青木涼真(法政大学)山の神誕生!箱根駅伝5区で7人抜きオレンジエキスプレス!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法政大学3年青木涼真(あおきりょうま)が箱根駅伝往路山登りで7人抜き。

オレンジエキスプレス法政大青木くんが速すぎます。6人を抜いたうえ、王者青山学院大学まで抜き7人抜きという「新・山の神」誕生です。

青木涼真の走りがヤバすぎる!

https://twitter.com/tama3604/status/1080314219524837376

https://twitter.com/YokohamaNoHito/status/1080314296347766785

https://twitter.com/TSUTSUGUH/status/1080313530555949056

青木涼真プロフィール

昨年、2018年箱根駅伝でも5区山登りで9人抜きを達成して「新・山の神」と言われていた法政大学3年の青木涼真(あおきりょうま)選手。

出身は埼玉久喜市で高校は春日部高校。

法政大学では理系の学部に所属しています。ほとんどの駅伝選手は文系ですから、法政大学で理系の勉強と駅伝を両立させている青木涼真選手が文武両道の選手だということが分かります。

もともとサッカーをしていた青木涼真選手は陸上を始めたのも「ノリ」。それが箱根駅伝で山の神と呼ばれるまでになるのだから、大変なポテンシャルを持っていることが分かります。

昨年も9人を抜き、今年は7人抜きを達成した箱根駅伝5区の山登り。

今後、間違いなく語り継がれる「オレンジエキスプレス法政の青木涼真」本当にすごい心臓と足を持った異色の理系ランナーです。