細木かおり(数子後継者)六星占術の評判がヤバい!占いパクリの詐欺疑惑も!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細木数子氏の後継者である細木かおり氏が受け継いだ六星占術は、本当に他人の運命を言い当てられるのか?

テレビや芸能界では視聴率のために持ち上げてきたとされる細木数子氏の六星占術について調べてみたところ、いい評判はほとんどなく、厳しい口コミが多いようです。

////////////////////////// // // //////////////////////////

六星占術はパクリなのか疑惑

六星占術についての疑惑が多くネットには掲載されています。そのうち、いくつか引用します。

13年前の2006年の1月、細木数子氏の六星占術は「ゼロ学占星術」を真似ただけではないのかという記事。

また、細木の看板である占い手法“六星占術”。細木は六星占術を「長年の研究の末、独自に編み出した」と自著で説明していたが、「細木さんの六星占術は実は“0(ゼロ)学占星術”という占いのパクリといっていい。0学は土星、金星など12の星のタイプに分けて占いますが、六星占術は6つの星で占う。しかし、これは0学の星数を半分にしてプラスとマイナスをつけただけなのです」(ある占い師)
0学の方式や早見表は特許・実用新案として認可・登録されており、無断使用は許されないという。

細木数子を踏み潰すブログより引用

六星占術については「四柱推命のパクリなのか?」という声もいくつかありました。難しい言葉を多用して、いかに細木数子氏が四柱推命を発展させて六星占術を生み出したのかについて説明しているような記事もあります。

////////////////////////// // // //////////////////////////

六星占術の矛盾点とは?

六星占術の考え方について、計算式を示した上で、「10人中3人当たるのは当たり前」と主張している人がヤフー知恵袋にいました。

3年間もあれば人生の小転機は訪れるからいつか転機と大殺界が被るはず。みんな不幸になっているのか?

・六星占術の殺界が半数以上当たる人は、実際の運勢にパターンがないとしても10人中3人いる計算になる。信者になる人も同じくらいではないか?それは当たっていると言えるのか?信じる意味あるのか?

・六星占術を信じると幸せになるチャンスを見送ることになるのではないかと思う。幸せになるための六星占術ではなかったのか?

・大殺界の時でも現状を打破すべく行動する必要がある場合がある。その時に大殺界を理由にしない人の方が妥当な打開策を出しているのではないだろうか?

それぞれ順を追って説明しますが、伝えたいことを一言で書くと、
「大殺界、信じているから当たるのだ」
ということなのです。

まず、3年間もあれば進学とか就職とかあるでしょう。

中学校や高校はそれぞれ修業年限3年で、大学は4年。内部進学がなく、浪人・留年せず、大学卒業後そのまま就職するとするなら、必ずと言っていいほど、どこかの区切りもしくは受験勉強・就職活動の期間が大殺界と被ります(注1参照)。

大殺界は逃げるものではなく、時に応じて対処するもの、立ち向かうものだと思います。

次に、過去の12年の内、実際に悪かった期間が5年あったはずだと言われたら、そう言われて思い当たった期間と理論上の殺界(年の殺界で、大、中、小すべて)とが3年以上一致する確率は約31%となります(注2参照)。

六星占術がそこそこ当たる(たまたまなんですけどね)、そのような人が10人中3人いてもおかしくないということになります。
六星占術を知っている人は少なくないかと思いますが、それが当たると実際に言っている人は少ないのではと思います。

さて、六星占術を信じると幸せになるチャンスを見送ることになるのではないかと思います。

攻めの姿勢で進まないと幸せを掴めないということもあるでしょう。そのような時に「大殺界だから……」と思って何もしない人と、「大殺界とか関係ない」と思って(あるいは、そのような事を知らなくて)幸せを掴むために努力したり環境を変えたりする人と、5年後に幸せになりやすいのはどちらの方でしょうか。

もちろん、まだその時期ではないということも少なくないでしょう。
ですが、チャンスが大殺界の時に来たなら、そのチャンスは掴むべきではないでしょうか。

未来は何が起こるか分からなくて怖い。大きな物事に向けて今ふんだんに努力しているなら、なおの事でしょう。
そのような時に大殺界を信じて流れを狂わせて不幸になるのと、
今の蓄積が結果に結びついて未来につながると信じて幸せになるのと、
どちらが良くて、どちらを避けるべきか。それは明らかだと思います。

あと、大殺界の時に変化が必要になる場合もあるかと思います(現状維持は衰退を招くともいいます)。

運気が悪いと実感している時に現状打破を狙って環境を思い通りに変えてみると、問題大有りの環境を自ら組んでしまうという話もあるそうですが、それは原因から結果に向かうプロセスを(適切に)叩いていないからなのかもしれません。

事象を説明するのに、大殺界は必要ないです。

誤:「大殺界で不調です。」(あっ、そうなんだ…)
正:「最近何となく不調です。」(睡眠不足とかだろうか)

後者の方が問題解決に結びつきやすいでしょう。

以上から言えるのは、
大殺界、信じているから当たるのだ
ということです。

つまり、大殺界を信じて疑わない者は自ら不幸になり、他人も不幸にするということなのです。
大殺界を信じるから、不幸になるための選択を大殺界中にしてしまうということなのです。

大殺界ではものの見方がゆがむという主張があるそうです。これは大殺界時におかしな判断をする元凶となり得ます。

例えば大殺界の時に今まで進もうとしなかった進路に進みたくなったとします。

ある人にとってそれは、次に進むためのチャンスが来ているということなのかもしれません。
別の人にとってそれは、自滅につながる選択なのかもしれません。

チャンスを逃して一生悔やむのは不幸です。ですが自滅するのも不幸です。

今の思いに沿って行動すべきか分からない。そのような時には、自分の考えている選択について他の人と話してみると上手くいく場合があるようです。
自分のものの見方がゆがんでいると信じている人は、そこで地雷を踏みかねません。

