Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高井裕平(たかいゆうへい)逮捕!キャバクラ店は新小岩のクラブトリプルか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葛飾区のキャバクラ店クラブ・トリプルの店長だった高井裕平(たかいゆうへい)容疑者が、中学生や15歳の少女を働かせて逮捕されました。

新小岩にクラブトリプルというキャバクラ店のホームページがありましたが、この店が高井裕平容疑者が店長を勤めていたキャバクラ店なのでしょうか?

高井裕平(たかいゆうへい)容疑者プロフィール

名前:高井裕平(たかいゆうへい)

年齢:29歳

職業:葛飾区キャバクラ店「クラブ・トリプル」店長

容疑:身分証を確認せずに18歳未満と知りながら少女を雇い、客に酒などを提供させていた疑い。

認否:容疑を認めている。

キャバクラは新小岩のクラブ・トリプルか?

新小岩 クラブ・トリプル住所:東京都葛飾区新小岩二丁目4番2号 三翔ビル5階505号室

ホームページを見ると、女の子一覧の中に、顔画像も年齢もないスタッフがいました。この女の子が18歳未満の女の子だったのでしょうか?

キャバクラで働いていけない年齢がおかしい?

18歳未満は働いてはいけないことになっているキャバクラは酒を客に提供し接待をする飲酒店です。

お酒をお客に提供するわけですから、当然年齢制限があります。

もちろん、お客さんも18歳未満は入店できません。

ただ、20歳から認められているのがお酒なわけですが、風営法上では18歳以上から働くことができるということになっています。

風営法違反の刑罰は、少女に騙されても関係ない

風営法では、18歳未満の女の子を雇った刑罰として、「1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、またはこれを併科(あわせた刑罰)」が科されます。

高井容疑者は、女子中学生の女の子らが18歳未満と知っていたと供述しています。

しかし、たとえ18歳未満と知らずに雇ってしまい逮捕された場合であっても、同じ刑罰が適用されることになります。

店を経営するオーナーや店長側からすれば、女の子が嘘をついて働いたとしても、罰せられる可能性があるわけですね。女の子の年齢の確認は絶対ですね。

15歳未満は「児童福祉法」違反で「風営法」より重い刑罰

高井容疑者は無職の15歳と女子中学生を雇っていたという報道ですが、この女子中学生が15歳だったか15歳未満だったかで刑罰が変わってきます。

もし女子中学生が15歳未満なら、風営法ではなく、児童福祉法違反ということになります。

児童福祉法違反ですと、「3年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはこれを併科(あわせた刑罰)」が科されます。

つまり、女子中学生が15歳以上なら1年以下の懲役、15歳になっていなければ3年以下の懲役と、年齢が1つ違うだけでかなり重い刑罰になる可能性があるのです。

ちなみに、働いていた女子中学生や15歳の女の子の刑罰はどうなるのかですが、罪に問われることはありません。少女らはあくまで犯罪に巻き込まれた「被害者」のように扱われます。