Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

栗原なぎさ容疑者顔画像・動画!勇一郎と偽装離婚がバレて再婚か?

公務員の不祥事・逮捕

千葉県野田市で10歳の長女心愛さんを虐待死させた栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)容疑者にの妻で心愛ちゃんの母親である、栗原なぎさ容疑者が傷害容疑で逮捕されました。

 

栗原なぎさ容疑者の顔画像や動画もですが、栗原勇一郎容疑者と一度は離婚しながら再度結婚した理由は偽装離婚の失敗だったのではないかという見方がでてきています。

 

栗原勇一郎容疑者に続き嫁も傷害容疑で逮捕

2月4日午前、衝撃的なニュースが報道されています。

千葉県野田市で小学4年生の女子児童が死亡し、父親が逮捕された事件で、警察は31歳の母親を傷害の疑いで逮捕しました。

 

この事件は先月24日、野田市の小学4年生、栗原心愛さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかったものです。

 

父親の勇一郎容疑者は服の上からシャワーで冷たい水を浴びせたり、首のあたりをわしづかみにしたりするなどしてけがをさせた傷害の疑いで逮捕されました。

 

警察は、母親のなぎさ容疑者(31)についても勇一郎容疑者の暴行を知りながら止めなかったなどとして、傷害の疑いで逮捕しました。

 

心愛さんは勇一郎容疑者となぎさ容疑者、1歳の妹の4人暮らしで、事件当日は全員が自宅にいたということで、警察は詳しく調べる方針です。

TBSニュース「千葉・小4女児虐待 母親も逮捕」より引用

 

栗原勇一郎に続き、ドメスティックバイオレンスの被害者であったと思われていた妻の栗原なぎさ容疑者が「傷害容疑」で逮捕。

 

名前:栗原なぎさ(くりはらゆういちろう)

年齢:31歳

住所:千葉県野田市山崎

逮捕容疑:傷害容疑

 

 

出典:TBSニュース「心愛さん事件 母親を逮捕、父親の暴行“手助けした”疑い」

心愛ちゃんは自分の身代わりだった

逮捕された栗原なぎさ容疑者は、「旦那の暴力から自分を守るために、娘の心愛が殴られるのは仕方なかった」と供述しています。

 

自分の娘の心愛ちゃんを父親の暴力から守ることをあきらめていた母親。「子供のために自立しよう」と考えることすらできず、勇一郎容疑者の恐怖に支配されていた。

 

次女が生まれたのも、望まない結果だったのかもしれません。

栗原なぎさ容疑者の家族構成

夫氏名:栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)

年齢:41歳

職業:沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)東京事務所職員

 

長女氏名:栗原心愛

年齢:10歳

学校:野田市立二ツ塚小学校4年生

 

次女1歳。心愛ちゃんの妹

 

栗原なぎさがDV夫と再婚した理由は妊娠で偽装離婚がバレたから?

栗原勇一郎容疑者となぎさ容疑者は糸満市に住んでいた2011年10月に一度離婚。しかし6年後の2017年2月に同じ相手の勇一郎容疑者と再婚。

 

なぜ、DV(ドメスティックバイオレンス)を受け、娘の心愛さんに暴力をふるい虐待していた栗原勇一郎容疑者と離婚できたのにも関わらず、復縁し再婚したのか?

 

次女の年齢は1歳、生まれたばかり。勇一郎容疑者との間の子供です。

 

信じられないDV虐待旦那と再婚した栗原なぎさ容疑者に、離婚そのものが「偽装」だったのではないかという見方も出てきています。

 

偽装離婚により母子家庭への公的なお金の支援を受けようと考えていたのが、なぎさ容疑者が次女を妊娠したことで隠せきれなくなり再婚したということなのでしょうか。

 

糸満市は栗原勇一郎容疑者のDV疑惑や子供への虐待疑惑を疑っており、何度も栗原勇一郎容疑者宅を訪れようとしていました。そのたびに拒否していた勇一郎容疑者は、逃げるように糸満市から実家のある千葉へ移り住みます。

 

そして千葉県内でもまた虐待を疑われ、最後は野田市に逃げるように引っ越し。心愛ちゃんは帰らぬ人となってしまいました。

妻の栗原なぎさ容疑者が傷害容疑なら児相や学校は?

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”A さん”] 10歳の女の子を虐待死させるような男と一緒にいた母親は恐怖におびえていたんだろうが、悪人だったということなのかもね。

 

自分や娘の心愛ちゃんに暴力をふるうような男と別れることができながら再婚するって、信じられない。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”B さん”] 子供に手をあげたり性的対象にするようなろくでもない男は世の中に一定数いる。不幸にもそんな男と関わってしまった女性は、逃げるしかない。

 

離婚できたのに、また妊娠して再婚するんだから、心愛ちゃんを守る気がなかったことがわかる。奥さんの逮捕も当然だろう。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”C さん”] 妻もひどい人間だったんだな。心愛ちゃんが本当にかわいそう。ひどすぎる。妹の1歳女の子が何も覚えていないであろうことだけが救い。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”D さん”] 自分へのドメスティックバイオレンスに長女への虐待行為を容認していた妻。子供への虐待に偽装離婚失敗で沖縄糸満から千葉まで逃げ回る勇一郎容疑者と運命を共にした。逮捕も仲良く・・ [/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”E さん”] 栗原勇一郎容疑者は虐待だとは思っていない、しつけをしていたと供述する異常者。そんな旦那と離婚し再婚する女もまた異常。母親とは呼べず、犯罪者。栗原なぎさ容疑者の逮捕は当然。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”F さん”] 児童相談所や教育委員会の無責任な人たちも罰することができたらいいのに。アンケートを栗原容疑者に渡した教育委員会の担当者も「傷害に関与」していると言えるよね? [/speech_bubble]

