范冰冰(ファン・ビンビン)中国当局に脱税で拘束か?3ヶ月消息不明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国女優で最も稼ぐといわれているファンビンビン(范冰冰)。X-MENではヒュージャックマンと共演するなどハリウッド映画でも成功している大女優。

中国当局が脱税に対する捜査を強化する中、ファンビンは中国政治の愛人だったため、中国共産党が汚職政治家を粛清し、ファンビンは拘束されたという噂や海外に亡命したという噂もあります。

ファンビンビンの陰陽契約による脱税疑惑とは?

中国で最も有名な女優として、ツイッターフォロワーが6200万人。中国で最も稼ぐ収入ランキングで2017年1位。の国民的な大スターです。

6月2日にツイッター投稿してから3か月以上消息が分からなくなっているファンビンビン。

5月29日に中国の大物司会者が中国版ツイッターにファンさんの署名の入った映画出演の契約書を掲載しました。それが「陰陽契約」と呼ばれる2重契約。

表向きの納税用の契約と裏の契約です。約10億円の映画出演契約を2億円と8億円にわけて契約していたんですね。税金がかかるのは2億円のほうだけ。8億円は丸々利益になっていたんです。

裏の契約は公表せずに脱税するというもので、中国ではめずらしいものではなく、脱税取り締まりに力を入れている中国当局が目をつけています。

2重契約で脱税を指摘された投稿後、中国当局は捜査を開始。その後ファンビンビンは失踪してしまいました・・

中国映画を牛耳る軍部への警告か?

ファンビンビンは中国共産党の管理下に置かれていて、法的な制裁をうけることになる

これは中国の記事ですが、すでに削除されています。

ファンビンビンはすでに拘束を解かれて、自宅に帰っているという話もでてきています。

中国共産党は「著しい格差が進むことを好ましく思っていない」と言われており、映画産業が大きな伸びを示す中国国内で、映画界の利権を握っている軍部への引き締めもあるのではないか・・

もともと映画産業を牛耳っていたのが軍部。好戦的な映画を作ったり勝手なことをされるのが嫌な中国共産党が軍部を抑え込む目的と貧富の差が報道されることにより国民の不満が高まることを避ける目的があっての拘束だったのかもしれません。