Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

近大付(南大阪)大石投手,前橋育英恩田に完封負けで1回戦敗退!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南大阪代表の近畿大付属高校はプロ野球のスカウトも注目の大石投手を擁し久しぶりの甲子園でしたが、前橋育英のエース恩田慧吾との投手戦に敗れました。

前橋育英のエース恩田けいご投手は第100回大会の夏の甲子園大会で完封一番乗り。将来は救急救命士になりたいという恩田の完封試合に敗れた近大付の左腕大石。

この悔しさはプロ野球で晴らすことに・・

前橋育英、恩田投手の完封試合に・・

2回戦は智弁和歌山を破った近江4番北村

恩田けいご擁する前橋育英高校が次に対戦するのは、智弁和歌山の打倒大阪桐蔭の夢を打ち砕いた滋賀近江高校。

近江の北村は1年生から4番に座るスラッガー。智弁和歌山戦では2本のホームランを放ち、選抜準優勝校を1回戦敗退に追い込みました。


近江の4番北村選手と前橋育英のエース恩田の対決がすごく楽しみです!