自分の子供を虐待する心理

栗原勇一郎容疑者は「しつけだった」と供述しています。

 

虐待が周りにバレるたびに、沖縄糸満市から千葉県柏市、野田市と移り住んでいた栗原勇一郎容疑者一家。

 

栗原勇一郎容疑者には本当に虐待している意識はなかったのかもしれません。本気でしつけだと考えていた可能性もあるのかもしれません。

 

我が子への「虐待」を「しつけ」と考える親の特徴は、自分自身が親から虐待されたり、愛情を注いでもらえなかった人が多いと言われています。

 

心に大きな傷を負ったり、親からの愛情を受けることができなかった男性は、彼女や結婚した妻にDVをしたり、かわいいはずの自分の娘や息子に虐待を繰り返す。

 

子供がわがままで自分勝手なのはある意味当然です。でも、社会性がないことが許せないと考えてしまう「不幸な子ども時代を送った」親は、怒りの感情を伴って「しつけ」という名の「暴力」をふるってしまうことがよくあるようです。

学校も児相も守らなかった心愛ちゃん

栗原勇一郎容疑者から心愛ちゃんを守れなかったのか。

 

虐待で亡くなった心愛ちゃんは父親のいじめを必死に訴えていました。虐待を認めず学校を転校させる父親から、児童相談所や小学校に心愛ちゃんを守ろうと本気で考えてくれた大人がいたのか。

 

児童相談所は栗原勇一郎容疑者の虐待に苦しんでいる心愛ちゃんの実態を知りながら、一時保護から返した後、一度も家庭訪問をしていませんでした。

 

また、小学校も「沖縄の祖父母のところに行く」と2週間以上も学校を休ませる栗原勇一郎容疑者からの連絡を虐待に苦しんで転入してきた経緯を知っていたに関わらず、児童相談所に連絡するなどの行動を起こしていませんでした。

 

 

沖縄に行くというのはもちろんウソだったわけですが、「祖父母の具合が悪い」で新学期早々学校を2週間以上も休ませる保護者に「はい、分かりました」と小学校の担任は信じていたのでしょうか?

 

「お父さんがいじめる」と書いたアンケート用紙を栗原容疑者に渡していた教育委員会担当者の理由が、「栗原勇一郎容疑者がこわかったから」

 

教育委員会も含めて、「先生」と呼ばれる仕事をする公務員の無責任さに涙がでてきます。学校の先生・教育委員会・児童相談所の子供にかかわる仕事をしている大人が、もう少し責任感がある人だったらと悔やみきれません。

 

柏児童相談所の年収が低すぎる!二瓶所長のうそと逮捕立件できる理由とは?

 

そもそも、事なかれ主義・お役所仕事の公務員に子供を守る仕事を任すことが大きな間違い。

 

昭和型教育制度を残したまま平成後の新時代を迎える日本。教育改革が時代の変化に対応できずそのまま放置していることに問題がありそうです。

児相や教育委員会も逮捕・立件可能か?

なぎさ容疑者の傷害容疑の理由が、「母親として娘の心愛ちゃんを夫の暴力から助けるべきだったのに助けなかった」

柏児童相談所の年収が低すぎる!二瓶所長のうそと逮捕立件できる理由とは?

児童相談所や教育委員会、学校の無責任すぎる対応も傷害や過失致傷容疑といえるのではないのか?(続きます・・)

公務員の不祥事・逮捕栗原勇一郎と心愛ちゃん
シェアする
パラレルNEWS

コメント

  1. より:

    学区外の転校は、学務課を通さないとできません。
    虐待の可能性のある子供を市がなぜ転校させてしまったのか?
    その時みあさんに聞き取り調査したのか?
    そして、転校の際に申し送りはしたのか?
    山崎小学校のアンケートをとった担任はみあさんの行方が気にならなかったのか?
    二つか小学校の担任は2週間も休み、勉強はどうなるのか気にならなかったのか?
    一部で教育委員会による集計したいじめのアンケートの改ざんの記事をみかけた。
    それは、本当なのか知りたい。
    教育委員会や、児相は業務上過失致死にあたらないか?
    個人情報保護法や、守秘義務、業務不履行法律違反をたくさんしている。
    約束をやぶり、人が亡くなっているのだ。
    懲戒免職ではない、裁判にて裁かれることを望む。

  2. 在日コ恐い より:

    栗原の親は何を思うのだろうか?
    それともいないのか?
    やはりどうしようもない人
    私は虐待とかいじめてる人
    平気で犯す反省なしの人
    本人そして親は屑か社会のゴミと
    見ています。

  3. ミミ より:

    どうして死刑がないのか?!死ぬまでの長い時間虐待はどのくらい残酷と思ってる?!死刑がなく、裁判時間長引く、犯罪の奴らにしっかり三食、堂々っと犯罪して、なんのため?私たちが払った税金はこういう使われたくない!

  4. 大久保 秀夫 より:

    女児虐殺父親は、在日:帰化人か?娘は不倫:浮気の娘か?表面的な報道では伝わらない
    理由があるのか?自分女房:子供いないので推論できないです。しかしこの種の事件あまりに多い。”日本の男は野生クマオス並か?”と思われるとマズイ。ww2末期ごとく核兵器絶滅作戦決行される恐れあり。