大殺界信者の例:自分はものの見方がゆがんでいるはずだ→自分の考えに自信を持てず、進路選択の理由を明確に伝えるのが難しくなる→他の人も通り一遍のアドバイスしかできなくなる→表層的なアドバイスを信じて進路選択
→新たな進路へ
→自分に合わない部分があると気付く、そして自分の進路選択が他人に説明できるような流れとかけ離れていると気付く→予想外で矛盾だらけの現実に悶々とするだけで対処できない
→その次の進路に進めず停滞する
→不幸になる

一般人の例:今の思いに沿って行動すべきか分からない→でも具体的にこういう事をしたい、こういう風になりたいという思いはある→他の人が進路選択の予定を尋ねてきた→進路選択予定の内、この部分は普通だとやらないから言わないでおこう→両者とも予定を語り合う→その手があった→別の人がそれを聞いて、その人に向けたアドバイスをする→あの人はああ言っていたけれど、それはこうしたら回避できるはずだ
→新たな進路へ
→自分に合わない部分があると気付く→もしかしてとは思っていたが本当にそうだったとは、困ったな、でも他の部分は自分に合っているからどうにかしよう
→その次の進路へと歩を進めていく
→数年が経った
→いろいろあったけど、大殺界とかいう不気味な信仰を持たなかったから今の自分があるんだと思う

余談ですが、占いに興味を持つ人も多いでしょう。
世の中には様々な占いがありますが、六星占術は選ばない方が良いのではと思います。理由はすでに述べた通りです。

個人のバイオリズム(運勢)は推定できるかもしれません。
しかしそれが六星占術のような単純な形で表せるかどうかは疑わしいと思います。生年月日を用いる占い師の中にも、六星占術以外を用いる人は多いはずです。六星占術と似ていても、不幸になる方向へは指南しないような占いもあるようです。

幸せになる方向を指し示してくれる占いは、六星占術以外なら複数あるのではと思います。

注1:
以下の表から導出。

※以下の表の1行目について:小6:小学6年生、中:中学生、高:高校生、大:大学生、社:社会人1年目とし、中学生・高校生・大学生は1年目は番号を振らずに上記の所属を、2年目以降はその年次を記載。

進学または就職の開始時期あるいは準備期間の内、どれか一つ以上と被るか

No. 小6 中23 高23 大234 社 結果
001 …◇ ○□◇ ○□◇ ○□■◆ ● 被る
002 …◇ ○□◇ ○□◇ ○■■◆ ○ 被る
003 …◇ ○□◇ ○□◇ ●■■◇ ○ 被る
004 …◇ ○□◇ ○□◆ ●■□◇ ○ 被る
005 …◇ ○□◇ ○■◆ ●□□◇ ○ 被る
006 …◇ ○□◇ ●■◆ ○□□◇ ○ 被る
007 …◇ ○□◆ ●■◇ ○□□◇ ○ 被る
008 …◇ ○■◆ ●□◇ ○□□◇ ○ 被る
009 …◇ ●■◆ ○□◇ ○□□◇ ○ 被る
010 …◆ ●■◇ ○□◇ ○□□◇ ○ 被る
011 …◆ ●□◇ ○□◇ ○□□◇ ● 被る
012 …◆ ○□◇ ○□◇ ○□□◆ ● 被る

○:大殺界以外の進学・就職開始時期 ◇:大殺界以外の準備期間 □:大殺界以外の期間(左記以外)
●:大殺界での進学・就職開始時期 ◆:大殺界での準備期間 ■:大殺界(左記以外)
準備期間は人によって差が大きいものの、ここではモデルとして進学・就職開始前の1年がこれに該当する人を考える。

注2:
12年の内、どの年も同じ確率で選ばれるとすると、
これは通常の年7年、殺界5年の中から任意に1年ずつ計5年選んだとき、殺界が3年以上ある確率に等しいので(下記について、組み合わせのCの両端の数は小さく書くべきだが今回は小さくできないので通常の大きさで書くと)、
全パターン数:12C5=(12×11×10×9×8)÷(5×4×3×2×1)=792より、792通り
殺界が5年:5C5×7C0=1×1=1より、1通り
殺界が4年:5C4×7C1=5×7=35より、35通り
殺界が3年:5C3×7C2=10×21=210より、210通り
ゆえに、求める確率は、
(1+35+210)÷792=41/132(=31.0606…%)

ヤフー知恵袋より引用

////////////////////////// // // //////////////////////////

細木数子氏の噂がヤバすぎる

六星占術を作った細木数子氏ですが、ネットには悪い噂が多く残ってしまっています。

  • 中1ぐらいから売春宿に出ていた。美貌を武器に男に声をかけさせ、売春宿に待機する女給のところに引き連れてきていた。
  • 島倉千代子氏の借金を負うフリをして、出演料などを搾取し続けた
  • 売春あっせんの風俗宿を経営していた。
  • 女の子に覚せい剤を打ったりして逃げないようにしていた。
  • ジャニーズのタッキーが細木数子氏のマンションに通っていた。
  • 京都のある寺の水に霊力があるとし、信者に買わせていた。
  • ある石材屋の墓石を鑑定に来た人に売りつけていた
  • 暴力団組長と交流があり、ボディーガードに組員を雇っていた。

今回、細木数子氏の後継者としてしゃべくり007でテレビに出演した、細木かおり氏。きらびやかな服や1億円の指輪など、成金いでたちでテレビに出ることで六星占術・細木数子氏にある「黒い噂」を払拭できるか・・