Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高血糖を防ぐための新常識 5つのリスクと骨ホルモン・骨密度

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血糖値を下げる新常識で高血糖をテーマに特集していました。番組で紹介されていた高血糖を防ぐための新常識として「食事法」や「運動法」などを紹介していましたので、まとめていきます。

高血糖になりやすい5つのリスクとは?

1.野菜ジュースは飲まない。

野菜ジュースは危険なんですね・・。朝に飲んでました。

2.早食いを避けること

柔らかいお箸を使うと早食いをさけることができるってやってました。そういう箸が撃ってるんですね。

なかなか箸でつかめずに、イライラする人も多そうでしたが(笑)

3.お昼を抜くこと

均等の量の食事を均等の時間間隔をあけて食べるようにする。朝昼晩、5時間程度の時間をあけて、バランス良く同量食べる。

4.根菜類は糖質が多い

根菜類は糖質が多いので、たべすぎに注意。

ジャガイモ1個とごはん50グラムは同じ糖質量・・ご飯に置き換えた方がいい。

他には、かぼちゃ・れんこん・さつまいもなど

5.食後の運動はタイミングを間違えると意味がない

食後15分ぐらいから動くといい。血糖値スパイクを抑えることができる。

血糖値は食事後1時間ぐらいでピークになる。食べてゆっくりテレビなどを見てから1時間半動かない状態を続けると血糖値はかなりたかくなっているそこから歩いてもあまり意味がない。

この情報はよかった!さっそく食後のウォーキングから実践していきます。

スポーツ経験者は注意が必要

スポーツ経験者は糖尿病になりやすい。運動を止めているのに、同じ食事を続けていると将来2型糖尿病の危険がある。

血糖値を改善するために、かかとに刺激を与える!

かかとおとしをするといい。両足のかかとをあげて、どんと落とす。これを1日30回繰り返す。「骨ホルモン」を分泌させ、骨の代謝が増える。骨ホルモンが増えると、血糖値を抑えることに役立つ。

かかとおとしを1日30回×10日間実践した実験では、6人全員の骨ホルモンが増えた。骨ホルモンが増えると血糖値もかなり改善していました。

「かかとおし」はジャンプや縄跳びなどかかとに刺激を与えるといい。ママさんバレーボールチームの女性は、骨密度(骨ホルモン)の測定をすると、各世代の平均よりも全員が骨密度が高い!また、チアリーディングをしている60代の女性の骨密度も驚くぐらいの骨密度でびっくり。