Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新堂湊「大人になれない子供をなくしたい」グッドドクター見逃し配信

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山崎賢人が優しすぎる「自閉症スペクトラム障害ドクター新堂湊」を演じているグッドドクターが始まりました!第1話が7月12日(木)に放送されTwitterなどでさっそく話題ですね!

「大人になれない子供をなくしたい」の新堂湊のセリフに第1話から涙腺崩壊の人もかなり多いみたい。夏美役の上野樹里との関係も見ていて安心できて心地よいと評判のグッドドクターの第1話についてお伝えしていきます!

新堂湊(山崎賢人)は自閉症スペクトラム障害

自閉症スペクトラム障害は最近認知度が高まってきてる発達障害の1つです。仕事をする上で発達障害に共通する悩みが、「コミュニケーション能力」健常者の世界で働くことの難しさ・・このグッドドクターは発達障害の人の悩みを理解するためにも大きな役割を果たすことができる作品になればいいなぁと感じます。

「発達障害と仕事」というテーマでブログも書いています。よければ合わせてごらんください。発達障害者が健常者の世界で働くリアルの世界です。

新堂湊は、自閉症スペクトラム障害を持ちながらも、「サブァン症候群」の能力を持つドクターです。「サブァン症候群」とは、簡単に言うと、「天才」です。ある特定の分野における「脳の発達」がずば抜けている天才。

新堂湊は、記憶力や空間把握能力に長けており、その能力で「大人になれない子供をなくしたい」と医者として生きることを選択しました。

グッドドクター第1話感想(ネタバレなし)

自閉症スペクトラム障害を持った新堂湊が、東郷記念病院にやってきます。どんなに優秀な成績でも、自閉症の小児科医は前代未聞。さまざまな意見がある中、たぐいまれな才能を随所に発揮すします。

重い心臓病のまさきを支える新堂湊の「子供を救いたいというつよい思い」にグッと来ました・・

新堂湊自身が、かなり辛い子ども時代を過ごしていたことをうかがわせる場面もあり、なぜ新堂湊が小児科医を目指そうと思ったのか、「大人になれない子供をなくしたい」と思うようになったのか・・次第に明らかになっていきそうですよね・・

湊と夏美の関係が素晴らしい!

湊のよき理解者として、夏美(上野樹里)先輩がいます。2人の関係が心地よくて見ていて安心します。夏美が湊の才能を認め、湊の良き理解者としてストーリーが展開していくんですね!

第2話がすでに楽しみです。

ドラマ「グッドドクター」はFODで見れます。

グッドドクターを見逃してしまった方はFODで無料登録すれば、すぐに見れます。


bgt?aid=180127308673&wid=004&eno=01&mid=s00000016587001015000&mc=1 - 新堂湊「大人になれない子供をなくしたい」グッドドクター見逃し配信

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】
0 - 新堂湊「大人になれない子供をなくしたい」グッドドクター見逃し配信

「録画し忘れた~泣」という方も、「もう一度見て湊のやさしさに癒されたい!」という方も・・