Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

立憲民主党大物議員、京都生コン認可に圧力をかけたのはだれ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連帯ユニオン関西生コンの七牟礼時夫容疑者(ななむれときお容疑者、七牟禮)ら16人が逮捕される事件。

次々と逮捕者がでる関西生コンの組織の実態。大阪府警など近畿圏の警察が徹底捜査しています。

その中で須田慎一郎氏がテレビで、立憲民主党の近畿出身の大物議員が京都生コン認可のために圧力をかけていたと指摘しています。

辻元清美、福山哲郎、福島瑞穂らと関西生コンとの付き合いもうわさされているなか、立憲民主党と関西生コンの関係について、控えめだった報道も変わってくるのか?

セメントの出荷を妨害するなどしたとして、大阪府警は18日、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(大阪市西区)の副執行委員長、七牟礼(ななむれ)時夫容疑者(52)=大阪府守口市=ら組合員計16人を威力業務妨害や強要未遂の疑いで逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は昨年12月、大阪市港区のセメント輸送会社の幹部らに「ストに入るので出荷しないでほしい」などと伝え、セメント輸送車の前に立ちはだかって出荷を妨害したり、セメント業者でつくる協同組合へ再加入するよう強要しようとしたりした、としている。

引用元:毎日新聞

須田慎一郎氏の言う立憲民主党の大物とは?

須田慎一郎氏がテレビ番組で暴露していた京都生コン認可への圧力があったという話。

須田慎一郎氏の要点をまとめると

  1. 関西生コンは、労働組合としてお金を集めていた。
  2. 目的外使用がばれてしまった。
  3. 和歌山では、認可が取り消されてしまった。
  4. 京都生コンだけは認可がおりた。

「なぜ、京都だけ認可が下りたのか?」・・・この疑問は当然ですよね。

それにたいして、・・「国会議員から圧力がかかった。それが立憲民主党の大物議員」

という話をきいたという須田慎一郎氏。

須田慎一郎氏:「辻元清美議員?」

「辻元清美?そんな小物じゃない。大物の立憲民主党、近畿の議員」という返答があった。


この「近畿出身の立憲民主党に所属する大物議員」は福山哲郎ではないのか?というネット上では噂になっています。しかし福山哲郎氏は選挙区は京都府ですが、東京出身です。


須田慎一郎氏の「近畿出身」の解釈によっても違ってきますよね。選挙区ということなら福山哲郎氏かもしれませんが、出身の言葉通りの意味なら、福山哲郎氏ではありません・・(続きます・・)