親の明らかなうそを誰にも報告すらせず、勉強の遅れなど気にせず、ほったらかしていた二ツ塚小学4年生の担任。

5.虐待疑惑があった心愛ちゃんの学区を越えての転校に許可を出した役所の担当者。せめて、転校するときに心愛ちゃんに対して虐待のことを聞くぐらいのことはしたのか。

6.山崎小学校のアンケートをとった担任はみあさんのことを気にかけなかったのか。父親の虐待について、転校先の二ツ塚小学校の担任に連絡を取り、情報を共有したのか。

子供にかかわる仕事をしている大人たちの無責任さ。事なかれ主義・お役所仕事の公務員に子供を守る仕事をさせている日本。昭和型教育が根底にある教育界では仕方がないのか?

教育改革が簡単にできないのであれば、10歳の女の子を見殺しにした刑罰を妻の栗原なぎさ容疑者同様与えるべきではないのか?

児相や教育委員会、学校関係者の刑罰は?


栗原なぎさ容疑者は傷害容疑での逮捕ですが、心愛ちゃんを助けなかった児童相談所・教育委員会・小学校の関係者を逮捕し立件するなら、業務上過失致死や守秘義務違反、業務不履行か。

または、栗原なぎさ容疑者同様、守れるはずの女の子を守ろうとしなかった「傷害」容疑で逮捕することができるか。

矢部雅彦次長、柏児童相談所、小学校校長が心愛ちゃんを見殺しに!

児童虐待死のような悲劇を繰り返さないために、無責任な教育関係者を逮捕・起訴し裁判にかけることができるのか・・

コメント

  1. より:

    二瓶さんは、1回目の会見と、2回目の会見では印象が違いますね。
    2回目で大変なことになったことがやっと理解できたのでは?危機感なさすぎ。それが、自分の立場を追い詰めてゆくのはわからなかったのかな?ばかすぎて、少しかわいそう。

    一時保護のときに、なぜ父親方の親戚に預けた?しかも冬休み。よりによってだ。父に暴力を受けているといったのに。接触するの簡単だよね?
    お父さんに暴力されたのは、うそと書かされていたと聞いているのに、なぜ保護しない?
    そのあとほったらかし。家庭訪問せず。
    父方の親戚に預けられているとき、虐待のあとなしとのことで、家にもどす。
    父親と会ってないから、虐待されてないのは想像できるよね?
    お父さんから、暴力受けているとみあさんは言っていたよね?
    二瓶さんは何考えてるのだ?
    あざや傷がみえない?
    背中を蹴られると言ってるのだから、女性職員に確認してもらえばいいじゃないか。
    へんなやつばっか。
    関わった大人たちの処分はどうなるのかみとどけたい。
    あと、児童相談所と警察のワンセットで児童虐待には取り組んでほしい。
    包丁とか持ちだされたら、武術とか児童相談所の人ならってないよね?
    そしたら、怯んじゃうすきに子供を奪還されちゃうこともあったり、怪我人でちゃったりするから。
    あと、必ず、虐待の兆候があったら、児童相談所、教育委員会、学校双方誰が誰に連絡したかのチェック表をつくる義務ずけをしてほしい。
    仕組みをつくれば、頭のはたらかないばかがいても、少しはましになるだろう。
    いつも記事ありがとうございます。
    担当の処分、今回の件のこれからの対処を私は見届けたいです。
    もう二度とこのような悲しいニュースは見たくありません。
    どんな子も、幸せに育ってほしいです。