松本智津夫四女が麻原彰晃の意思を妻や三女ら過去と生きるオウム信者へ発信ブログの真意とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月6日に死刑執行の松本智津夫死刑囚(麻原彰晃)。その松本智津夫が最後に残した言葉は、「自分の遺骨を四女に渡してほしい」。

松本智津夫の四女は驚きながらも承諾し、ただ身の危険を感じるということで、松本智津夫の遺骨は一旦東京拘置所が預かっています。

その松本智津夫の四女が、オウム信者への思いを伝えたブログ。松本智津夫の遺骨の引き渡しを求めている妻や三女らと縁を切った四女の伝えた思いが麻原彰晃の最後の意思を代弁しているように思えてなりません。

松本智津夫四女のオウム真理教へのメッセージ

「松本元死刑囚の最後の言葉の件につきましては、指名を受けた私自身が大変驚きました。しかし、それは実父の最後のメッセージなのではないかと受け入れることにします」。

「捏造(ねつぞう)などではあり得ません。現に聖人化される恐れがあっても遠藤元死刑囚の遺体は教団に渡りました。私は自分が他の親族に比べて実父から愛されたとは最後の言葉を踏まえても思いません。ですが、かなり信頼してくれていたのかもしれないというのは思い当たる節があります。実は知る限り彼と最後に接見できたのは私だったからです」

「どうか松本元死刑囚の最後の意向を尊重してやっていただけませんか。彼は自分で始めたことの幕引きをもはや一人ではできなくなってしまったのです。自分の真意を伝えるのが苦手なのもあると思いますが、あまりに事が大きくなりすぎました。もう麻原教祖に依存するのは終わりにしませんか。支配されるのは終わりにしませんか。松本元死刑囚のためでもあり、また信者も1人1人の人生を生きるためにです」。

「もうオウムを終わりにしませんか。社会を憎むのは終わりにしませんか。そして、改めて自分の人生を始めてみませんか。残された者が生きて自分と周りを幸せにするのが死者への最大の供養になるはずです。どうかお願いします」。

オウム真理教と縁を切った四女に託した麻原彰晃

松本智津夫元死刑囚の妻、姉にあたる三女、オウム真理教を信じて活動を継続している人たち。そのすべての人たちとの縁を切っているのが松本智津夫の四女です。

その四女に、最後の最後に自分の遺骨を渡すように言った麻原彰晃の意志は明らか。それを信じたくない妻たちの反発は予想されますが、この四女が言っていることが麻原彰晃の意志なんだと認めざるえない。

この松本智津夫四女が言うように、「オウムをもう終わり」にして、自分の人生を悔いのないように生きる・・それが麻原彰晃教祖の意思何だと。

松本智津夫四女は海などに遺骨をまく?

松本智津夫四女は、落ち着いたら東京拘置所から麻原彰晃の遺骨を受け取り、海などにまくつもりなのではないか・・