藤本理稀(藤本よしき)を誘拐・世話し、山中に置いた人物は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月12日、藤本理稀ちゃん(藤本よしきちゃん)が行方不明になってしまったニュース。懸命の捜索活動が丸2日続けられてきたわけですが、15日早朝に山中でよしきちゃんが発見されました。

尾畠春夫さん(おばたはるおさん)捜索ボランティアの方が山の中で「よしきちゃん」と呼ぶ声に反応したということで、山中で発見。その後救急車で搬送されましたが、命に別状はないというとてもうれしいニュース。

藤本よしきちゃんを連れ去ったのは?

藤本よしきちゃんは13日に2歳になったばかりの幼児。言葉もままならないし、記憶もあいまいです。そのよしきちゃんが丸2日の間、独りで山の中にいたということは考えにくい。

12日に藤本よしきちゃんを誘拐し、かくまっていた人物・大人がいると考えるのが自然ですよね。

そして、14日の夜中、捜索が行われていない時間帯に、山の中によしきちゃんを置いて「返した」ということなのでしょうか。

藤本よしきちゃんは誘拐・拉致された?

1 - 藤本理稀(藤本よしき)を誘拐・世話し、山中に置いた人物は?
A さん
見つかって本当に良かった。きっと誰かが誘拐したのだろう。これだけの騒ぎになり、返す方法を考えていたのでは?
2 - 藤本理稀(藤本よしき)を誘拐・世話し、山中に置いた人物は?
B さん
祖父もよかったよね~。テレビで映るおじいちゃんへの批判もかなりあった中での発見。とにかく無事でよかった。
1 - 藤本理稀(藤本よしき)を誘拐・世話し、山中に置いた人物は?
C さん
奇跡が起きた。お母さんの昨日の放送での呼びかけ。「みんな心配してるよ」の声が届いたと考えよう。無事でよかった。ただ、助かる可能性は誰かが誘拐していることしかないような状況だったわけだから、その誰かを見つける捜査が始まることになりそう。
2 - 藤本理稀(藤本よしき)を誘拐・世話し、山中に置いた人物は?
D さん
尾畠春夫さんが素晴らしすぎて涙が出る。捜索開始後30分で見つけた尾畠さん。必ず山にいると山に登り、沢にいると一直線に向かった・・丸2日間、懸命の捜索をしていた警察やこれまで探していた地元の人たち・・ちょっと複雑だよね。
1 - 藤本理稀(藤本よしき)を誘拐・世話し、山中に置いた人物は?
E さん
祖父は厳しい立場だったし、じいちゃんとして辛くて仕方なかったはず。これからは手を放さずに遊んであげるやさしいおじいちゃんに。
2 - 藤本理稀(藤本よしき)を誘拐・世話し、山中に置いた人物は?
F さん
きっと生きている・・そう願うことで、よしきちゃんの無事のニュースが入るはずと思っていた。日本中の願いが届いたのだと思う。神様は必ずいて、奇跡を起こしてくれる・・

藤本よしきちゃんを拉致したのは女性か?

藤本よしきちゃんを2日間誘拐し、世話をしていたのは女性だったのでしょうか。1人で山の中を迷い歩いていたよしきちゃんを助けて保護し、返すにも返しにくくなっていた?(・・続きます・・)

ふじもとよしきちゃんは3日間沢の水だけで・・

藤本よしきちゃんは、胃の中に何も食べたあとがなかったということです。つまり、本当に山の中に、一人で沢の水だけを飲みながら、虫にさされながら、過ごしていたということなのでしょうか。

そんなことが可能なのか・・常識では考えられれない、藤本よしきちゃんの生命力・奇跡。逆に赤ちゃんだからこそ生きぬいたのかもしれません・・