元田壮(もとだそう)妻殺害の大阪府立高校教諭は通り魔狂言の経験があった?異常者・サイコパスか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の妻を電気コードで首を絞めて殺害した元田壮(もとだそう)容疑者。自分の体をナイフで傷つけた上自殺未遂しながら、翌日には退院した夫の元田壮(もとだそう)とは、大阪府立高校の先生の表の顔とは別に裏の顔があったのではないか?

9年前の通り魔事件被害者の元田壮が軽傷なのは偶然か?

元田壮(もとだそう)容疑者のプロフィール

名前:元田壮(もとだそう)

年齢:28歳

住所:大阪府豊中市の集合住宅

職業:大阪府立高校教師(高校名は特定しだい掲載)

元田壮(もとだそう)容疑者の犯行詳細

日時:12月15日午後4時~17日午後8時20分の間

場所:豊中市の自宅寝室

被害者:元田壮(もとだそう)容疑者の妻だった26歳の理子さん

容疑:殺人

認否:認めているが、理由は分からないと供述

2009年の通り魔事件の被害者だった元田壮容疑者

今から9年前、元田壮という名前の人物が高校生時代に通り魔事件に遭っていたという2チャンネルの記事が残っています。

元田壮が通り魔に遭い刺された事件

日時:2009年2月20日午後7時20分ごろ

場所:大阪府豊中市玉井町

被害者:高校3年生の元田壮さん

犯行:後ろから近づいてきた何者かに、右の腹を刃物で刺された。

容体:軽傷

元田壮という名前が一致し、大阪府豊中市も一致。年齢も現在28歳の元田壮容疑者ですから、2009年に高校3年生というは一致します。

この通り魔事件、犯人がどうなったのか・・。捕まったのかを検索しましたが、ネットには記録が残っていません。

通り魔事件に遭い、果物ナイフで刺されて軽傷だった高校3年生。ナイフで刺されて、軽傷というのがどの程度のケガのことを言うのか分かりませんが、刺されれば、血が出ますよね。

それで「軽傷」とはどういうことなのかがよく分からないです。

当時高校3年生だった元田壮の狂言だった可能性はないのでしょうか?

元田壮容疑者はナイフで自分を傷つけていた

元田壮容疑者は妻の理子さんの首に電気コードを巻き付けて締めた後、自分の体を刃物で刺して、切り傷を数か所つけています。

その後、浴室で首を自らつった状態で警察に見つかりましたが、18日には「軽傷」で退院。

どういう状況なのか、不思議です。

何らかの理由で妻を殺害してしまい自らも命を絶とうと思ったであろう元田壮容疑者。ナイフを使って数か所の切り傷。死にきれなくて、浴室で首つりしたわけです。

それでも、「軽傷」で病院搬送の翌日には退院し、逮捕されています。

9年前に通り魔事件での「軽傷」との関係性を疑わずにはいられませんよね。異常者やサイコパスのような人間だった可能性もあるのでしょうか?

大阪府立高校の先生として勤務していたわけですから、学校関係者や子供たちの衝撃も相当なはず。

元田壮容疑者の本当の姿を知る人はいるのか・・

元田壮容疑者の顔画像や勤務先の高校

コメント

  1. ななし より:

    軽傷とは全治30日未満の怪我のことです。