Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

久保木あゆみ 家族,看護師以外の仕事,自宅が判明!さみしい孤独さが動機と関係があるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大口病院での犯行を認めた「久保木愛弓」久保木あゆみ31歳。

神奈川県横浜市神奈川区の大口病院で2年前の2016年9月に、久保木あゆみが入院していた西川惣蔵さんと八巻信雄さんに「異物を入れられた点滴」をうちました。同時期に48人が亡くなっているといわれています・・

逮捕された久保木愛弓(久保木あゆみ)元看護士の動機なぜこんな事件を起こしたのか。久保木愛弓とはどのような人物なのか。家族や恋人、看護師以外の仕事などが動機に関係しているのか。変わり者と言われ友人はいたのか?

大口病院事件

2016年9月18日と20日に、「ヂアミトール」という消毒液に含まれる殺菌作用がつよい「界面活性剤」を点滴にいれられた2人の入院患者が亡くなった事件。点滴が泡立っていたことから判明しました。

久保木あゆみ容疑者の看護学校や高校がどこだったのか。久保木あゆみ容疑者は家族や恋人がいたのか。久保木あゆみ容疑者に対しての周りの評判や性格から孤独な人生に絶望していたのではないか・・久保木あゆみ元看護士の孤独な人生と死刑でいいという発言の真意。

久保木愛弓容疑者が動機を自供。看護師の過酷な仕事が背景にあった

点滴の袋には、(小さな穴)が開いていました。犯人の元看護士は、その穴を通して異物をいれたことがわかっています。犯行に使われたと思われる中身の減った消毒液も証拠として警察が抑えています。

大口病院事件の家族・自宅・看護師以外の仕事は?

このツイートによると、久保木愛弓(久保木あいみ)容疑者の住所は、

「神奈川県横浜市鶴見区上末吉5丁目28番21号ボナール末吉2階」です。

4人家族で弟がいたようですが、家族とは離れ、アパートの2階に独り暮らしをしていたようです。

久保木愛弓(久保木あいみ)の評判

久保木愛弓容疑者(久保木あゆみ容疑者)の評判として、地味な女性という印象と気難しい女性という印象があります。

  • 変わり者として有名だった。
  • 独りを好んでいた。
  • 潔癖症だった。
  • 他人の飲み物を飲むなど、潔癖症とは思えない行動もしていた。
  • 患者に暴言を吐いたりしていた。
  • 友人がほとんどいなかった。
  • 彼氏など浮いた話は聞いたことがない。

https://www.036izu.net/entry/2018/07/08/005316

大口病院では、2016年7月~9月の3か月の間に入院していた患者のうち750名が亡くなっていました。異常な数です。この元看護士久保木愛弓が何人に関わっているのか また、看護師の洋服が切られたり、飲み物に異物を入れられたり、洗剤がいれられたり

https://www.036izu.net/entry/2018/07/08/025956

末期患者が多い大口病院。かなり過酷な仕事環境だったのでしょう。

大変なストレスがかかる職場で、相談する相手もおらず、老人たちのわがまま放題にセクハラ放題を相手にしないといけない看護師。

久保木愛弓容疑者が、大口病院をやめたあと、看護師として就職するもすぐに辞めて、看護師以外の仕事に就こうと職を探していたこともわかっています。

内に秘めるタイプの性格だったのかもしれません。産経新聞の記者とのやりとりからはうそはちているとはいえ、「まとまな常識がある人」のような気がします。つまり、障害などがあり、幻覚を見て犯罪を犯すような統合失調症のような症状もないのではないか。

018年人気サーバーランキング発表 28社から「安さとおいしさ」で選ばれたTOP5はコチラ!

大口病院内での奇行をツイッターで配信していた人物

この事件に関し、繰り返しツィートしていた人物がいます。その人物によると、この大口病院事件は防げたはず。大口病院に対して、横浜市が動かなかったから、事件が起きた・・

久保木愛弓容疑者が動機を自供。看護師の過酷な仕事が背景にあった

また、高齢者介護サービスにおける、スタッフのメンタルの弱さについても、一番の問題と指摘していました。

このツイートに関して、詳細はこちらです。

久保木愛弓の危険性を訴えていた人物のツィート

このスタッフのメンタルの弱さ・・これが久保木あいみ容疑者のことだったのかもしれません。

死刑を覚悟していると供述

逮捕された久保木愛弓(久保木あゆみ)元看護師が「20人に関わった」と自供。盗みを繰り返すような窃盗犯と同じ感覚で犯行を繰り返していたのでしょうか。20人なのか30人なのか自分でも正確には分からないのかもしれません・・

その動機が、「自分の担当時間で、患者が亡くなった際に患者の家族に説明するのが面倒だった」

過酷な看護士の仕事環境でストレスが限界だった。久保木愛弓の家族や恋人、友人。人生への絶望の中の犯行でしょうか。

大口病院を辞めたあとも容疑者として警察やマスコミから追われ続ける毎日。2年近くの間容疑者扱いされ、警察とカメラに追われる毎日。人生をやり直そうと看護師以外の仕事にチャレンジしようともしたようですが、挫折。

「死刑に相当するようなことをしてしまった」と後悔する気持ちが強くなり、「もう生きる気力もない・・」と犯行を自供したのでしょうか・・(続きます・・)