秋田100%の金足農と全国選抜大阪桐蔭!西谷監督はお昼寝の余裕

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田投手を中心に快進撃を続ける秋田の公立金足農業高校。投手吉田を中心にした公立の秋田金足農業高校が全員秋田出身の選手なのに対して、大阪桐蔭はまさに全国選抜野球少年スカウトチーム。

大阪桐蔭西谷監督は準決勝でお昼寝采配!

西谷監督が采配を振るう必要もないほどのスーパースター集団大阪桐蔭野球部。

準決勝の愛媛済美戦では、序盤リードを許す展開も、余裕の西谷監督が話題になっていました。

大阪桐蔭を抑えたのは、高松商業の左エースだけ

大阪桐蔭は序盤に「相手に花をもたせる」闘いが特徴的。

沖学園、浦和学園、済美と同じような展開で、中盤以降あっさりと引き離して勝利しています。

唯一、大阪桐蔭を甲子園で苦しめたのが「高松商業の左エース」でした。大阪桐蔭から11三振を奪い、3点に抑え込んだ投球が見事だったわけですが、それ以外のチームの投手はことごとく「ショックな打たれ方」をしています。

藤原、根尾の4、5番が注目されてますが、その後ろの打順を打つ6番石川、7番山田がタイムリーを打って準決勝は活躍していました。

特に、7番のセカンド山田はモデルのようなルックスと高身長で高く構える打席は、どう見てもスラッガー。大阪桐蔭でなければ中軸を任せれているはず・・・

金足農業の吉田がどこまで通用するのか

金足農業はミラクルを連発して起こし、接戦を勝ち上がっています。中心はもちろん投手の吉田で「吉田農業」とも呼ばれているチームですが、全員が秋田の出身。ほとんどが軟式野球出身というチーム。

大阪桐蔭が全国の野球少年を集めてまわった全国選抜なら秋田の公立高校である金足農業は、地元の星。

吉田がどれだけ大阪桐蔭の打線を抑えれるか・・決勝が楽しみですね!