Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カンナム滑川康男は日本と韓国のハーフ ブレイクきっかけは毒舌!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「じっくり聞いたろう」に出演していた韓国で大ブレイク中のカンナム滑川康男。韓国では一番人気のある日本人として大ブレイク中のカンナム滑川康男ですが、日本と韓国のハーフで、もともとは西葛西に住んでいました。

韓国に行ってから、4年間全くうれなかったカンナムが売れたきっかけは毒舌キャラ!

韓国にはいなかった毒舌キャラで大ブレイク

4年間全く売れなかったカンナム滑川康男。それがたった10分の出演で大ブレイクのきっかけをつかんだといいます。

韓国には、自分の思ったことをそのまま言葉にするようなキャラが不在だったんですね。カンナムは自分の思ったことをそのまま言葉にするキャラが受けたそうです。あっという間にだいブレイク。

今では、カンナム滑川康男は日本の表参道のような一等地にビルを持っています。近所には大企業も立ち並ぶ韓国の超一等地。地下1階~3階は賃貸で貸出。4階~6階にすんでいます。4階がゲーム部屋、5階がリビング、6階からは美しいソウルの絶景を楽しめる超セレブ生活。

カンナム滑川康男が韓国のテレビ事情を暴露

カンナム滑川康男も4年売れるのにかかっています。韓国でデビューするためには、芸能事務所の寮に入らないといけないそうです。そして、自分が売れても、それまでにかかった費用を会社に返す生活が1年ほどはあると暴露していました。

また、バラエティー番組1つの収録に5時間かかるそう。それを2本どりするそうです。つまり、10時間ハイテンションでい続けなければならない・・過酷な撮影現場ですよね。

また、韓国の芸人はテレビ局と契約し、アナウンサーのように月給制だと暴露・・