久保木愛弓 家族,仕事,自宅が判明!自供した動機と看護師の過酷さ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大口病院での犯行を認めた「久保木愛弓」久保木あゆみ31歳。

神奈川県横浜市神奈川区の大口病院で2年前の2016年9月に、久保木あゆみが入院していた西川惣蔵さんと八巻信雄さんに「異物を入れられた点滴」をうちました。同時期に50人が亡くなっています。

「死刑でもいい」自供した理由

逮捕された久保木愛弓(久保木あゆみ)元看護師が「20人に関わった」と自供。盗みを繰り返すような窃盗犯と同じ感覚で犯行を繰り返していたのでしょうか。20人なのか30人なのか自分でも正確には分からないのかもしれません・・

その動機が、「自分の担当時間で、患者が亡くなった際に患者の家族に説明するのが面倒だった」

過酷な看護士の仕事環境でストレスが限界だった。久保木愛弓の家族や恋人、友人。人生への絶望の中の犯行でしょうか。

大口病院を辞めたあとも容疑者として警察やマスコミから追われ続ける毎日。2年近くの間容疑者扱いされ、警察とカメラに追われる毎日。人生をやり直そうと看護師以外の仕事にチャレンジしようともしたようですが、挫折。

「死刑に相当するようなことをしてしまった」と後悔する気持ちが強くなり、「もう生きる気力もない・・」と犯行を自供したのでしょうか・・

大口病院事件

2016年9月18日と20日に、「ヂアミトール」という消毒液に含まれる殺菌作用がつよい「界面活性剤」を点滴にいれられた2人の入院患者が亡くなった事件。点滴が泡立っていたことから判明しました。

点滴の袋には、(小さな穴)が開いていました。犯人の元看護士は、その穴を通して異物をいれたことがわかっています。犯行に使われたと思われる中身の減った消毒液。「界面活性剤」が久保木愛弓容疑者の着ていた看護服のポケットに残っていました。

久保木あゆみの自宅住所、評判、家族、仕事

久保木愛弓(久保木あいみ)容疑者の住所は、

「神奈川県横浜市鶴見区上末吉5丁目28番21号ボナール末吉2階」です。アパートの2階に独り暮らしをしていたようです。

久保木あいみ容疑者の評判は・・

  • 友人がいなかった。
  • 変わり者だった。
  • 存在感がない、独りを好んでいた...
  • 極度の潔癖症。
  • 他人の飲み物を飲む面もあり、潔癖症とは思えない一面も。
  • 患者にキレて、暴言も。

ストレスフルな環境での仕事である看護師。逮捕前の取材では、「看護師以外の仕事を探しているがなかなか見つからない」というようなことを言っていました。

家族は4人家族。両親と弟がいます。子供時代を茨城県水戸市で過ごし、父親の仕事で神奈川県に引っ越してきました。

彼氏や恋人がいたという情報はありません。

久保木あいみ容疑者が勤務していた大口病院は、末期の患者さんが多かったといいます。看護師のストレスは本当に大変なものがあると言われています。患者さんもかなりわがままだったりすることが多いようです。

久保木愛弓(久保木あゆみ)逮捕までに2年近くかかったのは防犯カメラなどの証拠がなく、誰でも界面活性剤を手に入れることができる環境の中、状況証拠を積み重ねて、久保木愛弓の服だけから検出した「界面活性剤」を頼りに自供を導いたことがわかりました。

久保木あゆみ容疑者は大口病院で働くことに対して、嫌気がさしていたのかもしれません。友人もほとんどいなかった。他の誰かに自分の悩みをはなすようなこともできずストレスをため込んだ・・・その結果、信じられないような奇行に及んだのかもしれません。

最新記事はこちらhttps://www.036izu.net/entry/2018/07/09/151903

018年人気サーバーランキング発表 28社から「安さとおいしさ」で選ばれたTOP5はコチラ!

ツイッターで警笛を鳴らしていた人物

この事件に関し、繰り返しツィートしていた人物がいます。その人物によると、この大口病院事件は防げたはず。大口病院に対して、横浜市が動かなかったから、事件が起きた・・

また、高齢者介護サービスにおける、スタッフのメンタルの弱さについても、一番の問題と指摘していました。

このツイートに関して、詳細はこちらです。このツイートから久保木愛弓容疑者の動機が理解できます。

久保木愛弓の危険性を訴えていた人物のツィート

ツイッターでスタッフのメンタルの弱さを指摘していた人物。久保木愛弓容疑者の犯行を予言していました。久保木愛弓容疑者のことをよく知る人物だったのかもしれません。(続きます・・)