梅田翔太顔画像を調査!飲酒運転事故に熊本教育委員会がキレた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本市立桜木中学校の梅田翔太教諭(うめだしょうた先生)が飲酒運転し事故を起こしたとして、教育委員会に懲戒免職されました。野球部の顧問だった梅田しょうた先生の顔画像があるのか調査、逮捕と検挙の違いや熊本教育委員会が激怒した理由をお伝えしていきます。

梅田翔太のプロフィール

氏名:梅田翔太(うめだしょうた)

年齢:31歳

中学校:熊本市立桜木中学校

部活:野球部

梅田翔太の飲酒運転事故詳細

NHKの報道によると・・

7月20日(金):教職員の懇親会で3次会まで酒を飲み、午前3時ごろに帰宅。

・・・1学期の修了式の日ですね。お酒が進む理由も分からなくはないですが・・

7月21日(土):午前6時半ごろ、玉名市の国道で大型トラックに衝突。飲酒運転がばれて、酒気帯び運転で「検挙」された。

・・玉名市って熊本市からけっこう離れてます。午前3時に懇親会から帰宅し、30キロ以上離れた道路を午前6時半に運転していた梅田翔太。よほどの急用が・・?と思ったら・・荒尾市(熊本県北)に野球の審判をするために向かっていた・・

熊本県教育委員会が梅田翔太に激怒した理由は?

熊本の中学校の先生たちの不祥事が止まらないことが背景にあります。ブログに先生の不祥事を書くことが多いですが、熊本はよく見る気がします。

中でも衝撃的だったのは、津奈木小学校の真野良一容疑者。飲酒運転ではありませんが、真野良一はかなりの衝撃を熊本の教育関係者や保護者に与えました。

「真野良一の記事はこちら」

不祥事をなくしたいと熊本県を上げて取り組んだ矢先の、梅田翔太の飲酒運転事故。この事故、前日の飲み会が「教職員の飲み会」だったことも問題になりそうですよね。

また、梅田翔太が荒尾でやる予定だった「野球の審判」というのは、中学校の大会でしょうか?もしそうなら、他にも問題がありそうです。

「大人なんだから、飲酒運転がダメなことぐらいはわかるでしょ?」の性善説が通用しない。学校の先生だろうが警察官だろうがあまり関係ない。毎日のように日本のどこかで不祥事を起こす公務員がいる現実があります。

梅田翔太は逮捕でなく検挙。違いは?

梅田翔太が逮捕されたという報道がなかったのは、逮捕ではなく検挙だからかもしれませんね。飲酒運転で交通事故を起こして、現行犯逮捕する案件と検挙案件がありますが、何が違うのでしょうか。

ケガの程度の違いが一番大きいのかもしれません。あとは、警視庁や県警などの組織によって、考え方が違うのかもしれません。

検挙は被疑者を特定することは逮捕と変わらないのですが、「必ずしも身柄を拘束されない」という特徴があります。「必ず身柄を拘束する」のが逮捕ですね。

被疑者を特定する行為が「検挙」で、「逮捕」は「検挙」の一部分なんですね。

梅田翔太の顔画像が分かる写真やSNS,Facebookは?

今のところ梅田翔太を特定できる画像が公開されていません。今回、懲戒免職が全国的に報道されていますので、特定が進む可能性があります。Facebookなどの写真と合わせて追記していきます

関連記事

秩父市で女性2人をひき逃げした犯人は発覚免脱罪を知らなかったのか?